2019年2月20日 更新

町家カフェで絶品カレーをどうぞ♡「chou chou favori (シュシュファボリ)」【京都・西陣】

築200年という元お米屋さんをリノベーションしたカフェ「chou chou favori (シュシュファボリ)」☆とても落ち着ける雰囲気も魅力的ですが、カフェと言うより「洋食店」と呼ぶべき、本格的なお料理が一番の魅力です♪

「スペシャル」がお気に入り

 (145572)

さて、ランチの時間
今日はリーズナブルな日替わりでも…というところですが、
こちらの場合、定番の定食メニューに加えて「スペシャルランチ」が不定期で登場します

で、今日は『柔らかく煮込んだ豚バラ肉のカツカレーライス』

という名前だけでそそられるメニューでした

スペシャルと言ってもとびきり値が張る訳でなく、その時の旬や仕入れに合わせてパスタであったりステーキであったり…
いわゆる「シェフのきまぐれランチ」的なやつですね(笑)
 (145574)

まずスープ登場
カボチャのポタージュ

冷めたら固まってしまいそうな濃厚加減
期待値高まる…ってやつですね(笑)
 (145589)

来ました!
スペシャルですねー(笑)

カレー食べたい時はカツも食べたい時
こんな極楽メニュー誰が考えたんでしょうね!(笑)
 (145571)

”じっくりコトコト香味野菜と一緒に煮込んだ豚バラ肉をカリッと揚げたカツ!!
スパイスの効いたカレーは豚バラ肉を煮込んだ時のジューを使っているのでスパイスが効いてる中にもお肉と野菜の甘みが感じられるカレーに”

というのはお店のInstagramのセリフ

この厚みでの柔らかさは絶品の美味しさ
まさにカツカレーにぴったりのカツですね
そしてこの煮込んだ汁をベースに作られたカレーもほんのりスパイシーで優しいお味です

※ カレーは定番メニューではありません
その日のスペシャルメニューはお店のInstagramをチェックして下さいね

https://www.instagram.com/chouchoufavori/
 (145581)

サラダは「シャキシャキ」ではなく「シャクシャク」食感

こんな優しい食感初めて!
 (145583)

セットドリンクはプラス¥200で
 (145575)

素敵な町家空間も魅力です

 (145576)

築約200年という町家は本物の凄みがありますね

ギリギリ残せるものは残してある素晴らしいリノベーションだと思います

吹き抜けの高さが気持ち良い
天窓からの自然光も絶妙です
 (145584)

 (145577)

映画や演劇のフライヤーが壁一面に
古い町家空間と妙にしっくりくるのは「濃い生活感」でしょうか
同じサイズで揃えられているセンスが素敵です
 (145579)

 (145580)

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の老舗ティーカフェで絶品ケーキと紅茶三昧★「リプトン ティーハウス 四条店」

京都の老舗ティーカフェで絶品ケーキと紅茶三昧★「リプトン ティーハウス 四条店」

全国的にも有名な紅茶メーカー。発祥地は京都。グルメなフードメニューに紅茶派のみならず、コーヒー派も楽しめるカフェメニュー達。有名パティスリーを凌駕する自家製ケーキと、京都を代表するエレガントなカフェレストラン。
野菜たっぷり彩りモーニング★食堂とカフェ ピナータ【北野 西陣カフェ 】

野菜たっぷり彩りモーニング★食堂とカフェ ピナータ【北野 西陣カフェ 】

北野天満宮の近くのビル二階で営業されているアットホームなカフェ。 丁寧な仕事が光るモーニングはお味もボリュームもはなまるです。
京都西陣で愛される洋食喫茶|デミソースのオムライス「フレスコ」【西陣】

京都西陣で愛される洋食喫茶|デミソースのオムライス「フレスコ」【西陣】

西陣で愛される洋食喫茶店。オリジナリティあるデミグラスソースと王道オムライスの二刀流は美味しさ指数まっくす、圧倒的説得力の傑作オムライス。
”京都の紅茶専門店” 京町家の和室でほっこり本格紅茶「卯晴(うはる)」【西陣】

”京都の紅茶専門店” 京町家の和室でほっこり本格紅茶「卯晴(うはる)」【西陣】

西陣の住宅街にある町家紅茶専門店「卯晴(うはる)」。英国アンティークの世界観と和の融合空間で選りすぐりの紅茶をほっこり頂けます。
お茶目なマスターとエンジョイカフェタイム★Jam Jar Lounge & Inn(ジャムジャーラウンジ)」【北野天満宮】

お茶目なマスターとエンジョイカフェタイム★Jam Jar Lounge & Inn(ジャムジャーラウンジ)」【北野天満宮】

とにかく陽気なマスターさん。異文化コミュニケーションしながら秀逸なコーヒーメニューとオージーメイドな フードメニューに舌鼓。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

千恋し 千恋し