2017年5月16日 更新

京都三大老舗旅館・俵屋旅館が手がけるカフェ!絶品わらび餅と至高のおもてなし空間☆「遊形 サロン・ド・テ(ゆうけい)」【京都市役所スグ】

創業300年の歴史を持ち、京都で最も古い旅館の一つ・俵屋旅館。その老舗旅館が手がけるカフェ。そこには最高の設えとおもてなし、そして絶品のわらび餅が。

小雨降る夕方に

 (80552)

存在は知りつつ、初訪問。ちょっと美味しいわらび餅はないかと探していたら、ここがヒットして。
 (80553)

お店のプレートからはほとんど和風感ありませんが、このすぐ近くにある老舗の俵屋旅館が手がけるカフェ。

俵屋旅館といえば、よく「京都極上の旅」と銘打つテレビや雑誌には必ず登場する老舗旅館。創業300年。最高のおもてなしの様子がよく語られています。で、そのおもてなしがこのカフェでも疑似体験できるのか、と。
 (80555)

中に入ると、モダンでシックな雰囲気。高い吹き抜けの天井。
 (80554)

いろんなタイプのテーブルや椅子が、それぞれ趣のある窓際や絵画やオブジェの飾られた壁際にセッティング。
 (80557)

お好きな席にどうぞと言われましたが、どの席もステキすぎて迷うほど。
 (80565)

で、一番奥のこんなウサギが飾られたテーブルに。
 (80556)

大きなガラス張りの窓が正面にあり、坪庭が。その右手にはカウンター席と丸テーブルの部屋が。一人でのんびりカウンター席で庭を眺めるにも最高。
 (80564)

苔具合がいい。緑が一番美しい季節じゃないですかね。

老舗旅館仕込みのおもてなしの数々

 (80566)

テーブルはこんな感じ。今更思ったんですが、もしかして季節によってテーブルも変えてたりするのかな?初夏にふさわしく、籐の編み込みのある和のテイストもあるテーブル。照明のかげんも、目に優しくとても落ち着きます。
 (80561)

メニューチェック。
これが目に入ります。何気に出されたお水も俵屋さんのもの。とても、やわらかい口当たりのいい軟水。
 (80560)

まあ、最初からこのわらび餅と決めていましたが。抹茶付き2260円のを注文。この時点では、高ッ!とか思ったんですが(笑)
 (80562)

サンドイッチ、あとお酒類も。
 (80563)

で、一緒にいた友人はこのハーブティーと季節のデザート、キャラメルのババロアそら豆のソースを注文。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】京都オススメの絶品わらび餅!この季節の和菓子ならコレ☆【厳選4店】

【保存版】京都オススメの絶品わらび餅!この季節の和菓子ならコレ☆【厳選4店】

季節の移ろいを和菓子で表現するのもまた京菓子の魅力の一つ。そして、ちょうどこの季節にぴったりの和菓子といえば、わらび餅。今回はそれぞれタイプの違った絶品わらび餅をまとめてみました。
【新店】老舗甘味処・甘党茶屋『梅園』が7月12日オープン!レトロで広々とした店舗誕生【三条寺町】

【新店】老舗甘味処・甘党茶屋『梅園』が7月12日オープン!レトロで広々とした店舗誕生【三条寺町】

オープンほやほや。たまたま三条寺町通りを歩いていて、新しいお店を発見!7月12日オープン。河原町通りにもある小さな店舗の甘党茶屋梅園の三条寺町店。早速行ってきました。
「抹茶づくしの甘味処」本格的な和スイーツが楽しめる【茶寮 翠泉】で抹茶パフェとワラビ餅を食べる!『最先端星人の京都探索』

「抹茶づくしの甘味処」本格的な和スイーツが楽しめる【茶寮 翠泉】で抹茶パフェとワラビ餅を食べる!『最先端星人の京都探索』

烏丸高辻を西に行くと、本格和スイーツが楽しめる甘味処【茶寮翠泉 高辻本店】があります。 落ち着いた雰囲気のくつろぎ空間で、抹茶パフェと出来立てワラビ餅を堪能。 京都で無名の筆ペン画家・最先端星人が行ってきました。
6色が織りなす新感覚和菓子!創業200年余の老舗が打ち出す新ブランド「鶴屋吉信IRODORI 」【京都駅八条口】

6色が織りなす新感覚和菓子!創業200年余の老舗が打ち出す新ブランド「鶴屋吉信IRODORI 」【京都駅八条口】

創業200年余の老舗和菓子・鶴屋吉信。伝統ある京菓子を守りつつ、さらなる進化を求めて京都駅八条口に新ブランドを展開。全国でここ京都駅だけの出店。和モダンな新感覚の和菓子が目にも鮮やか。
京町家でほっこり☆名物・琥珀(こはく)流し5月は抹茶!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

京町家でほっこり☆名物・琥珀(こはく)流し5月は抹茶!明治創業の老舗京銘菓「大極殿本舗 六角店 栖園(せいえん)」【烏丸六角】

創業明治18年の老舗京銘菓。そして、月替りのこちらの名物「琥珀(こはく)流し」は新緑、茶摘みシーズンにふさわしく、抹茶。初夏の設えの京町家でほっこりと頂いてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな