2016年6月12日 更新

激濃厚なデミグラスソースのハンバーグで有名「グリルデミ」@烏丸丸太町

烏丸通り、丸太町と御池の中間地点あたりの人気店「グリルデミ」

メディアにも度々登場する人気店

 (38736)

今回チョイスしたランチ処は、夷川通室町東入ルにある人気洋食店、グリルデミ。とりあえず激濃厚なデミグラスソースのハンバーグで有名なお店。
結構近隣をウロウロしている地域で、前に数組の行列を見かけることが多いのだが、今日はほぼ開店時間で、無事席ゲット。
 (38737)

テーブルは全18席。いかにもパッと見はカフェ的洋食店だ~なのだが、壁にでかでかと龍の絵が書いてあるのが超目立つのだ。
 (38738)

基本メニューはハンバーグとそのアレンジメニューという潔さなのだが、特に人気だというこの2種類のアレンジ系をチョイスすることに。
 (38739)

間つなぎにサラダが出てくるのだ。と、パンパンパンパン!と小気味よい音がキッチン内に響き渡るので、多分注文してからハンバーグを成型されている模様。なんやかやで注文してから15分ほど待ちましたかねぇ。。

納得の旨さとボリューム

 (38740)

じゃじゃーんと登場、タンシチューハンバーグ¥1550なり。結構良いお値段だが、固形燃料でぐつぐつ温められながら登場。暑い時はノーサンキューなサービスかもですが、今日はちょっと涼しげな日。
 (38741)

で、ハンバーグは粗びきで肉々しいしっかり食感。火入れも程よくこれは旨しな150gなり。しかしメインはこの激濃厚デミグラスソースですなぁ。。ソースだけで頂くよりも・・・
 (38749)

こういう形でライスと合わせると良さが三乗倍するような気がします! いやー、これは旨いですな。この質なら納得。いやー、お腹一杯になりました

懐かしさ満点!

 (38742)

これまた謎な昭和感満載メニューで、ナポリタンwithデミ玉ハンバーグで¥1300なり。
メニュー名のとおり熱々鉄板には昭和喫茶店ランチではマストアイテムなナポリタンスパゲティ、その上に150gのハンバーグが乗っているという、昭和30年代お子様だった世代には泣けそうな一品。
 (38743)

これもトマトケチャップ+デミソースの相乗効果でなんともしっかり系な濃い味メニュー。ビールとかほしくなるのですが、車なので我慢なのだ~。
味噌汁が鰹粉をしっかり使ったダシ味満載なものだったり、漬物のチョイスなど、なかなか細かいところまで気が配られていてGOODでした。スイカ家極私的京都ハンバーグ選手権では相当好位置につけているので、また来ている気がします!

グリルデミへの口コミ

チーズデミ

カノウポチャ子さん(@pochaco_kanou)が投稿した動画 -

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

四条烏丸で美味しい炭火ぶた串焼き!珍しい豚串専門店「炭火ぶた串焼 風味堂」【錦小路新町】

四条烏丸で美味しい炭火ぶた串焼き!珍しい豚串専門店「炭火ぶた串焼 風味堂」【錦小路新町】

京都亀岡産の京都ポークを使用した豚串焼きのお店。豚串メインは京都でも珍しいです。ワイン、焼酎、日本酒などお酒の種類が豊富なところも魅力のひとつです。
【京都ランチめぐり】3月オープン!京都経済センター内のカジュアルイタリアン☆「魚とお野菜のイタリアンアルバータ」

【京都ランチめぐり】3月オープン!京都経済センター内のカジュアルイタリアン☆「魚とお野菜のイタリアンアルバータ」

おおきに~豆はなどす☆今回は今年3月オープンの京都経済センター地下1階レストラン街のイタリアン。開放的でカジュアルなランチが人気。オフィス街立地ということでサクッとランチできるのが魅力。
【京都】錦市場近くで気軽に天ぷらを!激安宴会メニューもあり「天ぷら酒場 たね七」

【京都】錦市場近くで気軽に天ぷらを!激安宴会メニューもあり「天ぷら酒場 たね七」

京の台所、錦市場近くのある「天ぷら酒場 たね七」のご紹介。通し営業でランチにも重宝します。
【京都とんかつめぐり】デミグラスソース仕立ての洋食味!家庭的で和むお店☆「とんかつ&ステーキ 岡田」

【京都とんかつめぐり】デミグラスソース仕立ての洋食味!家庭的で和むお店☆「とんかつ&ステーキ 岡田」

おおきに~豆はなどす☆今回は西ノ京円町にあるアットホームな雰囲気の地元に愛されるとんかつ店。とんかつ店と言いつつ、王道の洋食メニューも充実し、さらにどれも絶品。
【京都建物探訪】解体直前!圧倒的存在感の巨大オブジェ乗せた昭和の建物見納め「金光教旧烏丸教会」

【京都建物探訪】解体直前!圧倒的存在感の巨大オブジェ乗せた昭和の建物見納め「金光教旧烏丸教会」

汁物大好きな三杯目 J Soup Brothersです!FU~FU~☆彡今回は烏丸丸太町下がった場所にある、一際変わったデザインの昭和の建造物。近く解体される予定で、見納めに行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。