2017年11月7日 更新

京町屋でクオリティの高いイタリアンを!「LUDENS (ルーデンス)」として再出発!

御所南のイタリアン、クレメンティアがリニューアルし「ルーデンス」として再出発。立派でお洒落な京町屋造りの空間に生まれ変わりました。

クレメンンティア改めルーデンスに

 (101909)

7月にクレメンティアを一旦閉鎖されて秋口ぐらいに100mほど北に移転され10月に再オープンされた「ルーデスス」。店名を変更されて京町家作りのおしゃれ空間に生まれ変わっているのだ!との情報をうけ来店。
胡蝶蘭の鉢植えがずらーっと並ぶ京町家前。こちらがルーデンス、
 (101910)

入口脇にキッチンとカウンター席が6席。お店の中央にガラスで囲まれた坪庭、奥にはテーブル席と坪庭がある非常に、ゆったりとした空間で、立派かつお洒落。いやー、やりますな。最大奥のテーブル席は4人席×3、のようなのですが、今日は我々6名だけの超ゆったり空間。テーブルセッティングはクレメンティア時代を踏襲しつつも、更にお洒落な感じに。

事前にコース料理は¥10000(税別)でお願いしていたのだが、シェフからイベリコ豚と近江牛の盛り合わせもできますよ!とご提案いただいて速攻でそれで!ということに。
ワインのほうも確か¥7000の6種類ペアリングをお願いする。(結局7種類出てきましたが汗汗) 結果、このblogでも特に大作レポートとなっておりますので、宜しくお願いいたします。

クオリティ・ボリュームともに大満足なコース料理

 (101911)

まずは、イタリアの定番泡でフェラーリ ブリュットからスタートなり
 (101912)

まずは小さな前菜。フォアグラのテリーヌ にゆずシャーベットを合わせた一品。上に刺してあるのはトルタ・ディ・パラディーゾ(天国のケーキ。レシピ的には素朴なバニラ卵ケーキ)を乾燥させたチップス的なもの。キンキンに冷やした真鍮製の大きな角皿でサーブされるのですが、他に気を取られて、シャーベットがちと溶けてしまいました、すみません~。
 (101913)

魚系前菜。黒い器に入っているのはサーモンと薄切りのズッキーニ、それにチコリを雲丹風味の魚醤で合わせたようなマリネで、外の2種は両方とも鰤。鰤のカルパッチョにはウングイヤというサラミみじん切りを合わせてあり、タルタルにはウズラ卵黄とチーズを加えてある。 タルタルはまろやかでGOOD!
 (101914)

鰤には白を合わせてくださいね~とガイドされる。 ロゼのほうは、仏産ロアールでDomaine des Hautes Ouches Rose d'Anjouなり。ほんのり甘口でワインが苦手な女性でも無条件で好きになりそうな。白は伊産でAmineo Coda di Volpe DOC Taburnoなり。コーダ・ディ・ヴォルペとは狐の尻尾という意味で、そういう形の葡萄になる土着品種のようだ。意外に食事に合わせやすいロゼのほうが好き。鰤でも全然OKかもですな。
 (101915)

お次の前菜は、これは凄いなあと感心した一品。野菜のみの一皿なのですが、すべて根菜という趣向。それにカリカリに焼いたチーズを添えてある。粉チーズがかかっているのは里芋のスフォルマートでふわっしっとりとした食感の野菜スフレ的な。 甘酸っぱいビーツのソースと 合わせると非常に美味しい。
 (101916)

お次は伊産ロンバルディア州のOltrepo Pavese Ronchetto1994なり。
 (101917)

お次のパスタ前のプレゼンテーション。木箱にはフレッシュなポルチーニ茸がたんまり!
 (101918)

シンプルなツナとトマトソースの手打ちスパゲティーニに、先ほどのポルチーニやきくらげなどの色々キノコソテーをてんこ盛りに乗せたボスカイオーラ(木こり風)。これまたテーブルそばで仕上げ中。
 (101919)

具と麺が1:1ぐらいの超具沢山パスタがこのお店の特徴。ボリュームもしっかり!塩分もちょうどよい感じ!いやはやパスタを啜るフォークが止まらないのだ。
 (101920)

それに合わせるのは伊トスカーナ州産でBIOのキャンティクラシコ、Podere La Cappella Chianti Classico 2014なり。
 (101921)

肉の皿の前には伊産バローロが登場。Oddero Barolo 2010なり。葡萄は当然ネッビオーロ。(イタリアの葡萄品種で名前を覚えているのはこれくらいかな・・汗汗)
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランチめぐり】旬の豊かな食材と創作性あふれる本格イタリアン「リストリア ラディーチェ」

【京都ランチめぐり】旬の豊かな食材と創作性あふれる本格イタリアン「リストリア ラディーチェ」

夷川通室町にある本格イタリアン。カジュアルな雰囲気の中、旬の素材豊かに使いこなした創作性あふれる料理の数々。ランチをいただきました。
京町家とイタリアンの融合|もちもちパスタと本格派コーヒー「アイタルガボン」【神宮丸太町】

京町家とイタリアンの融合|もちもちパスタと本格派コーヒー「アイタルガボン」【神宮丸太町】

丸太町界隈で人気を博す隠れ家的町家カフェ。沢山の本とフードもカフェも本格派。プライベート時間を心ゆくまで堪能できる町屋カフェ。
割烹に通じる京町屋イタリアン |ワインやチーズも秀逸「西陣の酒酪菜HANAMITSU(ハナミツ )」

割烹に通じる京町屋イタリアン |ワインやチーズも秀逸「西陣の酒酪菜HANAMITSU(ハナミツ )」

西陣にある京町屋イタリアン 「西陣の酒酪菜HANAMITSU(ハナミツ )」。旬の食材をあまりひねくり回さずに、良いところを全面に押し出す的な、どことなく割烹に相通じるところがある誠実なお料理という印象なり。
【新店】京都柳小路のカジュアルイタリアン!トスカーナ料理と陽気なお酒が楽しめる☆「ヴィナイーノ キョウト」

【新店】京都柳小路のカジュアルイタリアン!トスカーナ料理と陽気なお酒が楽しめる☆「ヴィナイーノ キョウト」

とにかく明るい(笑)四条河原町エリア、最近注目の柳小路に11月オープン。陽気なイタリア人オーナーが店を切り盛りし、トスカーナ料理とワインが楽しめる。
イタリア人オーナーによるトスカーナ料理店がオープン「ヴィナイーノ キョウト」【京都・柳小路】

イタリア人オーナーによるトスカーナ料理店がオープン「ヴィナイーノ キョウト」【京都・柳小路】

四条河原町交差点から徒歩すぐ、風情のある柳小路にイタリア人オーナーが可愛らしいトスカーナ料理店「ヴィナイーノ キョウト」なり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。