2017年1月23日 更新

30センチ超の特大牛かつ!京都水族館すぐの老舗「麒麟亭(きりんてい)」

大正時代創業の「麒麟亭(きりんてい)」で名物のわらじビーフカツを頂いてきました!京都水族館や梅小路公園に来たら寄ってほしいお店です。

大正時代創業の老舗すき焼き店

 (69798)

七条大宮の交差点、梅小路公園や京都水族館からのすぐの「麒麟亭」です。一見何屋さんかわからないのですが、実は大正時代から続くすき焼きの名店なのです。
店構えからして雰囲気ありすぎですよね( *´艸`)

麒麟亭では、産地ではなく和牛の血統に重視し最高のお肉を仕入さるこだわりです。
 (69800)

ほんとにお店の前に来ても何屋さんか、なかなかわかりませんが、ただ美味しいお店に違いないことだけは雰囲気から伝わってきます(笑)
紺の暖簾が渋さを並々と感じます!

店内も雰囲気のある渋い空間なのですが、撮影禁止なのでお料理のお写真だけお届けします。(お料理の撮影はOK)
コの字のカウンター席とテーブル席が複数といった構成です。

外観からも雰囲気の良さを感じてもらえると思います!(^^)!

ランチはお手軽メニューが多数あり!

 (69799)

ランチのメニューはこちらです!
高そうなイメージでしたが、1,000円以下のメニューも複数ありますよ。

このメニューとは別に名物のわらじビーフカツもあります^^

夜は要予約ですき焼きとしゃぶしゃぶオンリーになっています。

名物は30センチオーバーのビーフカツ!

 (69802)

じゃじゃーん!と奮発して、今回は名物のわらびビーフカツ(2100円)にしちゃいました!
30センチは超えそうなビーフカツです。お盆からもはみ出しそう(笑)

定食なのでご飯、お野菜、味噌汁、お漬物がついてきます。ちなみにハーフサイズもあります。
 (69803)

どうです、どうです?めっちゃ美味しいそうでしょ?
最近流行りのレア牛かつも美味しいのですが、昔ながらの牛かつもいいですね^^
それにしてもこのボリューム!最高です!大葉がのっているのもまた渋めポイント高いですねー
 (69805)

4切れほど立ててあったので、それら横に並べてみた写真です^^
すべて横にすると見事お皿からはみ出してしまったので、1切れ食べちゃいました(笑)
 (69811)

ほどよい酸味のこのソースが美味しく、アクセントにはカラシを。
衣はサクサク、お肉も柔らかく美味しいです!ボリュームがありすぎるので、食べ終わるまで少し時間がかかってしまいます。でも最後も美味しく食べられるのは、お肉の質の良さと揚げの技術の高さの賜物です。

老舗のこだわりと技術の高さを堪能できるお店です。人気の京都水族館や梅小路公園もすぐなのでランチにいかがでしょうか^^

麒麟亭(きりんてい)クチコミ情報

今週は久々の麒麟亭で久々の牛鍋ランチしたw #牛鍋

Kenshiro Konishiさん(@kon.kenshiro)が投稿した写真 -

麒麟亭(きりんてい)店舗情報

店名:麒麟亭(きりんてい)
住所:京都市下京区大宮通七条下ル御器屋町70-1
電話番号:不定休
営業時間:11:30~14:00 / 17:00~20:00
定休日:不定休
店舗HP: http://www.kirin-tei.com/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

昭和レトロな雰囲気で頂く絶品ソースカツ丼は650円!路地裏の老舗!「とんかつ一番」

昭和レトロな雰囲気で頂く絶品ソースカツ丼は650円!路地裏の老舗!「とんかつ一番」

賑わいをみせる梅小路公園から徒歩圏内の老舗とんかつ店「とんかつ一番」
絶妙なバランスのうまい京都ラーメン!梅小路公園近くの「ラーメン専門店ゆう」

絶妙なバランスのうまい京都ラーメン!梅小路公園近くの「ラーメン専門店ゆう」

水族館や鉄道博物館でにぎわいをみせる梅小路公園近くにある「ラーメン専門店ゆう」さんです。豚骨醤油の美味しい京都ラーメンが頂けるお店です。
日替わりで色んな飲食店が腕をふるう「キッチンNagomi」@七条大宮の巻っす。

日替わりで色んな飲食店が腕をふるう「キッチンNagomi」@七条大宮の巻っす。

昨年までランチが人気の梅小路の「キッチンNagomi」さんでしたが、今年から業態変更して曜日ごとにいろんな飲食が入ってランチを提供したり、イベントが企画されているようです。
【京都中央卸売市場スグ】驚きのクオリティとコスパの海鮮ランチ!とくにトロは間違いない!!「魚問屋ととや」

【京都中央卸売市場スグ】驚きのクオリティとコスパの海鮮ランチ!とくにトロは間違いない!!「魚問屋ととや」

京都中央卸売市場スグ。いろんな友人からいい!いい!とウワサには聞いてた寿司、海鮮料理のお店。ちょうどランチ時に通りかかり、行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミート姫 ミート姫