2017年6月10日 更新

【京の花寺】京都きってのあじさいの名所!唯一ライトアップも楽しめるお寺☆「三室戸寺」【宇治】

通称「あじさい寺」とも呼ばれ、京都イチあじさいの名所。今年も6月1日からあじさい園が開園。ライトアップも10~25日の土日の19時~21時までの期間で行われます。

西国観音霊場10番の札所である三室戸寺

 (36442)

宇治市、京阪三室戸駅から東へ。緑豊かな山沿いにあります。なので、石段がけっこう息切れするくらいあります(笑)
 (36448)

 (36450)

本堂前の『蓮(ハス)園』。
夏には250鉢の色とりどりの蓮(はす)が咲き、その光景は極楽浄土のような。
大賀ハス、古代バスなど100種ほどあります。そして、こちらは「あじさい寺」とも言われていますが、「ハスの寺」とも言われています。

広大な敷地で色とりどりに乱れ咲くあじさい園

■拝観

日時:
6月1日(木)~7月9日(日) 8時30分~16時(16時30分閉門)(あじさい園)
料金:
大人500円・小中生300円

■あじさい園ライトアップ

日時:
6月10日(土)~25日(日)の土・日曜 19時~20時30分(21時閉門)
料金:
大人500円・小中生300円
 (36444)

こちらは以前昼間に行ったときの様子になります。
 (36445)

あじさい園」には50種・10000株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、幻の紫陽花・七段花等、バリエーション豊かに咲き乱れています。
 (36446)

あじさい寺として有名ですが、もう終了しましたがつつじ園もその美しさに定評があり、さらに秋には紅葉の名所でもあり。まさに「京の花寺」と呼ばれるにふさわしく、四季折々でいろんな花を楽しませてくれるお寺。

今年も徐々に、三室戸寺は薄紫色に染まり始めていますよ。

ヨ~イヤサ~♪

三室戸寺 への口コミ

三室戸寺 基本情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都夏の花】嵯峨嵐山の名所・世界遺産天龍寺の境内に咲くちょうど見頃の花々を集めてみました!

【京都夏の花】嵯峨嵐山の名所・世界遺産天龍寺の境内に咲くちょうど見頃の花々を集めてみました!

嵐山エリアにある天龍寺。早朝座禅会に参加したあと、境内を散策。ちょうど今が見頃の花々も。そんな様子をお届けします。
【京都の花】毎年恒例の入場無料一般公開!藤やつつじが咲き乱れ!!「京都市上下水道局」

【京都の花】毎年恒例の入場無料一般公開!藤やつつじが咲き乱れ!!「京都市上下水道局」

毎年、京都市上下水道局が主催する春の人気イベント。鳥羽水環境保全センターでは圧巻の藤棚、蹴上浄水場では4600本のつつじが咲き誇り、来場者を楽しませます。
京都穴場寺めぐり!白砂壇の砂絵は名残の桜!!新緑の息吹を感じる☆「法然院」【京都鹿ケ谷】

京都穴場寺めぐり!白砂壇の砂絵は名残の桜!!新緑の息吹を感じる☆「法然院」【京都鹿ケ谷】

しばらくご無沙汰だった鹿ヶ谷・法然院。京都のお寺の中では穴場的存在。ひっそりと参拝客も比較的少なく、より自然を感じる癒やし空間。久々に行ってみました。
京都にいながら中国観光旅行気分!独特な中国建築様式寺院☆「黄檗山萬福寺(おうばくさんまんぷくじ)」【京都宇治】

京都にいながら中国観光旅行気分!独特な中国建築様式寺院☆「黄檗山萬福寺(おうばくさんまんぷくじ)」【京都宇治】

中国建築様式で、京都ではちょっと珍しい趣きのお寺。臨済宗、曹洞宗とならび三禅宗の一つ、黄檗宗の総本山。拝観料が無料になる毎月8日に行われる手づくり市・ほていまつりに参加しつつ、境内を散策。
毎月8日は拝観も無料になる縁日手づくり市!中国寺院の風情ただよう☆黄檗萬福寺「ほていまつり」【京都宇治市】

毎月8日は拝観も無料になる縁日手づくり市!中国寺院の風情ただよう☆黄檗萬福寺「ほていまつり」【京都宇治市】

中国建築様式で、京都ではちょっと珍しい趣きのお寺。臨済宗、曹洞宗につぐ禅宗の一つ、黄檗宗の総本山。毎月8日に行われる手づくり市・ほていまつりでは拝観料無料で境内の市が楽しめると知り、行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな