2016年11月7日 更新

【京都出町柳】創業60年あまりの老舗!昔なつかしいふかふかレトロパン☆「ベーカリー柳月堂」

出町柳にある老舗ベーカリー。素朴な味わいのレトロパンが今も変わらず絶大な人気のお店。

叡電出町柳駅前にあるレトロなベーカリー

 (61437)

けっこうこの辺よくウロウロしてて詳しいつもりでいたのに、全然来たことなかったという衝撃の事実(笑)友人にも美味しい美味しいと薦められていたのに。何でしょうね。わざわざ感がなさすぎたというか。

叡電出町柳駅前。こんないかにも年季の入った店構え。
 (61438)

ちょうど昼過ぎ。老若男女、主に地元民が買っていきます。
最近、こだわりの天然酵母パンやバターたっぷりなデニッシュ系のお店が増えてますが、見るからに昔ながらの雰囲気のパンたち。香りも。
 (61439)

どれも、わりとサイズ大きめで値段も安めでデイリーパンという印象。「バゲット」というより、「フランスパン」という定義のほうがしっくり来るような。ソフトなイメージ。
 (61440)

菓子パンや惣菜パン、サンドイッチなど、そのレパートリーは200種類以上。
 (61441)

売り場の割に、かなり広めな調理場。売り場から見えて、すぐ奥に広がっています。
1日に15回以上パンを焼いて、30分~1時間ごとにここから焼きたてを品出し。
 (61442)

で、いろいろ買ってみました。
常連さんらしき人がくるみパンはハズせない!と話していたんでそれと、アップルレーズンブレッド、ハイジの白パン、カレーパン。
 (61443)

で、近くの鴨川デルタで。お天気もよかったんで。
 (61444)

まずはくるみパン。ふっかふか。で、香ばしいくるみが。なんか、素朴でほっこりする味。飽きのこないロングセラーパンであることがわかる。
 (61445)

アップルレーズンブレッド。デカッ!で、ビジュアルがなんともレトロ。
 (61446)

中を割ってみると、ゴロゴロとリンゴとレーズンが。甘いです(笑)とっても。食べごたえもあり。

他、2つは自宅で食べましたが。ハイジの白パン、なかなか良かったですよ。
 (61447)

なんか、他にもパンかじってる人いて、お仲間かと(笑)柳月堂でパン買って、鴨川デルタで食べるって流れが定番なんですかね。お天気もいいと、そうしたくなりますわな。でも、トンビ注意!(笑)

ヨ~イヤサ~♪

ベーカリー柳月堂 への口コミ

ベーカリー柳月堂 基本情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都パンめぐり】絶滅危惧種『ニューバード』発見!京都らしい昭和レトロな懐かしベーカリー「バード観月堂」

【京都パンめぐり】絶滅危惧種『ニューバード』発見!京都らしい昭和レトロな懐かしベーカリー「バード観月堂」

伏見区向島にある昭和レトロな雰囲気そのままのベーカリー。今はなき老舗パンチェーン店「バード」の支店。そして、京都発祥パンともいわれている名物レトロパン『ニューバード』も発見。
【京都パンめぐり】絶滅危惧種!幻のレトロパン『ニューバード』発見!地元民御用達の老舗店「バード新町」

【京都パンめぐり】絶滅危惧種!幻のレトロパン『ニューバード』発見!地元民御用達の老舗店「バード新町」

たまたま北大路新町界隈を歩いていて発見。今はなき老舗パンチェーン店「バード」の支店。そして、京都発祥パンともいわれている名物レトロパンも発見。食べてみました。
【京都パンめぐり】京都発祥の幻のレトロパン『ニューバード』の意外な誕生ヒストリー!老舗ベーカリー「まるき製パン所」

【京都パンめぐり】京都発祥の幻のレトロパン『ニューバード』の意外な誕生ヒストリー!老舗ベーカリー「まるき製パン所」

タイトル、NHK風にしてみました(笑)昔懐かしいコッペパンサンドでおなじみの老舗ベーカリー。その中に年配層の方には今でも愛される人気パンがあり、隠れた名物パン。そして京都発祥パン。そこには意外な歴史が。
【保存版】本格スパイシーから具材ゴロゴロまで☆京都オススメのみんな大好きカレーパン【厳選5店】

【保存版】本格スパイシーから具材ゴロゴロまで☆京都オススメのみんな大好きカレーパン【厳選5店】

老舗から新店まで京都には数多くのベーカリーが存在。朝食にパン食の人が多かったり、意外とパン好きの京都人。パンにもいろいろ種類ありますが、カレーパンも人気のアイテム。そこで、今回はオススメのカレーパンを集めてみました。
【京都パンめぐり】昔懐かしい昭和レトロなおかずパンが大人気!「まるき製パン所」【松原】

【京都パンめぐり】昔懐かしい昭和レトロなおかずパンが大人気!「まるき製パン所」【松原】

松原京極商店街の中にある老舗ベーカリー。昭和風情ただようコッペパンをベースにおかずパンが充実。休日の昼間は大人気。いろいろ食べてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな