2022年11月20日 更新

京都では希少なメキシコ料理店!オリジナルソースも評判な「コミーダ ラティーナ コスタ」

三条烏丸近く、京都では数少ないメキシコ料理店の「コスタ」なり。オリジナルのマスカラスソースも評判。

烏丸三条近く、評判のメキシコ料理店

 (232473)

先日行ったNYスタイルビストロでメキシコ料理の「ケサディージャ」を注文したら、一緒に出てきたタバスコのようなホットソースがなんだか非常に美味しかったので、シェフにお声掛けすると、京都市内のメキシコ料理店で製造・販売されていることを教えてもらう。帰ってから早速お店の位置を確認したのだ。お店の名前は「コミーダ ラティーナ コスタ (Comida Latina COSTA)」 、こういうソースを作ってしまうシェフなので、お料理も美味しいであろう!と早速覗いてみることにしたのだ。

特に予約無しでやってきた金曜日。丁度オープン時間の18:00で、階段を登ってさっそく店内に。ちなみに平日のランチ時は先のホットソースを使ったタコスもどきのまぜ麺などを出されている模様。(夜でも食べられます)
 (232474)

想像以上に広い店内にびっくり。さっぱりした感じ&広々としていて好印象。予約席の札が置いてあるテーブルが2つほどあり、我々が入店1組目で、窓際の席に入れて頂くのだ。
 (232475)

お料理は概ねメキシカン、一部スパニッシュ、というような構成。黒板に日替わり系が10種類ほど、レギュラーメニューがこの密度感で4ページ、お酒メニューがかなり豊富で4ページほど。で、こちらがメキシカンのチップス系で・・
 (232476)

サラダや揚げ物類に・・・
 (232477)

更にアヒージョ、タコスに、ケサディージャなど。一押しは牛肉のグリルで、並みのお手軽ステーキ店より断然美味しいとの情報あり。が、今日は軽めに様子を見つつ、まずは例のホットソースに合いそうな、メキシカン料理2品をお願いして・・・
 (232478)

生ビールを頂きつつ、まったり。人気店で次々に予約電話がかかってきて、テーブルの上に予約席の札が置かれていくのを見ているのが楽しい。スタッフは計5名ほどおられますかねえ。勢いのあるお店、という感じですな。

で、生ビールと一緒に、自家製ホットソースのうち2種(あと、黒瓶があります)が運ばれてくる。タバスコのようなシンプルな辛さではなく、もっと複雑な酸味と辛味の混沌感が超ウマですので、よろしくお願いいたします、なのだ。当然、後程一番辛い黒瓶も持ってきてもらいました。
 (232479)

まずは前菜3種盛り¥880なり。レバー感強めで柔らかめのパテドカンパーニュ(フレンチですが汗)、小鉢はミニコロッケ的な・・、それとミカンのサラダというなんだか健康的で、お料理が出てくるまでの時間つなぎに丁度いい感じ。量は少な目ですが、この内容なので全然納得。
 (232494)

で、このお料理が出てきて、とたんにこのお店が好きになった一品、スペシャルナチョス¥1480なり。三角形のトウモロコシ粉のチップス「トルティージャ」に、レモンの効いたアボガドペーストの「ワカモレ」やフレッシュトマトの「サルサソース」、クリームチーズやスパイスを利かせたミンチ肉、パクチーにハラペーニョ、黒オリーブなどを乗っけて頂く趣向。なんとも具材がてんこ盛り! シネコンのナチョスとは次元が違う一品。パリパリのナチョスがソースでふやけてくるのがまた旨い。
 (232495)

で、お好きに色々乗せて頂くのですが、先のホットソースが大活躍。いやー、ボリュームもしっかりで1人ならこれ一皿で良い感じでお腹がいっぱいになりそうな感じですな。お勧めいたします。
 (232483)

これはこういうお料理に合いそうなお酒を注文だ!ということで、相方はライムを絞ったテキーラハイボール¥700(サッパリして呑みやすい)、私は「エル・ディアブロ」なるテキーラ+カシス+ジンジャエールカクテル¥650を。辛いお料理にはこういうさっぱり系甘口酒も結構合いますな。
 (232484)

更に、レギュラーメニューで3種スタンバっているタコスを全種類で!ということで。奥がチキン¥480、右手がシュリンプ¥550、手前がビーフ¥550。このシュリンプにニンニクを滅茶利かせたマヨネーズ「アリオリソース」を使っていて滅茶ウマ。
 (232485)

ソフトタコスですが、むっちりしていて具材と良い感じに調和しますな。お気に入りのホットソースで更に旨さ一段階アップ!というような。とはいえ、ナイフで切るにも切りにくいので、2人でシェアしにくいお料理№1!というような感じ。ここは、1人1個づつで注文したほうが良さそうです汗。
 (232486)

更に白ワインもグラスで貰って、どんどんいい気分に。次々にお客さんが入ってきてワイワイと賑やかなのですが、男性は私以外はもう1人だけで、あとの20名ほどは全員女性客でした。ま、お若い女性が仕事帰りに自腹で来るお店ということなのだ。

で、腹具合も結構いい感じになってきたので、もうちょっとまったりしたいよねと、軽めにアテを2種注文。が!
 (232487)

ああ、これで今日は終了だよね!と納得したてんこ盛りメニュー「COSTAポテト」Mサイズ¥650が登場。小山になったフレンチフライに、スクランブルエッグを乗っけて、刻んだサラミをぱらぱら、上から白いアリオリソースと赤いグラバスソース(トマトとパプリカのピリ辛ソース)がこれでもか!という。 量は多いのですがついつい皿に手が出てしまうメニューですな。結局見事に平らげました(汗)
 (232488)

更にぐつぐつと煮たちながらメキシカン肉団子¥850も登場。これもパプリカが効いたトマトソース煮込み。パクチーが苦手は人はちょっと厳しいかもですが、非常にいい味付け。
 (232489)

タコスなどに合わせて頂くと、ウマウマでしょうな。いやー大満足なり。と、シェフがテーブルに来てくれて、どちらで見ていただいたのですか!から色々お話しし、NYスタイルビストロ方面からソースにつられてやってきたと報告したわけで。とても話しかけやすいタイプのシェフで、これはお若い人に人気があるわけだと更に納得。

で、生ビール2にカクテル類2、白グラス1と呑み量も少な目で、結局¥9000割れと言うお支払い、こりゃお安い!のですが・・・
 (232490)

うち、自家製ホットソース¥680が2本付きという。自宅で、様々な料理との相性確認中ですが、揚げ物類全般や、ココイチのカレー鍋に素敵に合いますので、お試しを汗。多分、このソースが無くなったころに再訪したくなる予感ですな。辛いもの好きには超お勧めいたします!

店舗情報

店名:コミーダ ラティーナ コスタ (Comida Latina COSTA)
住所:京都市中京区御倉町66-3 NPビル 2F
営業時間:12:00〜15:00 18:00~翌1:00 ランチは平日のみ営業
定休日:火曜日
TEL:050-5595-9692
公式:https://costa-kyoto.jp/
21 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。

オススメの記事