2016年12月24日 更新

京都祗園のランドマーク洋食店!驚愕の神コスパ!!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

ちょうど今年で創業100年。京都で一番華やかな界隈で、歴史の生き証人のように街の移り変わりを見続けながら営業。そして、昔も今も変わらぬ人気。

四条鴨川沿いのランドマーク店

 (66712)

いつもそんなに建物を見上げながら通らないんでなんですが、改めてみると歴史を感じる古い建物。大正5年(1916年)創業。外観はアール・デコ、スパニッシュの、当時としては最先端の建築様式。
 (66713)

お店にも当時の写真が飾られています。
 (66732)

昔は市電が走ってたんやなぁ~とか、四条大橋もえらい変わったんなやぁ~とか、いろんなことを思わせられます。そして、ずっと変わらずここで営業されてることに、ちょっと感動するというか。

この好立地な場所でどれも破格メニュー

 (66714)

普段、南座で観劇した時に幕間弁当を注文して配達してもらったり、記憶にないくらい昔喫茶利用はありますが。ちゃんとお店で食事とか初めてくらいかも(笑)あまりにも、そこにあるのが当たり前みたいなお店なんで。
 (66715)

通し営業で、しかもいろいろとランチメニューやら軽食やらディナーやら。いろんな時間帯に合わせてメニュー展開。しかも、ちょっと驚くほど安い。こんな絶好の立地場所で。
 (66716)

食品サンプルが店先に。日替わりランチあり。
 (66717)

こんなサービス定食も。「定食」て名付けてしまう気取らなさもいいですね。

レトロな落ち着いた雰囲気ながら盛況の店内

 (66719)

店内もちょっとレトロな雰囲気。そして、ぎわってます。こちらは2階もあって、本格的なコース料理は2階。今回はお手軽なランチなんで喫茶も兼ねてる1階で。

夏場は屋上ビアガーデンもやってて、けっこう割安で楽しめます。
 (66718)

厨房には熟練コックさん2人。
 (66720)

で、今回はいろいろメニュー迷いましたが、ハイカラグリルスペシャルセット1200円(税込)を注文。そしてこれはランチだけでなく、終日楽しめるセットメニュー。パンとライスをチョイスでき、パンで。ちゃんと本物のバターがつきました。マーガリン混ざってるとかじゃなく。懐かしい感じの洋食屋的、セッティング。
 (66721)

そう、今年記念すべき創業100周年。
 (66724)

で、ハイカラグリルスペシャル。これはテーブルが華やぐビジュアル。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

おたべのミニサイズ!バレンタイン限定こたべカワユス♡京都土産の新定番「京ばあむ」【京都祗園】

おたべのミニサイズ!バレンタイン限定こたべカワユス♡京都土産の新定番「京ばあむ」【京都祗園】

最近では京都土産の一番人気商品らしいです。京ばあむ。京ばあむはおたべメーカー「株式会社美十(びじゅう)」が展開する抹茶バームクーヘン。そして、バレンタイン限定商品もいろいろ出揃ってました。
明治15年創業の京都最強のおでんの老舗名店!上質の素材に丁寧な仕事!!「蛸長」【祗園四条】

明治15年創業の京都最強のおでんの老舗名店!上質の素材に丁寧な仕事!!「蛸長」【祗園四条】

京都南座にも程近い場所。寒い冬場はとくに行きたくなるお店。京都で美味しいおでん、といえばココ。カウンターのみの小さなお店。
ジャンボ海老フライが名物!ランチにも使えるこだわりの居酒屋さん!祇園四条の「いち」

ジャンボ海老フライが名物!ランチにも使えるこだわりの居酒屋さん!祇園四条の「いち」

祇園四条の川端通り、南座から徒歩1分の昼から営業している人気の居酒屋さん「いち」の紹介です。ランチも営業していて自慢の定食も頂けます。
【京都錦市場】日本名門酒会プロジェクト20周年!縁起酒・立春朝搾りはやっぱり伏見酒で☆「津之喜酒舗」

【京都錦市場】日本名門酒会プロジェクト20周年!縁起酒・立春朝搾りはやっぱり伏見酒で☆「津之喜酒舗」

立春の朝に搾ったばかりの新酒「立春朝搾り」をその日のうちに届ける。日本名門酒会が立ち上げたこのプロジェクトも20周年だそうです。今年はありつけました!
しっぽり京町家でリーズナブルに燻製料理!カフェ感覚の通し営業がうれしい☆「リゴレット スモーク グリル & バー 京都」【京都祗園】

しっぽり京町家でリーズナブルに燻製料理!カフェ感覚の通し営業がうれしい☆「リゴレット スモーク グリル & バー 京都」【京都祗園】

東京の人気店が祗園に3年前オープン。祗園らしい京町家リノベーションで落ち着いた佇まい。一見敷居&値段の高そうな店に思われがちだが、リーズナブル。料理も燻製メニュー充実で通し営業いつでも呑めるのが嬉しい。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな