2020年1月2日 更新

匠がおりなす絶品中華!レディースランチは必食!中国料理「四川」 【都ホテル京都八条】

京都駅、都ホテル地下に佇む本格派中華料理店。洗練された空間で趣向を凝らした京風中華が頂けます。

京中華の真髄、満足保証のレディースランチ

重厚感ある厳かなエントランス

重厚感ある厳かなエントランス

京都駅徒歩2分の都ホテルB1中華料理「四川」。
重厚感ある雅やかなファサード。
キリッと硬派でありながらインバイティングなエントランスが来客をもてなします。

オリエンタリズム溢れる洗練空間

 (174281)

店内は赤や黒、暖色系を基調とした中国・四川を彷彿とさせる
オリエンタリズム溢れる邸宅空間。
 (174282)

モダンなフォルムの照明や豪奢な調度品、オフホワイトの上品な椅子を配し煌びやかながらもシックな居心地をクリエイト。
 (174283)

迎賓館に招かれたかのような厳かな高揚感と随所に現る異国の香り、京のはんなりとした和みの空気感がしっとりと調和。

バックには軽妙洒脱なジャズミュージックがリラックスムードに拍車をかけます。
 (174285)

お席はテーブル134席と圧倒的なテーブル席にラウンドシート席や半個室的なボックスシートもあり
障害物のないフラットなフロアは多彩なゲストに対応。
 (174316)

ラウンジソファを備えたプライベートルームの牡丹、壁のアートが印象的な木蓮、朱色のターンテーブルがアクセントになっている芙蓉、26名まで利用可能なキャパシティの大きな紅蘭・白蘭
計4つの華をモチーフにした個室になど充実のシーティングオプション。

経験豊富な凄腕シェフ

山崎泰寛シェフ

山崎泰寛シェフ

シェフは四川料理のみならず、広東料理や天心など中華料理の様々な技術を習得され2017年に
都ホテル 京都八条 中華料理 四川 の料理長に就任。
香港の方と共に働き得た知識や長年培った手法をベースに京風中華は香辛料を多用せずに素材を活かす事が特徴。
レディースランチの一例

レディースランチの一例

ランチメニューは平日限定の麻婆豆腐と主菜を一品チョイスするリーズナブルなセットから、シーズン事に内容が変わるレディースランチ、土日祝には麻婆豆腐と主菜に前菜が付く豪華なホリデーメニューを展開。

コース仕立ての感動的ランチ

温かな烏龍茶で喉を潤します

温かな烏龍茶で喉を潤します

私たちは二人でレディースランチをオーダーし、其々以下のものをセレクト。

「前菜」
★蒸し鶏のジンジャーソース
★ボイル海老と生湯葉の野菜のサラダ

「スープ」
干し貝柱と野菜のとろみスープ

「メイン」
★海老の四川チリソース煮
★九条ネギと紋甲烏賊のあっさり塩味炒め

「飲茶」
★飲茶二種盛り合わせ
★ぶた肉と玉ねぎの焼売

★豚肉とレタスの炒飯
★パリパリあんかけ焼きそば

「デザート」
★杏仁豆腐
★さつま芋の蒸しカステラ
★抹茶豆乳プリン
★マンゴープリン

まずは温かな烏龍茶がサーブ。
蒸し鶏のジンジャーソース

蒸し鶏のジンジャーソース

特筆すべきは蒸し鶏のポテンシャルを最大限に引き出すピリッとソフトな刺激のジンジャーソース。
爽やかな大葉とトマトとの相性は正に格別。
◉ボイル海老と生湯葉の野菜のサラダ

◉ボイル海老と生湯葉の野菜のサラダ

フレッシュなレタスやきゅうりに
フルーツと野菜を使用した甘酸っぱいソースが爽やかに。
生湯葉の滋味なる口溶けに豪快にサラダに入った弾力のあるエビ海老は甘く、味わい豊か。
 干し貝柱と野菜のとろみスープ

干し貝柱と野菜のとろみスープ

絹のように滑らかなスープは貝柱の豊かな旨みが溶けこんだ滋味なる味わい。
大根のほろ苦さがアクセント。
 (174292)

こちらはスープとともに配されるサービスプレート。
サラダと共に頂くしんじょうは外はパリッと中はふんわり。
海老の四川チリソース煮

海老の四川チリソース煮

綺麗な紅色のエビチリにお焦げをあしらった躍動感ある一皿。
ふわっとした卵がはいったとろっとろのあんは、上品でふくよかな味わいの海老をまろやかに包み込み、口いっぱいに広がる旨みと辛味。
九条ネギと紋甲烏賊のあっさり塩味炒め

九条ネギと紋甲烏賊のあっさり塩味炒め

淡白なイカとシャキシャキしたネギと香り高いしめじの至高のマリアージュ。
シンプルな素材が故、技冴えわたる一皿です。
ぶた肉と玉ねぎの焼売

ぶた肉と玉ねぎの焼売

見た目にもその大きさに目を見張るぽってりとした焼売が二つも。

薄皮にたっぷりのタネと圧倒的な重厚感。
豚肉の旨味と玉ねぎの甘味といい正に黄金比率。
飲茶 二種 海鮮焼売 蒸し餃子

飲茶 二種 海鮮焼売 蒸し餃子

こちらは日によって内容が変わるそうで、今回は海鮮焼売と蒸し餃子がサーブ。
上品な味わいの焼売ともちもちした皮が印象的な餃子と最強の二刀流。
 豚肉とレタスの炒飯

豚肉とレタスの炒飯

パラっとしたお米とパリふわっとしたレタス、卵の素朴なアクセントと
ぶた肉のコクが相まって至高の味わいをクリエイト。
パリパリあんかけ焼きそば

パリパリあんかけ焼きそば

パリッとしたかた焼きそばは、時間とともにあんの旨味ある水分を吸い込みこの絶妙なパリもち感は唯一無二。
ジャスミン茶

ジャスミン茶

デザートの前には香り高いジャスミン茶がポットでサーブされ、お口をいったんリセットさせてくれます。
デザートにも中華の特別感

デザートにも中華の特別感

デザートは

◉杏仁豆腐
◉さつま芋の蒸しカステラ
◉抹茶豆乳プリン
◉マンゴープリン

二種類のデザートは其々美味しく頂ける程よいポーションでサーブ。
 (174302)

口溶け滑らかな杏仁豆腐、そして豆乳プリン
芳醇な抹茶の香りと豆乳のマリアージュ。
優しい甘味のさつまいもの蒸しカステラフルーティなマンゴープリンと最後まで抜かりない秀逸な味わい。
 (174303)

中華料理の魂が宿る、シェフ渾身のランチ。
その他終始頂ける、の麗しい創味ある秀逸なアラカルト、ディナータイムは多彩なコース料理を中心に展開されています。

気品ある空間でありながら肩肘張らないニュートラルな空気感、商品知識を持ち合わせた優秀なスタッフさんや、レストラン全体から醸し出される心解けるホスピタリティもファンを魅了して止まない大きな魅力の一つですね。
 (174304)

「また食べたくなる中華」
中国へプチトリップしたかのようなまさに旅情を燻る空間。
大衆的な中華料理店とは一線を画す上質な空間はホテルならでは。
様々なシチュエーションに対応した街中の喧騒から逃れ、ホテル中華の真骨頂を楽しめる中華料理の楽園でした。

基本情報

店名:中国料理「四川」
住所:京都市南区西九条院町17
電話番号:075-662-7956
営業時間:
[ラ ン チ] 11:30~14:30
[ディナー] 17:00~21:00
定休日:無休
関連ページ:https://www.miyakohotels.ne.jp/kyoto-hachijo/restaurant/list/shisen/index.html

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

cafequeen cafequeen