2017年12月14日 更新

【嵐山】センスのいいヨーロッパ風のおしゃれ古本屋「London Books」

嵐電嵯峨駅のほど近くにある古本屋「London Books」さん。特徴は何といってもおしゃれな選書です。ちょっと変わった京都本を探しに出かけてみてはいかがでしょう。

観光地嵐山に、かわいい古本屋さん!

嵐電嵯峨駅のほど近くに、おしゃれな古本屋さんがあるのをご存知でしょうか。
その名前は「London Books」さん。
 (108028)

観光地嵐山に、突然現れるヨーロッパ風のお店がロンドンブックスさん。白い壁と緑の縁のガラス窓がおしゃれですね。
観光地嵐山に、突然現れるヨーロッパ風のお店がロンドンブックスさん。白い壁と緑の縁のガラス窓がおしゃれですね。
 (108026)

お店の看板もヨーロッパ感漂い、可愛らしいです。

おしゃれな京都本、揃ってます

おしゃれなのは、店構えだけではありません。その品揃えにも注目です。
 (108034)

文芸・思想・美術・サブカルチャー・絵本やマンガ、京都の本、お酒・珈琲・紅茶の本などなど…。新品ではもう置いていない、けど古書店には新しすぎる、しかし大型古本店では探すのが大変…というニッチな層の本が沢山置いてあるんです!
 (108032)

左側の「Kyoto Souvenir Book」は、一味違った京都のお土産が紹介してある本。図書館で見つけ読んだのですが、書店や古本屋さんでも見つからなかった品なんです。こんなところで出会えるとは!
 (108352)

こちらは京都本コーナー。
「京都音楽空間」「本屋の窓からのぞいた京都」など、センスの良い京都本がそろっています。

お手頃なお値段もGOOD

 (108354)

さらに嬉しいのが、上記で紹介したような本もだいたい500円前後で手に入るということ。
ワンコインなら…とついつい2冊目も手に取ってしまいます。

いかがでしたでしょうか、嵐山のおしゃれな古本屋さん「London Books」。きっと素敵な本との出会いが待っていますよ。

※写真は許可をいただいて撮影しています。

London Books クチコミ情報

📚❤︎ #LondonBooks

A post shared by yuna (@verre.blanc_) on

London Books 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都嵐山の名物フードといえばココ!創業150年の嵯峨豆腐の名店!!行列のできる老舗豆腐店「森嘉」

京都嵐山の名物フードといえばココ!創業150年の嵯峨豆腐の名店!!行列のできる老舗豆腐店「森嘉」

嵐山の名物フードといえば、湯豆腐。そして、その原点がココといっても過言ではありません。嵐山周辺はもちろん、京都市内の有名料亭や旅館でも、ここの豆腐を採用。そして、行列ができるほどの人気店。
【京都温泉めぐり】嵐山スグの人気天然温泉!夏らしい仕掛け充実!!外国人観光客にも人気☆「さがの温泉 天山の湯」

【京都温泉めぐり】嵐山スグの人気天然温泉!夏らしい仕掛け充実!!外国人観光客にも人気☆「さがの温泉 天山の湯」

嵐山にもほど近い日帰り温泉施設。地下から湧き出る源泉は、京都では珍しいナトリウムカルシウム塩化物泉。最近では世界最大の旅行コミュニティ・トリップアドバイザーでも好評価で外国人観光客にも人気。
【京都珍スポット】薄毛でお悩みの方必拝!日本唯一の髪にまつわるパワースポット神社☆「御髪(みかみ)神社」

【京都珍スポット】薄毛でお悩みの方必拝!日本唯一の髪にまつわるパワースポット神社☆「御髪(みかみ)神社」

嵯峨嵐山にある珍神社。日本唯一の髪の神社。薄毛や髪で悩む参拝者が後を絶たたず、テレビや雑誌でも珍スポットとして取り上げられることもしばしば。早朝嵐山散策中に参拝してみました。
"より優しくマイルドに"リニューアル☆嵯峨・嵐山エリアの貴重なコーヒースタンド「SARUT COFFEE (サルーコーヒー)」

"より優しくマイルドに"リニューアル☆嵯峨・嵐山エリアの貴重なコーヒースタンド「SARUT COFFEE (サルーコーヒー)」

嵯峨・嵐山エリアでは貴重な自家焙煎珈琲のお店「SARUT COFFEE (サルーコーヒー)」さん☆コーヒー一本勝負を貫いて硬派なイメージのお店ですが、今回のリニューアルではより居心地よく過ごせる空間になりました☆
3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

3/7 嵯峨嵐山エリアにオープン「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」

新店オープンラッシュの右京区・嵯峨小学校エリア。3月にオープンした「Soup Dining Pan Boo(パンブー)」は、嵐嵯峨山では珍しいベジタブル・マクロビ料理が味わえるお店です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子