2017年2月25日 更新

創業60年の京都レトロ洋菓子店!昭和スイーツの素朴な味わい☆「欧風堂」【烏丸丸太町】

たまたま古い建物を探していて見つけた洋菓子店。店の佇まいからもレトロ感がただよう創業60年のお店。素朴な洋菓子に昭和世代なら大歓喜すること間違いなし。

烏丸丸太町駅からスグ

 (72983)

京都には古い建物が点在していて、それを探し歩くのも楽しかったり。神社仏閣や京町家など和モノ建築は言うまでもなく充実してるんですが、洋モノ建築もけっこういろいろあり。

そんな中、こちらを発見。烏丸丸太町スグ。じつは初訪問(笑)
 (72984)

明治、大正の重々しい建築もありますが、昭和ですね。でも、最近では昭和建築もだんだん消えつつある中、ふと足を止めてしまう魅力的な建物。創業60年の洋菓子店。「洋菓子」という響きもどこか懐かしい。
 (72995)

ランプやラッパの看板に、ちょっとメルヘンチックな雰囲気を感じたり。そう、昔の洋菓子店はメルヘンチックでした。夢を与える食べ物的な。
 (72985)

多少予習していって、ワッフルが人気みたいですが、こちらもイチオシみたいです。バームクーヘン。熟練の技を要し、手焼きで手間のかかる逸品のようで、他府県からもここのバームクーヘンを買いに来る方もいるんだとか。
 (72987)

店内。中央のショーケース。
 (72994)

ワッフルも有名みたいです。ワッフルというと、平成世代にはベルギー系の網目状がデフォかもしれませんが、昭和ワッフルはこうです(笑)ほか、ロールケーキも。あぁ、ビジュアルからして優しい洋菓子。こんなにほっこりするのはなぜだろう。あ、自分がどっぷり昭和世代だからか。
 (72986)

バームクーヘン、デカイのしかないのか?と思ったら、切り分けたやつやら小さい小袋タイプまで。京老舗「柳桜園」の抹茶使用のバームクーヘンもあり。
 (72989)

クッキーなど焼き菓子系もいろいろ
 (72992)

そして、このサブレファンも多いみたいです。

奥ゆかしい昭和の味

 (72996)

で、買ってみました。
ケーキ類苦手な方ですが、バームクーヘンは大好物。なので、1本焼きを切り分けたタイプ。700円ほど。
 (72993)

サブレも。1枚76円。
 (72997)

で、食べてみました。
 (72998)

しっとり。そして、卵たっぷりで、甘さ控えめ。とても素朴で優しく、奥ゆかしい美味しさ。まさに昭和味。
バームクーヘンというと、滋賀や北海道の有名店のがありますが。全面に押し出すリッチ感がありますね。あちらは。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の紅茶専門店パイオニア!創業1930年の老舗ティーハウスは京都人の憩いの場☆「リプトン 三条本店」

京都の紅茶専門店パイオニア!創業1930年の老舗ティーハウスは京都人の憩いの場☆「リプトン 三条本店」

ここを知らない京都人はいないくらい、もう当たり前のように昔から存在するお店。紅茶専門店でありながら、ケーキやパフェ等のスイーツ類から、レストランかと思う洋食メニューも充実。使い勝手よく、昔も今も絶大な人気のお店。
アレンジの妙を感じる美味しいケーキ!ジミーにカフェやったはります「マルク・パージュ」

アレンジの妙を感じる美味しいケーキ!ジミーにカフェやったはります「マルク・パージュ」

丸太町釜座通り下がって竹屋町通すぎたあたりに暖簾だけかかっている町家のケーキ店「マルク・パージュ」です。
【京都錦市場】テイクアウト用でおなじみ京都人御用達の老舗うどん店!年越しそばも破格「冨美家(ふみや)」

【京都錦市場】テイクアウト用でおなじみ京都人御用達の老舗うどん店!年越しそばも破格「冨美家(ふみや)」

もう地元民にとってはおなじみ中のおなじみ。家庭用テイクアウトのうどんセットは百貨店やスーパーでもド定番。年末には人気の年越しそば用のにしんそばも。今回はリーズナブルなお値段なお店で食べてきました。
正真正銘焼たてホッカホカの大文字焼!冬でもアイスもある!!昭和レトロな「銀閣寺キャンディー店」【京都銀閣寺】

正真正銘焼たてホッカホカの大文字焼!冬でもアイスもある!!昭和レトロな「銀閣寺キャンディー店」【京都銀閣寺】

銀閣寺界隈にある昭和レトロな佇まいのアイスキャンディーで有名なお店。寒い日の京都散策の途中のおやつ代わりに、ホッカホカの大文字焼を食べてきました。
京都先斗町の路地奥にある驚愕のレトロ洋食バー!メニュー表記必見!!大正創業の老舗の味☆「一養軒」

京都先斗町の路地奥にある驚愕のレトロ洋食バー!メニュー表記必見!!大正創業の老舗の味☆「一養軒」

もう大発見です。嬉しさのあまり、小躍りしたくなるほど(笑)たまたま通りかかり、見るからにレトロで強烈なオーラを放つ店。創業大正の洋食バー。そして、そこは完全に時が止まったかのような他にはない老舗の雰囲気が。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな