2017年11月8日 更新

祇園なのにリーズナブルでクオリティも◎「京都天狼院(きょうとてんろういん)」でゆったりカフェタイム【開店】

先日ご紹介した、次世代型書店「京都天狼院」。こちらは書店だけでなくカフェも併設されていて、カフェ単体としての利用もOK。オープン日に利用しましたので、その様子をお伝えいたします。

リーズナブルなのにハイクォリティなカフェ!

 (71321)

祇園・大和大路通り沿いに堂々オープンした京都天狼院。先日お伝えした通り町家で落ち着いた造りの書店ですが、ただ本を売るだけでなく本の先の「体験」を提供する新しいタイプのお店。
書店としての魅力は以前お伝えした通りですが、今回はカフェの魅力についてご紹介したいと思います。

こちらのカフェはキャッシュオンスタイルで、1階レジカウンターで先に注文を済ませ、1階こたつ席や2階カフェスペースでいただく事ができます。
 (102244)

 (102245)

 (71307)

こちらがカフェメニュー。豊富なドリンクにライトフードまで。
小腹がすいたときや軽めランチにもってこい。
そしてよく見るとかなりリーズナブル!
手のひらサイズとはいえ、オープンサンドイッチが2つ選べて280円!祇園の一等地なのにこの価格とは驚き。
本当にこの値段?と思わずメニューを三度見してしまいましたよ(笑)。
 (71303)

以下、HPの店主さんのコラムから抜粋ですが
------------------------
たとえば、原価と工数を考えると、280円が相当というメニューを、僕は140円で出すように指示しています。
具体的にいうと、2個で280円にするように指示しました。
また、コーヒーに関しましても、こだわりにこだわり抜いた豆とマシーンを使っていて、原価的には決して安くはありません。
投入した機械の代金でいえば、東京と福岡の4倍近い費用がかかっているでしょう。
しかし、僕は、東京と福岡よりも安い料金で提供するように指示しました。
もちろん、お客様はクオリティーと安さのアンバランスに驚くわけですが、スタッフは幾度となく、
「お客様も、安いと仰っています」
と、僕に言うのですが、僕は、
「それでいいじゃないか」
と、答えます。
なぜなら、僕は京都天狼院を、京都の皆様と京都に来る皆様の心地のよい居場所にしたいと考えているからです。
(「僕が世界都市「京都」に天狼院を創った本当の理由《天狼院通信》」より http://tenro-in.com/tsushin/32503
------------------------
何とも太っ腹というかありがたい!何という京都愛!!(は言い過ぎ?)
それだけこのお店に賭けておられるとも言えるのだと思いますが、書かれているように、内容も値段ありきでなく値段以上のクオリティーに驚きです。
 (71304)

いただいたもの…「紳士なクロックムッシュ」「ごま香るマシュマロチーズトースト」とコーヒー。これだけ注文しても1,000円以下なのは本当にありがたい。

2階は大和大路通り側にカウンター席や大きめテーブル席がありますが、庭に面した席もありこちらはソファー席。
せっかくなので庭を見ながらゆったりいただこうとこちらに着席。
わざわざ庭師さんに作ってもらったという、竹が印象的な庭を眺めながらのカフェタイムは何とも贅沢!そして賑わう界隈なのに静かなのは意外。
 (71305)

温められて登場のトースト。
クロックムッシュはベーコンとチーズの相性が最高で、まさにおかずパン。
ごま香る〜はおやつパンですが、マシュマロとチーズがこんなに合うなんて!という驚きの一品。ほかほかなのでどちらもいい感じでとろとろなのがまたたまりません♡ごまの香ばしさもいい仕事をしていて想像以上においしかったトースト。これが1枚140円ってホンマにアリ!?
深煎りのコーヒーは京都の人が好きそうな味で、フードとの相性バッチリ!

一部京都店のみのメニューがあるそうですが、順次全国の天狼院でも提供が始まるとの事です。
 (71347)

こちらは別の日にいただいたパニーニとレモネードスカッシュ。
フレッシュなシャキシャキレタスとベーコン、パリパリなパンがどれもおいしい!
こちらのはどれもパンが絶品なので、是非パンのおいしさも味わってみてください。

酸味しっかりのレモネードもおいしくてゴクゴク。
本当にどれもきちんとしていておいしいです。
 (71301)

店内はこの立地なのに広々でゆったり配置。席もいろんなタイプがあり、ぼっちでもグループでもシーンを選ばないのがいいですね。
コンセントやWi-Fiも完備されていて、セカンドオフィス使いもOK。ここでならサクサク作業もはかどりそうです。

また130インチスクリーンやプロジェクター設備もあり、それらを使って全店舗同時にゼミやイベントを行う事も可能だそう。
フレキシブルでいろいろな体験を提供するのにぴったり!
 (71313)

そして1階のベンチシート同様、小規模ながら2階にはベランダもあり京都らしい設えが。
季節がいい時はこちらで庭を見下ろしながらカフェタイムも洒落ていていいですね。

1階で購入した本を持ち込んでじっくり読書はもちろん(未購入の本の持込は不可)、純粋にカフェ使いや作業使いなど…思い思いに過ごせるこちら。
今はオープン直後だからか混み合っておらず、この界隈では珍しいぐらいゆっくりできる穴場。
混み合わないうちに良さを堪能してみてくださいね。

SHOP DATA

京都府京都市東山区博多町112-5
TEL 075-708-3930
営業時間:平日 10:00〜22:00(カフェ L.O. 21:30)
アクセス:京阪電車 祇園四条駅下車 徒歩約5分

H.P:http://tenro-in.com/
Facebook:https://www.facebook.com/kyototenroin/
Twitter:https://twitter.com/kyototenroin
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

南仏の老舗パティスリーが京都祇園にお目見え「ラ・メゾン・ジュヴォー」【関西初出店】

南仏の老舗パティスリーが京都祇園にお目見え「ラ・メゾン・ジュヴォー」【関西初出店】

南フランスの老舗パティスリー「ラ・メゾン・ジュヴォー」が祇園新橋に関西初出店となる店舗をオープン。ジュヴォーが持つショコラティエとしての高い技術を活かした、南フランス プロヴァンス菓子のぜひ味わってください。
八坂さん前の新名所!見て触れて、楽しく漢字を学べる「漢字ミュージアム」

八坂さん前の新名所!見て触れて、楽しく漢字を学べる「漢字ミュージアム」

2016年6月29日、八坂神社前の旧弥栄中学校跡に「漢字ミュージアム」がオープンします!内覧会にお邪魔させて頂きましたので、その様子をご紹介します。
【新店】12月オープン!“醸す”と“カラダにいい”をテーマに集めたグローサリー&カフェ「KAMOS KYOTO×茶御飯京都」

【新店】12月オープン!“醸す”と“カラダにいい”をテーマに集めたグローサリー&カフェ「KAMOS KYOTO×茶御飯京都」

河原町、万寿寺通を西へ。京町家リノベーションで12月13日オープンのお店。現在、プレオープン中。九州に根付く発酵、醸造食品を中心に、選りすぐりのローカルフードを販売。カフェスペースや外国人向け料理教室もあり。
京都祇園で手軽にボリュームもあるイノベーティブ料理店「祇をん 段ばた」【新店】

京都祇園で手軽にボリュームもあるイノベーティブ料理店「祇をん 段ばた」【新店】

花街祇園、花見小路からほど近い場所にオープンしたイノベーティブ料理店「祇をん 段ばた」でランチなり。
【新店】新京極商店街に4月オープン関西初出店!焼きたて作りたてコッペパンサンド専門店★「パンの田島」

【新店】新京極商店街に4月オープン関西初出店!焼きたて作りたてコッペパンサンド専門店★「パンの田島」

4月12日、新京極商店街にオープンしたコッペパン、揚げパンの専門店。関西では初出店となるコーヒーチェーン『ドトールコーヒー』の新業態。焼きたて、揚げたて、作りたてのこだわり。いただいてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス