2016年12月27日 更新

【京都オタク的散策術】レトロな町名看板を探しながら京都の町をぶらり☆

古い町並みが残る京都。それを眺めながら町散策するのもまた楽しみの一つ。今回は、スタンプラリー感覚でレトロな町名看板を探しながら、街中をいろいろ巡ってみました。

休日の町をぶらり散策

 (67116)

松原商店街。いい天気の休日。
 (67115)

ぶらぶら歩いていて、ふと見ると町名看板が。レトロで懐かしい仁丹マークのホーロー製の町名看板が。

少し前にSNSでも話題になってたんで、他にもどんなのがあるか散策することに。
 (67117)

読めないくらいスゴイ古いです。藤井大丸のこのロゴ、久々に見ました(笑)昔はこのロゴ入った紙袋でしたよね。今でも使ってるのかな?
 (67109)

アリナミンのも。新しいところではライオンズクラブがいっぱいありました。

これ、正式には町名板、住居番号表示板と言って、合わせて「住居表示プレート」というそうです。京都市ではこんな「スポンサー付きホーロー板」をよく見かけます。広告兼用で、各企業から寄贈されたものらしいです。
 (67110)

ていうか、こんな旧漢字初めて見ました(笑)
 (67111)

あるある!八瀬のかまぶろ温泉(笑)今度行ってみよかな。
 (67112)

森下仁丹のものは明治43(1910)年から全国の都市に設置。
 (67113)

町名の表示がないため、来訪者や郵便配達人が家を捜すのに苦労しているという当時の人々の悩みに応え、 1910年(明治43年)からは、大礼服マークの入った町名看板を。当初、大阪、東京、京都、名古屋といった都市からスタートした町名看板はやがて、日本全国津々浦々にまで広がり、今日でも戦災に焼け残った街角では、昔ながらの仁丹町名看板を見ることができるという。
 (67114)

京都は大規模な空襲がなかったから、残ってるところ多いんでしょうね。でも、最近これの盗難も多いんだとか。ひどい話。

古い町並みの風情たっふりな小道具的町名看板。これからもずっと大切に現役で残していきたいですね。町全体が博物館みたいで、散策もまた楽しいですね。

町名看板 へのツイート

12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都廃線跡めぐり!旧東海道線の遺構!!急勾配の引き上げ線トンネル跡「大塚信号所」【京都山科】

京都廃線跡めぐり!旧東海道線の遺構!!急勾配の引き上げ線トンネル跡「大塚信号所」【京都山科】

以前、京都から始まった日本高速道路の歴史紹介の時に併せて掲載していた「旧東海道線山科駅跡」。その先、大津へと続く旧東海道線の遺構が垣間見れる場所。
【ニューオープン】今話題沸騰中!京都三条烏丸の大正ロマンレトロパブ!!珍しいオールドボトルがズラリ☆「お酒の美術館」

【ニューオープン】今話題沸騰中!京都三条烏丸の大正ロマンレトロパブ!!珍しいオールドボトルがズラリ☆「お酒の美術館」

ようやく初訪問。2月にオープンして、呑兵衛の方々の間で話題沸騰中のお店。大正建築の珍しい木造洋館も必見。レトロな雰囲気と珍しいオールドボトルぞろいにうっとり。
【保存版】京都オタク的ぶらり!マニアックな京都散策で贅肉知らず!!【厳選4コース】

【保存版】京都オタク的ぶらり!マニアックな京都散策で贅肉知らず!!【厳選4コース】

そろそろ年末年始の飲み過ぎ食べ過ぎでたまった贅肉が気になる時期(笑)年明けは晴天にも恵まれ、日頃の運動不足解消にウォーキングにももってこい。普段の観光スポットでは満足できない方にオススメのコースをまとめました。
【保存版】京都オススメの素敵すぎる教会めぐり☆クリスマス直前イベント目白押し!

【保存版】京都オススメの素敵すぎる教会めぐり☆クリスマス直前イベント目白押し!

バリバリの仏教徒で、でもクリスマスにはツリー飾ってケーキも食べる日本人ですが何か?(笑)最近では異教徒であっても敷居高くない様子。そろそろクリスマスシーズン。教会ではさまざまなイベントが予定されています。そこで、今回は京都の中でも特に歴史的建築様式のステキな教会をめぐりました。
廃墟・廃線マニア必見!わずか9年で廃止になった幻の赤い蒸気機関車☆「大仏鉄道」【京都木津川】

廃墟・廃線マニア必見!わずか9年で廃止になった幻の赤い蒸気機関車☆「大仏鉄道」【京都木津川】

廃墟・廃線マニア必見です。かつて、京都と奈良・大仏を結ぶわずか1.2kmの鉄道があったことを物語る遺構があると聞き、当時の面影を求めて探検気分で行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers