2016年11月7日 更新

京都駅直結で便利に!優良・高齢ドライバーはココで免許更新が可能に!「京都駅前免許更新センター」

七条警察跡に「京都駅前免許更新センター」ができ、運用が開始されました。一部の方にとってはとても便利になりました。

京都駅直結で便利に

 (61412)

京都駅前、京都ヨドバシの隣に京都駅前運転免許更新センターの運用が開始されました。
こちらでは、主に優良運転者や高齢運転者の免許更新が可能になります。また免許証の再交付の申請なども行えます。
 (61414)

伏見区の羽束師にある免許試験場は、京阪・阪急・地下鉄のいずれの路線からバスの利用が必須で、アクセスが悪いと不評だったので、一部のドライバーにとってはとても便利になります。

「京都駅前免許更新センター」は、なんと京都駅から直結で地下でつながっています。こちらがその地下通路です。
京都駅からだと、ヨドバシや東本願寺方向に進んでくださいね。
 (61413)

建物自体は地下1階地上5階の結構な大きさで、ご覧の通り奥行きもあります。
免許更新センター以外に、派出所やベトナム料理店、ホテルが入った複合ビルになっています。

優良・高齢ドライバーの免許更新が可能に

 (61415)

運転免許更新センターは一階の一番奥のスペースです。
平日はもちろん日曜日も免許更新を行うことができます。
 (61416)

優良ドライバーは、8時30分~10時30分 / 13時00分~15時00分、

70歳以上の高齢運転者は、10時00分~11時30分 / 14時30分~16時00分、

二部構成での受付時間になっていますので、気をつけてください。
 (61417)

運転免許センターの地図です。
1階が受付など地下1階が講習会場になっています。

免許証の再交付や、国外免許証の交付などの手続きもこちらで行うことができます。

一部の方、一部の手続きだけですが、交通の便が悪い羽束師ではなく、ここで行うことができて助かる方も増えるでしょうね。

京都駅前運転免許更新センター クチコミ情報

京都駅前運転免許更新センター 基本情報

名称:京都駅前運転免許更新センター
問い合わせ先::075-631-5181
休業日:土曜日、祝祭日、年末12月29日から年始1月3日
業務内容:
・優良運転者の免許更新
・70歳以上の高齢運転者の免許更新
・国外運転免許証の交付
・免許証の記載事項変更
・申請による免許の取消
・運転経歴証明書の交付
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

毎月3日間限定販売!京都を代表する銘菓☆江戸時代から続く一子相伝の味「笹屋伊織(ささやいおり)」

毎月3日間限定販売!京都を代表する銘菓☆江戸時代から続く一子相伝の味「笹屋伊織(ささやいおり)」

毎月、20日、21日、22日の3日間だけ販売される笹屋伊織のどら焼。JR京都伊勢丹のお店で販売されていたので購入しました。
120年続く京都を代表する老舗洋食店!「キャピタル東洋亭 ポルタ店」

120年続く京都を代表する老舗洋食店!「キャピタル東洋亭 ポルタ店」

北山が本店、120年続く老舗洋食店「キャピタル東洋亭」。今回はポルタ店で、名物のハンバーグステーキと丸ごとトマトサラダを頂いてきました!
【京都駅ビル】全国各地のご当地ラーメンが食べられる拉麺小路で伝説の味噌ラーメン!「白樺山荘」

【京都駅ビル】全国各地のご当地ラーメンが食べられる拉麺小路で伝説の味噌ラーメン!「白樺山荘」

全国的にみても、ラーメン激戦地の京都。でも、ご当地色の強いラーメン店て意外とありませんが、ここへ来れば北は札幌から南は博多まで。全国のあんなラーメン、こんなラーメンが楽しめるラーメンテーマパーク。そこで、昨年7月オープンした札幌ラーメンの名店の味を楽しんできました。
VD直前のパリ発チョコレートの祭典!☆有名ショコラティエも続々登場「サロン・デュ・ショコラ」【ジェイアール京都伊勢丹】

VD直前のパリ発チョコレートの祭典!☆有名ショコラティエも続々登場「サロン・デュ・ショコラ」【ジェイアール京都伊勢丹】

毎年この時期恒例のジェイアール京都伊勢丹で開催されるパリ発チョコレートの祭典。今年は京都伊勢丹が開店して20周年。それを記念して、京都の素材を使用したものや、伝統を掛け合わせた商品が目白押し。
炭火で焼いたとろけるような豊後牛とワインがリーズナブルに楽しめる「 炭火とワイン」がニューオープン!!

炭火で焼いたとろけるような豊後牛とワインがリーズナブルに楽しめる「 炭火とワイン」がニューオープン!!

最近、京都駅前が熱いんですよ~!!今年の1月3日にオープンした「 炭火とワイン」 オープンしたばかりなのにも関わらず、たくさんのお客様で賑わっていると聞いて早速行ってまいりました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし