2019年7月8日 更新

タイ政府認定!圧倒的に旨さのエスニックランチ 「キンカーオ」【七条大橋】

鴨川沿いに佇むアジアンレストラン。タイセレクト認定店でもある本国お墨付きの本格派料理をリバーサイドでごゆるりと。タイ政府認定、圧倒的に旨さのエスニックランチ 「キンカーオ」【七条大橋】

リバーサイドのアジアンキッチン

 (153601)

七条大橋の袂、鴨川沿いに位置するタイラオスレストラン「キンカーオ」
存在感あるスモーキーイエローのビルは反対側からも一目瞭然。
タイ語で書かれたウエルカムサイン、合掌する木彫りのシンボル。
タイセレクトのイメージを務めたネプチューン名倉さんの主張が強いアプローチなど入店前から独特のエキゾチックな空気感。

伸びやかなリバーサイドビューイング

 (153607)

ビル一階は人気のオーガニックレストラン、そしてお店は2階に位置し、
チリンと引き戸を開けると鴨川の景色を切り取るリバーサイドビューイング。
山麓の景色にたっぷりの陽光がさ仕込む
伸びやかなアトモスフィア。
 (153608)

緩やかに流れるタイ語のメロディ。
タイの紙幣やフラッグなど大衆的でありながら、カフェの様な柔らかな一面を兼ね備えたエスニックプレイス。
お席は小上がりの座敷に2名掛けのテーブルが整然とレイアウト。
座敷席は大人数対応、そして相席テーブルとして利用されている様。
マガジンラックにはタイに纏わる雑誌や京都の情報フリーペーパーがスタンバイ。
 (153609)

お昼はタイ人らしきサービスの女性と寡黙なコックさん二人の三人体制。
客席からは控えめにキッチンが見え、一心不乱に調理されている真剣な眼差しが印象的。消して悪くない、南国気質のゆるい対応も現地そのまま。
テーブルにはナンプラーや粉唐辛子といったタイの食堂ではありふれた味変調味料が置かれています。
ランチメニュー

ランチメニュー

ランチはカレーやカオマンガイ、麺類などバラェティに富んだメニュー内容。リーズナブルにドリンクが追加でき、ランチはランチメニュー以外にも時間がかかるそうですがアラカルトメニューも対応しているそう。
パクチーブームの今パクチーを求めて尋ねられる方も多いようでパクチー調理ありませんとの警告が扉のど真ん中で主張されています。

タイ感しよう

ダブルカレーセット

ダブルカレーセット

私はテーブル席につきダブルカレーセットをチョイス。
ジャスミンライス無しの場合は
何れか好きなおかずのサイズアップ、もしくは80円の値引きという柔軟な対応。
ボリュームたっぷり具沢山

ボリュームたっぷり具沢山

ダブルカレーセット

野菜のイエローカレー、チキングリーンカレー、、ヤムウンセン、トムヤムクンスープ、さつまいもの天ぷら、えびせん、日替わりおかずの内容。
グリーンカレーは鶏肉やタケノコ、様々なスパイスとミルキー旨味が交錯。
野菜のイエローカレーはサラサラの口当たりで、ココナッツミルクの豊かな風味。
人参、ブロッコリー、じゃがいも、マッシュルームなど野菜がゴロゴロ。
 (153593)

ヤムウンセンには春雨にカラフルなパプリカ、キクラゲ、むき海老、ミンチ肉をちりばめボリューム満点。
プレートにはえびせん、さつまいもの天ぷら、
エスニックか味付けの野菜のマリネ。
トムヤムクンにはしめじ、マッシュルーム、むき海老がin。
酸味と辛味、魚介の旨味と三拍子揃ったやみつきスープ。
 (153599)

お昼繁盛しているようで、お一人の場合は相席テーブルをすすめられるよう。
構い過ぎずゆったりとしたアンニュイな雰囲気にただただゆっくりと。
タイ政府も認定した味には折り紙つき。
スタンダードな内容だけでなく、マニアックなラオスやイーサン系の料理もスタンバイ。

中毒性あるエスニック料理、珍しいアルコールも取り揃えておられる様で、鴨川の夜景を満喫しながらロマンチックなディナーにもおすすめ。
刺激的なアジアンフードと川沿いの風光明媚な景色のダブルのご馳走。
京都駅からのアクセスもよく、ランチや宴会、お一人様ディナーなど様々なニーズに応える京都を代表するアジアンレストランでした。

クチコミでの評判

基本情報

店舗名:キンカーオ
住所:京都市下京区七条大橋西詰北側 鴨川ビル2F
電話番号:075-352-2217
営業時間:ランチタイム 11:30~15:00(ラストオーダー14:30)
     ディナータイム 17:00~22:30(ラストオーダー22:00)
定休日:月曜日
店舗HP:http://www.kinkhao.net/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

雰囲気抜群!納涼床でエスニックなタイ料理♪ バーン・リムナーム【河原町ランチ】

雰囲気抜群!納涼床でエスニックなタイ料理♪ バーン・リムナーム【河原町ランチ】

鴨川沿いに佇むリバーサイドタイレストラン。タイセレクト認定店として揺るぎない人気を誇るプロフェッショナルな料理と京町家の雰囲気が魅力のレストランをご紹介。
【京阪七条】流行に流されない、真面目な本格的タイ料理のお店「キンカーオ」

【京阪七条】流行に流されない、真面目な本格的タイ料理のお店「キンカーオ」

「パクチーのみを過度に強調するような料理は提供いたしません」と言い切ったことで話題になったタイ料理のお店。実は京都にあるんです。お店を訪問してみえてきたのは、本物のタイ・ラオス料理を知ってほしい、というお店の気持ちでした。
京都タイ料理店の草分け!夏は鴨川納涼床もある!見晴らしのいいランチ☆「佛沙羅館(ブッサラカン)」【四条木屋町】

京都タイ料理店の草分け!夏は鴨川納涼床もある!見晴らしのいいランチ☆「佛沙羅館(ブッサラカン)」【四条木屋町】

京都のタイ料理店の中でも草分け的存在。私もかれこれウン十年前に行って以来かも(笑)鴨川沿いに立地して、夏は納涼床でタイ料理が食べられるお店。超ひさびさにランチ食べに行ってきました。
七条川端 鴨川を望みながら本格タイ・ラオス料理を「キンカーオ」

七条川端 鴨川を望みながら本格タイ・ラオス料理を「キンカーオ」

鴨川と東山の山々が見渡せるお座敷で、ゆったりと本格タイ料理ランチをいただいてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen