2018年5月15日 更新

寒い冬の京都で北欧体験!京都タワーホテルで北欧ビュッフェを堪能

京都を代表するランドマーク京都タワーの3階。京都タワーホテル内の「レストラン タワーテラス」にて北欧ビュッフェが開催中!北欧料理は詳しくないという人でもビュッフェなら、気になる物を少しずつ好きなだけ、あれこれ食べられるので北欧料理デビューにオススメ。 京都と北欧。ちょっと異色な組み合わせですが、一流シェフによる美味しくて体の芯から温まる料理。寒い京都の冬にピッタリだと思いませんか?

京都駅徒歩2分、京都タワーホテルの北欧ビュッフェ

京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社 (109982)

北欧ビュッフェを提供するのは京都タワーホテル。京都の顔としてもおなじみの京都タワーの下にあるホテルで、京都駅から徒歩2分という好立地。
京阪ホテルズ&リゾーツ株式会社 (109983)

ホテル内の「レストラン タワーテラス」ではこれまで、一流シェフが旬の恵みを和洋多彩に調理するビュッフェテーマを多数企画し、さまざまなジャンルの料理を提供してきました。
けいたろう (109985)

2016年の冬に開催され、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマークの4か国の料理が好評だった北欧ビュッフェが2017年12月に復活。

美味しい物が大好きで北欧料理を食べてみたいと思っている方、確かなクオリティーで調理されたスカンジナビア半島の恵みが堪能できて、北欧料理デビューにイチオシです。

世界が注目する美食の北欧料理

けいたろう (109988)

美味しそうだけど、フランス料理やイタリア料理などに比べて、少し馴染みがうすい北欧料理。食材本来の味や形を生かし、新鮮さを重視したシンプルで素朴な調理が北欧料理の特色で、盛りつけの美しさにも気を配すなど和食との共通点も多く、世界有数の美食として注目を集めています。舞台となるスカンジナビア半島は、三方を海に囲まれ海の幸であるニシンやサーモンを使ったシーフード料理が有名。
けいたろう (109990)

北欧ビュッフェではサーモンは「スモークサーモンとノルウェーサーモンのグラーバドラックス風」などディナー限定で提供されています。

絶妙のレア状態がキープされた脂ののったサーモン。歯ごたえが残された状態で余分な水分は抜け、旨味が凝縮されているサーモンが、シンプルにマリネされた絶品です。
けいたろう (109992)

スウェーデン発祥の家具量販店の名物料理でもあり、サーモンと並んで北欧料理の定番であるミートボール。ディナー限定のこちらのメニューは、シェフ手ごねのこだわり品質。日本の一般的な柔らかタイプではなく、ムチッとした肉々しさが残り、食べごたえ十分です。

「サーモンやミートボールなら他でも食べられるから」といってスルーは厳禁。ぜひ食べ忘れないようにしましょう。

レストラン タワーテラスならではの楽しみ

けいたろう (109995)

自分で好きな物をチョイスしてマイワールドを展開して食べるのがビュッフェの醍醐味ですが、タワーテラスでは最初におもてなしの一品「ファーストイート」を提供するのが定番。今回のファーストイートに選ばれたのは「おじいちゃんの栄誉」。

「え?おじいちゃんの何?栄養?」と、頭に「はてなマーク」が出そうな料理は、「おじいちゃんの栄誉」というスウェーデンで親しまれているユニークな名前の料理。北欧の伝統的なパンのクネッケブロートやバゲットにのせて食べるマイルドなサラダは、ゆで卵と玉ねぎのほかにアンチョビが使用されていて、程よい塩気がお酒との相性もピッタリ。

サクサク食感の北欧パンに乗せられたサラダは、シンプルな味わいで「あ。これが北欧っぽいということか」となって北欧気分が盛り上がります。
けいたろう (109997)

「ファーストイート」と並び、タワーテラスならではの楽しみが「自分でつくる」シリーズ。今回は北欧でポピュラーな「自分でつくるオープンサンド」を用意。クネッケブロートやライ麦パンなど多彩なパンに、オイルサーディンやクリームチーズ、スモークサーモンなど13種の具材とソースを思い思いにトッピング。数パターン作って一枚のお皿に盛りつければ、とってもフォトジェニック。

ほかにはシェフの厳選野菜とディップソースが約10種ずつ用意された、野菜バーに「自分でつくるジャートスサラダ」を用意。ワイワイ言いながら作るのが楽しい一品です。
けいたろう (109999)

またタワーテラスでは、北欧料理に和食のエッセンスを加えアレンジしたオリジナルメニューも提供しています。酒処でもある京都に馴染みの深い酒粕を使った「酒粕入りキノコスープ」や、北欧の定番料理のニシンのマリネに味噌を使った「ニシンのマリネ 味噌サワークリーム」など、日本人にとって距離感がグッと縮まるメニューも用意されています。

ちょっとビックリな北欧料理

けいたろう (110002)

先ほど紹介したファーストイートで、おじいちゃんの栄誉というユニークな名前の料理とご対面となりましたが、北欧料理には、ほかにもユニークな料理がいっぱい。

まず紹介するのは「ヤンソン氏の誘惑」という名前のアンチョビ入りポテトグラタン。名前の由来になっているのはスウェーデンに実在した、エリク・ヤンソンという菜食主義の宗教家。あまりにも美味しそうな見た目と香りに、厳格な性格のヤンソン氏が思わず食べてしまったエピソードに由来するとされ、ポピュラーなクリスマス料理にもなっています。
けいたろう (110004)

北欧ビュッフェのさらにビックリな料理名が「空飛ぶヤコブさん」。こちらの料理は名前も独特なら料理の内容もユニーク。ベーコンとチキン、ピーナッツとバナナをチリソースと生クリームで煮るという驚きの一品。

1970年ごろに航空会社に勤務していたオーベ・ヤコブというスウェーデン人パパが、ママの外出中に子どものために作った料理が起源と言われています。普段キッチンに立たないパパが、子どもの好きな材料で急遽作った料理は、レシピ本にも取り上げられスウェーデンの定番料理となりました。

バナナの甘さとチリソースの辛さがお互いを中和しつつ不思議なコクを生み、お米との相性もピッタリの一皿となっています。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都タワーサンドで何食べる? 京の食材を味わう和ぎょうざ定食いただきます!「 ぎょうざ処 亮昌」

京都タワーサンドで何食べる? 京の食材を味わう和ぎょうざ定食いただきます!「 ぎょうざ処 亮昌」

 京都の新たな商業施設、今年の4月14日に新装した「京都タワーサンド」。地下1階フードホールへランチしに行ってきました!
京都タワー&和牛ステーキの絶景ツーショット!「モリタ屋ジェーアール京都伊勢丹店」【老舗】

京都タワー&和牛ステーキの絶景ツーショット!「モリタ屋ジェーアール京都伊勢丹店」【老舗】

モリタ屋、こちらも老舗。創業明治2年ですから、文明開化とともにずっと牛肉屋ってスゴイですよね。老舗牛肉店、京都も何軒かありますが個人的にはコスパよくこちらが好きです。
京都タワー隣でお手軽海鮮・和食ランチ!穴場で使いやすい「一瞬(いちしゅん)」

京都タワー隣でお手軽海鮮・和食ランチ!穴場で使いやすい「一瞬(いちしゅん)」

京都の玄関口、京都駅周辺で手軽に使えて、美味しい海鮮ランチがいただける和食店「一瞬(いちしゅん)」をご紹介します。京都タワーの隣にありますが、ゆっくりとお食事が頂ける隠れ家的なお店です。
【京都タワーのお膝元】「miwaku(ミワク)」純喫茶の魅惑のナポリタン

【京都タワーのお膝元】「miwaku(ミワク)」純喫茶の魅惑のナポリタン

ノスタルジックフードでかかせないナポリタン。こちらのナポリタンはなかなかミワク♡
京都駅前で焼肉ランチと言えばココ!話題のローストビーフ丼もあり「天下の焼肉 大将軍」

京都駅前で焼肉ランチと言えばココ!話題のローストビーフ丼もあり「天下の焼肉 大将軍」

お昼からお肉が食べたいときってありますよね?京都駅の好立地でオススメの「天下の焼肉 大将軍」です^^

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

けいたろう けいたろう