2016年11月15日 更新

紅葉の「金閣寺」は別格の美しさ!一度は訪れたい日本を代表する観光スポット!

日本を代表する観光スポット「金閣寺」。四季折々、それぞれの表情が楽しめますが、紅葉の金閣寺は別格の美しさです。

色付き始めた金閣寺

 (62178)

紅葉の金閣寺にやってきました。正式には鹿苑寺(ろくおんじ)といいます。
鎌倉時代に藤原公経(西園寺公経)が、この場所に西園寺を建立し、その後足利義満が譲り受け、北山殿と呼ばれる大規模な邸宅を造営したのが始まりとされています。
 (62194)

義満の死後、遺言により北山殿は金閣を残して解体され禅寺となりました。
その後、義満の法名より鹿苑寺と名付けられたと言われています。

平成6年(1999年)に世界遺産に登録され、京都の域を超え日本を代表する観光スポットです。

こちらの総門をくぐり受付に進んでください。
 (62343)

拝観料は、大人400円、小中学生300円になっています。
パンフレットとお札を頂けます。

一度は訪れたい秋の金閣寺

 (62183)

少し色付き始めてきた金閣寺。鏡湖池の名の通り、木々がしっかりと鏡のようにうつっています。
平日の終了時間近くにも関わらず、国内外から多くの方がこの日もお越しなられていました。
 (62182)

見事な舎利殿と木々の水面反射です。あまりにも有名な絵ですね。

金閣寺のシンボルと言えば、この舎利殿。教科書などもこの風景が紹介されているため、この建物自体が金閣寺と思っているかも多いと思います。
舎利殿とは、お釈迦さんのお骨を祀る建物なんです。
 (62179)

紅葉と金閣寺のシンボルである舎利殿との共演はため息をつくほどの美しさ。シャッターを押す指がとまりません。
 (62184)

舎利殿をバックに色付いたもみじを。
 (62188)

緑、黄、赤のグラデーションが楽しめます。見頃はもう少し先ですが、今は今の美しさがありますね。
 (62189)

こちら龍門滝から夕佳亭へ続く高台での一枚。木々に囲まれた舎利殿もまた美しい。

金閣寺には見どころたくさん!

 (62310)

陸舟の松と言われ、足利義満が愛した盆栽を映し、舟の形に仕立てた松です。樹齢は600年とも言われています。
 (62185)

茅葺屋根の建物はお守り売場になっています。ぜひ立ち寄って帰ってくださいね。
 (62186)

金閣寺の裏山にある龍門滝と鯉魚石。中国の鯉が滝をのぼると龍になるという故事に由来しています。滝に打たれている石が鯉をイメージした鯉魚石です。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【雪の京都】一生に一度は拝みたい「雪化粧の金閣寺」雪の京都は別格の美しさ!

【雪の京都】一生に一度は拝みたい「雪化粧の金閣寺」雪の京都は別格の美しさ!

雪の京都は別格の美しさでしたが、その中でも「雪化粧の京都」を象徴する金閣寺(鹿苑寺)の様子をお伝えします。
【京都北野】京の名水パワースポットめぐり!桜の名所は名水の名所でもあり☆「平野神社」

【京都北野】京の名水パワースポットめぐり!桜の名所は名水の名所でもあり☆「平野神社」

久々の名水シリーズ復活です(笑)桜の名所として名高い神社。それに負けず劣らず名水スポットでもあり。
【京都大徳寺】赤い宇宙が間もなく完成します!やっぱり人気の絶景紅葉スポット☆「高桐院」

【京都大徳寺】赤い宇宙が間もなく完成します!やっぱり人気の絶景紅葉スポット☆「高桐院」

まあこの時期、人が写り込まないシャッターチャンスなんてありえません(笑)ましてや、ここは絶景紅葉スポットとして名高い高桐院ですから。で、赤じゅうたんチェックに行ってきました。
【京都御室】紅葉はまさに最高潮!広大な敷地に圧巻の世界遺産・仁和寺

【京都御室】紅葉はまさに最高潮!広大な敷地に圧巻の世界遺産・仁和寺

見事の一言に尽きる紅葉。世界遺産・仁和寺。広大な敷地を彩る紅葉。雲一つない秋晴れに、歴史的建造物と紅葉がよく映えます。
【最新】タイムリーな京都紅葉情報!世界遺産・糺の森の紅葉待ち遠しい☆「下鴨神社」

【最新】タイムリーな京都紅葉情報!世界遺産・糺の森の紅葉待ち遠しい☆「下鴨神社」

一番タイムリーな京都紅葉情報はここにあり。今回は11月7日時点の世界遺産・下鴨神社の様子をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし