2016年5月19日 更新

地元野菜をふんだんに使ったランチビュッフェが人気!「流れ橋交流プラザ四季彩館 八幡家」

流れ橋から徒歩3分たらずにある「流れ橋交流プラザ四季彩館」。そこにあるランチビュッフェが、今日のお目当て。

 (34003)

八幡市にある「上津屋橋」(こうづやばし)、通称「流れ橋」が大修理され、この3月に再び渡れるようになったので見学にやってきた。

鉄筋コンクリートの橋脚は木製風に着色されて一応目立たないようにはしているが、以前よりは風情は相当スポイルされているかも?ですなぁ。が、こう毎年、毎年流されるのも「税金を川に流しているようなもの」なので、仕方が無いですな。。報道によると、今回の大修理にも3憶7千万円が投入されているようだ。

この橋を存続させる、という京都府の大決断に拍手を送りたい!と思いつつ、なんだかお腹が減ったので近所のランチ処に移動。
 (34004)

やってきたのが、タイトルにあるように「八幡屋」なるお店で、地元の野菜に拘った¥1600(+税)ランチビュッフェが人気。

地元の野菜をふんだんに

 (34005)

メニューの目玉はお願いしてから係の人がしゃぶしゃぶしてくれる豚しゃぶ。ガーリックが効いた鶏からあげ、牛筋と大根、こんにゃくの煮込み、棒棒鶏、ししゃもの南蛮漬け、ふくさ玉子(和風フリッタータ的な)に冷ややっこがタンパク質系。野菜類も結構品数あり、野菜のかきあげに、ひじきと大豆の煮もの、おからの炊いたんにカボチャの煮物、ポテトサラダに野菜サラダなどなど。

炭水化物系は更に多く、炒飯にカレーにクリームシチュー、マカロニグラタンに冷やしうどん、野菜のあんかけそばなどなど、ドリンク類も豊富なのだ。これは!というようなものは無いのだが、バランスよく健康的な組み合わせにできるのが嬉しい。
 (34006)

まずは私の1セット目。これと雑穀ごはん半膳。特にお気に入りは、ししゃもの南蛮漬けと唐揚げ。
 (34007)

嫁の一セット目。お気に入りはおからの炊いたんと、牛筋煮込み。2人とも結構気に入ってしまい、当然2皿目にチャレンジ!するのだ。

甘いものも充実のラインナップ

 (34008)

大満足で、甘いものも。かなり美味しかった珈琲(お代わりしました)と置いてあった全甘いもの。お勧めはトロトロプリン。ついマンゴーソースと、ベリーソースを掛けてしまいましたが、無しのほうがよいかな。

次々に小さなお子さん連れの家族客がやってきて、非常に人気でびっくりしました。激お得!というほどではありませんが、大食漢でもメニューは豊富なので納得。また休日のポタリングの際にやってきそうな予感です。(流れ橋が流れるようなことになったら、確実にきそうな予感。。。汗)

八幡家への口コミ

20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

"大人気"選べるメインに彩り豊かな前菜ビュッフェ「ルイジアナ・ママ」【八幡】

"大人気"選べるメインに彩り豊かな前菜ビュッフェ「ルイジアナ・ママ」【八幡】

松井山手エリアで人気のカジュアルイタリアンカフェ。平日でも常ににぎわうその訳は前菜の域を超えた パエリア、パン、デリがたっくさん!空腹で訪れないと損、京都郊外のカジュアルイタリアンカフェ番長★
高級ホテルで新鮮野菜をお腹いっぱい!美味しいメインも選べます「ザ・グリル(The Grill)」

高級ホテルで新鮮野菜をお腹いっぱい!美味しいメインも選べます「ザ・グリル(The Grill)」

七条にあるハイアットリージェンシーの「ザ・グリル(The Grill)」でランチ。新鮮野菜や前菜はビュッフェスタイルで好きなだけ、メインは選べて満足度の高いランチでした。
【京都ランチめぐり】石清水八幡宮門前のテレビや雑誌でも紹介される名店!名物鯖寿司は必食☆「朝日屋」

【京都ランチめぐり】石清水八幡宮門前のテレビや雑誌でも紹介される名店!名物鯖寿司は必食☆「朝日屋」

京阪八幡市駅前にある創業100年以上の老舗。名物メニュー・鯖寿司はたびたびテレビや雑誌でも紹介されるほど。ランチで利用しました。
【京都珍スポット】時代劇のロケ地の定番!木津川サイクルロード沿いの風光明媚な名橋☆「流れ橋」

【京都珍スポット】時代劇のロケ地の定番!木津川サイクルロード沿いの風光明媚な名橋☆「流れ橋」

木津川サイクルロード沿いにある木造橋。その原始的な構造から時代劇のロケ地としてもおなじみの橋。木津川にかかる橋の雄大な光景は多くの観光客を和ませる。
京都郊外のおすすめモーニング★ほっこり微睡む朝時間*かりんとう【男山】

京都郊外のおすすめモーニング★ほっこり微睡む朝時間*かりんとう【男山】

男山病院の前のカレーが売りの喫茶店。穏やかなマダムが作り出す安らぎの空気感とマイルドなコーヒーでほっこり朝時間。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。