2016年12月17日 更新

正真正銘焼たてホッカホカの大文字焼!冬でもアイスもある!!昭和レトロな「銀閣寺キャンディー店」【京都銀閣寺】

銀閣寺界隈にある昭和レトロな佇まいのアイスキャンディーで有名なお店。寒い日の京都散策の途中のおやつ代わりに、ホッカホカの大文字焼を食べてきました。

冬には冬の楽しみが・・・

 (65850)

創業昭和23年。町の駄菓子屋的風情の店構え。昭和生まれの人にはほっこりと落ち着く雰囲気(笑)この界隈のランドマーク的お店。
 (65851)

こちらの自慢の手づくりアイスキャンディーは通年楽しめる看板商品。
そして、衝撃の昭和価格のパインジューズも有名。

銀閣寺 昔から変わらない懐かしい昭和テイスト☆「銀閣寺キャンデー店」【スイーツ】【テイクアウト】 - Kyotopi [キョウトピ] 京都がもっと”好き”になる。

銀閣寺 昔から変わらない懐かしい昭和テイスト☆「銀閣寺キャンデー店」【スイーツ】【テイクアウト】 - Kyotopi [キョウトピ] 京都がもっと”好き”になる。
詳細につきましては、こちらも御覧ください。
 (65852)

この糞寒い日にアイスかよ!と早合点の方、温かいものがありますよ(笑)
こんな回転焼き。こちらでは大文字焼と呼びます。「大文字焼」というと、「山焼き違うえ!送り火やで」と京都人からすぐさま総ツッコミ食らいそうですが(笑)こちらは正真正銘の大文字焼。
 (65857)

地域によっても回転焼きと言ったり、太鼓饅頭、今川焼きなど。呼び名はさまざまですが。
 (65853)

で、手がかじかむ寒さの日でしたが、店先でホッカホカの大文字焼をいただくことに。温かいです。
 (65854)

で、ガブリとかぶりつくと湯気の中からアンコ。あぁ~ほっこり。で、ちょっと香ばしいんですよこれが。
 (65855)

外側の生地に黒ゴマが入ってるんですよね。それが香ばしさを演出。大文字焼ならでは。
 (65856)

大文字山を臨みながら、さらにパクパクと完食。
銀閣寺界隈で手軽におやつタイムなら、こんな温かいスイーツを散策がてらパクつくのもいいですね。

銀閣寺キャンディー店 へのツイート

詳細情報

名称
銀閣寺キャンデー店
住所
京都府京都市左京区浄土寺東田町56
電話番号
075-771-5349
営業時間
[月・水~金]11:00~19:00 [土]11:00~22:00 [日]13:00~22:00
定休日
火曜と第2日曜・月曜
関連
http://aquadina.com/kyoto/spot/711/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

以前お花見の時に友人が持参してて、なんてカワイイ花見だんご!さすが祗園!!と皆絶賛。創業300年の老舗京菓子店で、名物くずきりでおなじみ。今回は季節限定の三色だんごです。
創業60年の京都レトロ洋菓子店!昭和スイーツの素朴な味わい☆「欧風堂」【烏丸丸太町】

創業60年の京都レトロ洋菓子店!昭和スイーツの素朴な味わい☆「欧風堂」【烏丸丸太町】

たまたま古い建物を探していて見つけた洋菓子店。店の佇まいからもレトロ感がただよう創業60年のお店。素朴な洋菓子に昭和世代なら大歓喜すること間違いなし。
みたらし団子発祥の地はここ京都!世界遺産・下鴨神社の門前甘味処「加茂みたらし茶屋」【京都下鴨】

みたらし団子発祥の地はここ京都!世界遺産・下鴨神社の門前甘味処「加茂みたらし茶屋」【京都下鴨】

みたらし団子ファンには聖地のような場所。世界遺産・下鴨神社のすぐそばにある門前茶屋。そして、みたらし団子発祥がこちら。
夏らしい手土産を求めて創業130年の京菓子の老舗へ!身土不二をテーマにした絶品和菓子!!「仙太郎 本店」【四条寺町】

夏らしい手土産を求めて創業130年の京菓子の老舗へ!身土不二をテーマにした絶品和菓子!!「仙太郎 本店」【四条寺町】

この季節は帰省や親戚の法事など、手土産を買う機会が増えます。そんな中、いつも百貨店の店頭を賑わす老舗和菓子店の本店へ、贈り物として最適な夏の和菓子を求めて行ってきました。
【京都銀閣寺スグ】あの豆かんが食べたくなる季節到来!ひっそりと佇む穴場甘味処☆「喜み家」

【京都銀閣寺スグ】あの豆かんが食べたくなる季節到来!ひっそりと佇む穴場甘味処☆「喜み家」

穴場と言いつつ、じつは有名店かもしれません(笑)少し涼やかな和モノスイーツが食べたくなる季節。名物豆かんは必ず食べるべき!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers