2016年10月26日 更新

松尾で長年親しまれた「フルーツパーラー橙」が「パン工房 橙」として再出発【10/24開店】

阪急電車松尾駅前のレトロな喫茶店「フルーツパーラー橙」。果物屋さん経営だけにフルーツたっぷりのフルーツパフェやフルーツサンドが人気でしたが惜しまれつつ6月に閉店。10/24「パン工房 橙」として装い新たに再出発されました。

中沢商店が営んでいた「フルーツパーラー橙」

阪急電車松尾駅の真ん前にあり、物心ついた頃からあった「フルーツパーラー橙」
調べてみると創業昭和37年だそうなので、50年以上頑張ってこられたんですね。
長く営業されていたので、思い出深い方も多いのではないでしょうか。

昭和の喫茶店的レトロな佇まいでしたが、デパートで果物を販売する中沢商店が経営されているだけあって、10種のフルーツが入ったパフェやフルーツサンドが人気でファンも多かった喫茶店。
 (60019)

そんなフルーツパーラーですが惜しまれつつ6月末で閉店、10/24「パン工房 橙」として今度はパン屋さんとして再出発されました。
 (60020)

オシャレな街のベーカリーに大変身!

 (60034)

ガラス張りの店内に入ると、この字型に棚が設けられ見やすく選びやすいレイアウト。昼頃行きましたが、菓子パンやおかずパンはじめ食パンやバケットなどハード系もあり種類豊富でワクワク!
 (60036)

 (60035)

定番のクロワッサンやクリームパンなども充実していて、家族みんなで楽しめるラインナップ。
お値段も手頃で、普段使いに最適ですね。

そしてこのあたり、焼き立てパン屋がなかったので貴重な存在!
 (60043)

他にフルーツの乗ったスイーツ系もありましたが、往年のフルーツパフェを感じるまでには至らず。
そういうメニューはぱっと見た感じ確認できませんでした残念…

オシャレで明るく開放的、イマドキなパン屋さんになって利用しやすくうれしい反面、もうあのパフェは食べられないのかと寂しくもありますが…これも時代の流れ。
お母さんから子供さんに引き継がれ、パン屋として新たなスタートを切られた「橙」。
これからは街の愛されるパン屋さんとして頑張っていただきたいです!

パン工房 橙 on Twitter

SHOP DATA

住所:京都市西京区嵐山朝月町21
電話:075-864-2828
営業時間:平日 7:30〜、土・日・祝 10:00〜売切次第終了
定休日:月曜日・第2日曜日
アクセス:阪急電車松尾駅下車すぐ
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都パンめぐり】ハズレなしのCPよし!絶滅危惧種の幻パン『ニューバード』もあり〼「ココ・キラリ」

【京都パンめぐり】ハズレなしのCPよし!絶滅危惧種の幻パン『ニューバード』もあり〼「ココ・キラリ」

伏見区藤森の商店街にある、小さなお店。ハード系、デニッシュ系、おかず系、どれをとっても文句ナシの美味しさ。そしてCPよし。そんなお店で幻パン『ニューバード』を発見。
レトロなパン屋「樋口金松堂」で京都の日常に溶け込む

レトロなパン屋「樋口金松堂」で京都の日常に溶け込む

樋口金松堂は昭和7年創業のパン屋さん。西本願寺のほど近く、嶋原商店街の入り口近くにそのお店はあります。レトロな雰囲気漂う店内でいただく素朴なパンは味わい深いですよ。
【松尾大社近く】ヨーロッパ気分のオシャレモーニングが味わえる「Grand Plie(グランプリエ)」

【松尾大社近く】ヨーロッパ気分のオシャレモーニングが味わえる「Grand Plie(グランプリエ)」

以前紹介した、松尾大社近くのイタリアンカフェ「グラン プリエ (Grand Plie)」。ランチだけでなくモーニング営業もされていますよ。
【京都パンめぐり】昨年8月オープンの新店!変り種のちくわパンは新食感☆「セイジツベーカリー」

【京都パンめぐり】昨年8月オープンの新店!変り種のちくわパンは新食感☆「セイジツベーカリー」

山科にある昨年8月にオープンしたまだ新しいベーカリー。ちょうど京都東インター下りて三条通り沿い。創意工夫の変り種パンもあり。
日本第1号店がまさかの京都太秦!海外発ベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」10/15 オープン

日本第1号店がまさかの京都太秦!海外発ベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」10/15 オープン

アメリカやオーストラリアなど数か国に出店しているベーカリーカフェ「The Yellow Deli(ザ イエロー デリ)」。10/15に日本第1号店がオープンしましたが、東京ではなく京都、しかもまさかの太秦、大映通り商店街という驚きの立地!地元ではオープン以来オシャレでおいしくてフレンドリーと人気となっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス