2017年3月7日 更新

【京都ご当地グルメ】肉じゃが発祥地対決圧勝!驚愕の肉じゃがメニューレパートリー!!「フォレスト」【西舞鶴駅前】

こんなタイトルだと呉市民からフルボッコかもしれません(笑)肉じゃが発祥地はうちだ!と呉vs舞鶴でバトル中なわけですが。でも、これ見たらきっと呉も負けを認めざるを得ないような肉じゃが愛。もう発祥が何処とかどうでもいい次元(笑)とにかく肉じゃがメニューがスゴイんです。

西舞鶴駅前にあるカフェ

 (73981)

全く食事処もどこがいいのかわからずの夕飯時。ここでもグーグル先生登場。で、せっかく舞鶴に来たのだからそれらしいものが食べたい!まあ順当なら海鮮モノなんでしょうが、釣り帰りで魚はあるし。ここで海鮮食べなくても、ということでそれ以外のもので。

舞鶴といえば、肉じゃが起源で広島県呉市と論争中。なので、ここはやはり肉じゃがメニューで!ということでこちらへ。西舞鶴駅前。
 (73984)

店前のPOPの多さからして、肉じゃが発祥はウチだ!的臨戦態勢。
 (73985)

肉じゃがメニュー以外もありますよ。
 (73982)

肉じゃがキーパーソン、東郷平八郎の白黒画像まで持ち出して(笑)
 (73983)

日露戦争でバルチック艦隊を撃沈した大日本帝国海軍・東郷平八郎が、イギリス留学中に食べたビーフシチューの味を忘れられず、帰国した後に艦上食として作らせようとした時、ビーフシチューに普通使われる赤ワイン・ドミグラスソース・バターなどの材料が入手困難であったため、醤油と砂糖を使って作ったのが肉じゃがの始まりとされています。

で、それが初代の長官を勤めた舞鶴鎮守府時代なのか、それ以前に着任していた呉鎮守府参謀長時代なのか、ということで舞鶴と呉のどちらが起源かでバトル中。

お酒もいろいろあります

 (73986)

店内。こちらはお酒も楽しめるカフェバーでもあり。
 (73987)

窓際にカウンター席も。
 (73988)

再びメニューを吟味。以前関西ローカル番組にも紹介されたみたいですね。それにしても、オムライス、ピザ、コロッケ、冷麺といろいろな展開メニュー。肉じゃが牡蠣丼もあり。牡蠣、舞鶴の名産品ですもんね。
 (73989)

中央には編集カラー版東郷平八郎。そのまわりにジビエ、肉じゃがメニュー、海軍カレーなどメニュー配置。曼荼羅画のようでもあり。教祖か!(笑)
 (73990)

ビーフシチューもあります。さらに詳しく
 (73991)

もちろん他のメニューもあり。で、ここは逃げずに肉じゃがメニューに集中すべきでしょう!ということで、肉じゃがオムライスと肉じゃがピザを注文。

意外と美味しい肉じゃがオムライス(笑)

 (73992)

で、少し待つと待望の肉じゃがオムライス登場。玉子焼きにケチャップ色が通常ですが、飴色。タマネギのソースが乗っています。
 (73993)

そして、こんな一味唐辛子が添えられるところが肉じゃがオムライスの特徴ですかね。
 (73994)

で、割ってみます。中は白飯に茶色のものが混ぜられた混ぜご飯的様相。で、ネギ、タマネギソース。で、実食。もっとゴロンとジャガイモが入っているのかと思ったら、ペースト状。そして、トロトロになるほど甘く肉じゃが味に炊かれたタマネギが牛脂も入ってるのか、肉風味を感じる。で、意外とこの玉子焼き、肉じゃが、ご飯の取り合わせが美味。途中、一味を入れるとさらにいい具合。これは予想外な美味しさ。
 (73996)

で、肉じゃがピザが遅れて登場。石窯でじっくり焼かれてたようです。中央には目玉焼き、そのまわりにさっきのタマネギソース、チーズ、みじん切りのタマネギ、トマトソース。トッピングにネギ。
 (73997)

予め一味がかけられています。そしてまた恒例の・・・
 (73998)

黄身をつぶしてみます。エロ画を期待しましたが、わりと火が入ってます(笑)
 (73999)

で、食べてみるといろいろな味がして意外とボケるというか(笑)トマトソース味より肉じゃが味が勝ってます。で、ピリ辛感もそこそこあり。チーズはほのかに感じる程度。まあ、ピザとして成立しています。

他にも関連メニューあり呉市に大差つけて圧勝だな、という印象(笑)というか、肉じゃが愛ハンパなくてその熱意に驚かされました。ガンバレ舞鶴!

ヨ~イヤサ~♪

フォレスト への口コミ

フォレスト 基本情報

住所:京都府舞鶴市 京都府舞鶴市引土17-3(JR西舞鶴西口前)
電話番号:0773-75-3187
営業時間:平日7:30~17:00 土日祝9:00~21:00
定休日:水曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな