2017年1月24日 更新

京都老舗料亭・和久傳の味をビュッフェスタイルで気軽に!白川を望む滋味あふれる朝食!!「丹 tan」【東山三条】

京都有名老舗料理店和久傳の味を楽しめる和食処。カジュアルに友人の家で楽しむような食事がコンセプト。朝、昼、夜とそれぞれのシーンにあったメニューを展開されてるようです。今回は朝食をいただきました。

白川柳の並木沿いの風情ある佇まい

 (69880)

新年迎えて初の朝食めぐりは予約して。

東山三条下がる、柳の並木が絵になる白川沿い。昨年オープンした京料理・和久傳出身のご主人が営む食事処。
 (69874)

ちゃんと確認しなかったんですが、和久傳直営でもないのかな??HPには掲載されてないので。

料亭和久傳はもともと丹後峰山で創業明治3年旅館を営み、その後昭和57年に高台寺で京料理店をスタート。ちょっと合点がいきました。昔から高台寺にあったお店というイメージじゃなかったので。
 (69875)

そして、この店名。
こちらは和久傳のふるさと、京丹後にちなんで。食材も和久傳同様丹後産のもの中心。
 (69879)

この日の朝食メニュー。
 (69903)

店内に入ると、中央に大きなダイニングテーブル。すでに先に来ている客と同席で、何やら皆テーブルに乗ってる料理を自分で取り分けている様子。ビュッフェスタイルのようです。初めてでシステムわからず(笑)

こんなふうに、ダイニングテーブルすぐ奥にキッチン。友人の家って感覚がホントぴったりかも。
 (69877)

で、少し落ち着いたころに鰹出汁と梅干。鰹の濃いお出汁が冷えた身体を覚醒してくれます。

各々で取り分けるビュッフェスタイル

 (69878)

こんなふうに料理が並んでます。

たたきごぼうと黒人参の胡麻和え、日野菜とアサリの時雨煮、たくあんと柴漬け
 (69881)

そして、蒸したてで湯気を上げる丹後の野菜たち。
 (69885)

卓上にはもろみ味噌、オリーブオイル、塩、醤油。蒸し野菜の味付けに。
 (69888)

タマネギ、ちりめん白菜、日野菜、ブロッコリーにもろみを合わせたり。
 (69891)

そして、味変でオススメされたオリーブオイルと塩でも。これ、白菜に浸して食べましたが、なかなかよかったです。とにかく、野菜の味が濃い。
 (69882)

テーブル中央には粕汁。具なしの状態。
 (69883)

この織部の器の中に小カブが。これを粕汁の具に。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

映画『本能寺ホテル』の出演者も訪れた老舗和菓子店!名物光秀饅頭は必食!!「餅寅」【東山三条】

映画『本能寺ホテル』の出演者も訪れた老舗和菓子店!名物光秀饅頭は必食!!「餅寅」【東山三条】

映画『本能寺ホテル』が絶賛公開中。そのゆかりの地がいろいろある京都ですが、こちらもその一つと言えるかもしれません。明智光秀にちなんだお饅頭もある和菓子店。そして、すぐ近くには光秀も首塚もあり。
【新店】祗園に4月オープン!あの京料理の名店・草喰なかひがし流の京都の朝食店☆「喜心(きしん)」

【新店】祗園に4月オープン!あの京料理の名店・草喰なかひがし流の京都の朝食店☆「喜心(きしん)」

今年4月1日にオープン。常に満席で予約至難の京料理の名店・草喰なかひがしの息子さんが手がける朝食店。なかひがし流の朝食をいただきに行ってきました。
【京都建仁寺】京の有名料亭がズラリ!3月5日開催イベント!!わたしたち日本人の食文化を知る「京都・和食の祭典2017」

【京都建仁寺】京の有名料亭がズラリ!3月5日開催イベント!!わたしたち日本人の食文化を知る「京都・和食の祭典2017」

京都に脈々と伝わる和食文化。その源流となる京料理から地域の郷土料理まで日本の伝統的食文化を学び、味わい体験できるイベント。
【京都錦市場スグ】一度は行ってみたい贅沢な朝食!老舗の風情漂う京懐石料理「近又」

【京都錦市場スグ】一度は行ってみたい贅沢な朝食!老舗の風情漂う京懐石料理「近又」

京の台所を支える錦市場間近。創業は1801年。国の登録有形文化財にも登録される京町家。そんな老舗の伝統的な朝食を頂いてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな