2016年2月10日 更新

落柿舎前*景色が何よりのご馳走!「無動庵 Museum李朝 cafe&gallery」で奥嵯峨堪能【散策】

観光客で賑わう渡月橋周辺から少し足を伸ばすと、原風景が広がりのんびりとした空気が流れている奥嵯峨。

その奥嵯峨にギャラリー併設のカフェがあるのをご存知ですか。
目の前の落柿舎の美しい景色に目を奪われ、静かに流れる時間とともにゆっくりお茶を楽しむ…
たまには嵐山の喧騒から離れて、じっくり物思いにふけってみてはいかがでしょうか。

春と秋のみの季節営業

 (9571)

 (9572)

「無動庵」というギャラリーがあります。そこに併設されたカフェはオープンエア。春と秋のシーズンのみの営業なのですが、目の前落柿舎という、とっても贅沢な景色の前でお茶やアルコールがいただけます。
まるで1枚の大きな絵画を見ているかのよう。通り抜ける風が気持よく、何と贅沢なのだろうとうっとり。
 (9574)

 (9575)

 (9576)

紅葉が始まったらさぞ美しいだろうと思わせる素晴らしいお庭には、趣の違う席がいくつもあって、意外にキャパがあります。
シーズンなので観光客の往来が割にあり、落柿舎眺望席(笑)はちょい恥ずかしい感じありますが、この景色独り占めのような優越感がたまりません♡

ギャラリーや器の展示も楽しめます

 (9579)

 (9580)

店内には器などの展示もあり、景色以外にも存分に楽しめます。ミュージアムでは展示もされていますが、別に入館料1,000円が必要です。
 (9582)

抜群のロケーションでいただくカフェメニュー

 (9584)

メニューはソフトドリンクと和菓子、ケーキの他、少しビールもありますが、今回はケーキセットで紅茶を選択。
 (9586)

ほぼ1杯分しかありませんがポットサービスで、しかもクリスタルなポットなのが雰囲気あっていいです。
ケーキは割に大きめカットで食べごたえありました。他に抹茶でいただく和菓子セットもあります。
どちらも1,000円とお値段高めですが、このロケーションに雰囲気なら惜しくない気がします。
 (9588)

時にはこうして通り過ぎていく人力車を眺めながら、穏やかな時間を過ごすのも悪くありませんね。
この秋は12月初旬まで営業予定との事。紅葉が始まるハイシーズンになると混みあうかもしれませんが、渡月橋らへんでは味わえない、ゆったりとした空気や時間に癒されてくださいね。

無動庵 Museum李朝 cafe&gallery への口コミ

無動庵 Museum李朝 cafe&gallery 基本情報

住所
京都市右京区嵯峨小倉山堂ノ前町20-4
アクセス
JR嵯峨野線 嵯峨嵐山駅 徒歩約20分
トロッコ嵐山駅 徒歩約10分
電話番号
075-882-2525
営業期間
春と秋のみ(2015年秋は12月初旬まで営業予定)
営業時間
11:30頃~16:30頃
定休日
月曜日(祝日の際は営業、翌火曜日休み)
24 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス