2016年8月7日 更新

京都かき氷界の注目店!夏場は行列人気!!創作氷のセンス光る☆「菓子・茶房 チェカ(cheka) 」【京都岡崎】

ずっと、ここのかき氷を注目しつつ、ようやく初訪。かき氷マニアの間では人気のお店。ここのかき氷を求めて行列も。

動物園裏手にあるスイーツカフェ

 (48626)

ずっと注目しつつ初訪問。それほど、洋スイーツが大好き!というわけでもないので(笑)
 (48627)

ただ、この時期だけは例外。こちらのお店は創作系かき氷でも評判。ひっそりとした界隈で、夏場ここの店の周りだけ行列出来てるのを何度か目撃。今年はけっこう早い時期からかき氷提供されてました。チェックだけは前々から(笑)
そして、やはり人気店。この日も、ちょうど店を出る頃には行列でした。皆かき氷狙い。

カフェスペースは2階。1階は対面販売の洋菓子店

 (48628)

入り口扉を開けると、いきなりガラス張りの厨房と洋菓子が入ったガラスケース。そして、店員さん。あれ、カフェじゃないの?と一瞬不安に。
どうやら1階で注文して、2階のカフェスペースでいただくシステム。
この日はとにかく熱中症寸前だったので、身体が欲しがるに任せてパイナップル氷を注文。あとでわかりましたが、プリン氷も有名で、かき氷の中にこちらの自家製プリンが埋め込まれていて人気。つぎはそれだな。

2階のシンプルで無垢なカフェスペース

 (48629)

カフェスペースは、窓際のカウンター席とテーブル席。そして、こんな小上がりの座敷席。
 (48631)

鉄ですかね。こんな可動一人テーブルでいただくことに。
 (48630)

洋というか和というか、シンプルな内装。そして、小さなおくどさん。実際茶釜使ったりするんですかね。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都×有形文化財×カフェ|大正ロマンとモダンの融合 「ヤマナカカフェ」【京都】

京都×有形文化財×カフェ|大正ロマンとモダンの融合 「ヤマナカカフェ」【京都】

パビリオンコート一階にある有形文化財に設けられた静かなカフェ。大正レトロとヨーロピアンの融合。クラシカルなサロンで香り高い紅茶で優雅なひとを。
銀閣寺エリア必食和スイーツ|あっさり、ほっくり至福の豆かん*㐂み家(きみや)【銀閣寺】

銀閣寺エリア必食和スイーツ|あっさり、ほっくり至福の豆かん*㐂み家(きみや)【銀閣寺】

一粒一粒ふっくら、ホクホク小豆にクリーミーなバニラアイス。透明感のある寒天とのマリアージュは感動的な美味しさです。
季節のソルベは絶品!岡崎エリアのエレガントカフェ★「Ochi-kochi (オチ-コチ)」【平安神宮】

季節のソルベは絶品!岡崎エリアのエレガントカフェ★「Ochi-kochi (オチ-コチ)」【平安神宮】

季節を食べるをコンセプトに素材を生かしたスイートを堪能できるデザートカフェ。春夏秋冬たのしめるラグジュアリーなティータイムを約束してくれます。
岡崎エリアの新星*コンセプトは大人の遊び場「カフェアンドバー ディテール(Cafe&Bar DETAIL)」【岡崎カフェ】

岡崎エリアの新星*コンセプトは大人の遊び場「カフェアンドバー ディテール(Cafe&Bar DETAIL)」【岡崎カフェ】

昨秋東山に誕生したカフェアンドバー ディテール (Cafe&Bar DETAIL)。個性派ホテルが立て続けに登場し、、京都のカフェ事情ではもはや定着しつつあるドミトリー×カフェの融合。デザイナーズカフェらしい、SNS映えするtogoカップ、岡崎の景色を借景に主張したいアイデンティティ。
"ほっこり暖まろう"茶釜のコーヒーと至福のシュークリーム★「菓子・茶房 チェカ 」【岡崎】

"ほっこり暖まろう"茶釜のコーヒーと至福のシュークリーム★「菓子・茶房 チェカ 」【岡崎】

岡崎の人気菓子店チェカ。茶釜でたてる香り高い珈琲と秀逸なお菓子のマリアージュが楽しめる二階のカフェ。 岡崎の緑豊かな景色を眺めながら放心時間は如何でしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな