2017年5月16日 更新

京都三大老舗旅館・俵屋旅館が手がけるカフェ!絶品わらび餅と至高のおもてなし空間☆「遊形 サロン・ド・テ(ゆうけい)」【京都市役所スグ】

創業300年の歴史を持ち、京都で最も古い旅館の一つ・俵屋旅館。その老舗旅館が手がけるカフェ。そこには最高の設えとおもてなし、そして絶品のわらび餅が。

小雨降る夕方に

 (80552)

存在は知りつつ、初訪問。ちょっと美味しいわらび餅はないかと探していたら、ここがヒットして。
 (80553)

お店のプレートからはほとんど和風感ありませんが、このすぐ近くにある老舗の俵屋旅館が手がけるカフェ。

俵屋旅館といえば、よく「京都極上の旅」と銘打つテレビや雑誌には必ず登場する老舗旅館。創業300年。最高のおもてなしの様子がよく語られています。で、そのおもてなしがこのカフェでも疑似体験できるのか、と。
 (80555)

中に入ると、モダンでシックな雰囲気。高い吹き抜けの天井。
 (80554)

いろんなタイプのテーブルや椅子が、それぞれ趣のある窓際や絵画やオブジェの飾られた壁際にセッティング。
 (80557)

お好きな席にどうぞと言われましたが、どの席もステキすぎて迷うほど。
 (80565)

で、一番奥のこんなウサギが飾られたテーブルに。
 (80556)

大きなガラス張りの窓が正面にあり、坪庭が。その右手にはカウンター席と丸テーブルの部屋が。一人でのんびりカウンター席で庭を眺めるにも最高。
 (80564)

苔具合がいい。緑が一番美しい季節じゃないですかね。

老舗旅館仕込みのおもてなしの数々

 (80566)

テーブルはこんな感じ。今更思ったんですが、もしかして季節によってテーブルも変えてたりするのかな?初夏にふさわしく、籐の編み込みのある和のテイストもあるテーブル。照明のかげんも、目に優しくとても落ち着きます。
 (80561)

メニューチェック。
これが目に入ります。何気に出されたお水も俵屋さんのもの。とても、やわらかい口当たりのいい軟水。
 (80560)

まあ、最初からこのわらび餅と決めていましたが。抹茶付き2260円のを注文。この時点では、高ッ!とか思ったんですが(笑)
 (80562)

サンドイッチ、あとお酒類も。
 (80563)

で、一緒にいた友人はこのハーブティーと季節のデザート、キャラメルのババロアそら豆のソースを注文。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京町家でほっこり☆名物・琥珀(こはく)流し5月は抹茶!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

京町家でほっこり☆名物・琥珀(こはく)流し5月は抹茶!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

創業明治18年の老舗京銘菓。そして、月替りのこちらの名物「琥珀(こはく)流し」は新緑、茶摘みシーズンにふさわしく、抹茶。初夏の設えの京町家でほっこりと頂いてきました。
【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

以前お花見の時に友人が持参してて、なんてカワイイ花見だんご!さすが祗園!!と皆絶賛。創業300年の老舗京菓子店で、名物くずきりでおなじみ。今回は季節限定の三色だんごです。
【京都三条木屋町】創業200年余の和菓子店!名物のトロントロンわらび餅は驚きの神業!!「月餅家 直正」

【京都三条木屋町】創業200年余の和菓子店!名物のトロントロンわらび餅は驚きの神業!!「月餅家 直正」

絶品、神業のわらび餅です。その美味しさを知ってか、地元以外から来られるお客も多い超有名人気店。1804年創業の老舗和菓子店。
【保存版】世界遺産・下鴨神社参拝あとに立ち寄りたい京都オススメ和菓子の名店【厳選5店】

【保存版】世界遺産・下鴨神社参拝あとに立ち寄りたい京都オススメ和菓子の名店【厳選5店】

美味しい和菓子店が充実している京都。有名な神社仏閣周辺はとりわけ美味しい和菓子店がいろいろありますが、中でも世界遺産・下鴨神社周辺には創業も比較的古い和菓子店が集中しています。今回はそんなお店をまとめてみました。
京都錦市場の老舗京生麸の専門店!絶品麸まんじゅうは季節限定品もチェック☆「麩嘉(ふうか)」

京都錦市場の老舗京生麸の専門店!絶品麸まんじゅうは季節限定品もチェック☆「麩嘉(ふうか)」

江戸時代後期、文化文政年間創業の京生麩の専門店。本店は府庁近くにあるが、名物の麸まんじゅうはロングセラーの人気。そして、錦市場で買うのがお手軽で使い勝手良し!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな