2017年4月28日 更新

【風物詩】春薫る、真っ赤なキリシマツツジは今が見ごろ!「長岡天満宮」

学問の神、菅原道真公を祀る日本を代表るする天満宮のひとつ「長岡天満宮」。境内では、春の風物詩キリシマツツジは必見です!

赤が映える八条ケ池

 (30144)

長岡天満宮の入口正面にそびえる、この大鳥居。平成10年に奉納されたまだ真新しい大鳥居。近隣では珍しい総御影石製です。

後ろに少し見えていますが、長岡天満宮の代名詞でもあるキリシマツツジは、今がまさに見頃を迎えています。
 (30145)

境内東側には八条ケ池がひろがります。寛永15年(1638)に当時の領主・八条宮が造るように命じた、灌漑用の溜め池とのことです。

奥に見えるのが水上橋。暖かくなり水上橋の散歩は心地いいですね。
 (30146)

ほんと見事なまでに真っ赤なキリシマツツジを見に多くの方が来られてました。それも納得の鮮やかさです。
 (30157)

寄って撮ってみました。いや~お見事!まさに満開です。

真っ赤で鮮やかな参道

 (30148)

キリシマツツジは市の天然記念物に指定されていて、樹齢は130年前後と推定されています。大鳥居から続く、この鮮やかな参道は圧巻の美しさです。
 (30150)

八条ヶ池のほとりに店を構える錦水亭あたりからの眺めはこんな感じです。錦水亭は京料理懐石の老舗でたけのこ料理が有名で日本一とも言われています。
錦水亭に行ってことはありませんが、この景色を眺めながらの懐石は料理は最高でしょうね。

長岡天満宮のキリシマツツジは、今がまさに満開で見頃なのでぜひお早目に。

「長岡天満宮」への口コミ

「長岡天満宮」基本概要

名称:長岡天満宮
住所:長岡京市天神2丁目15-13
電話番号: 075-951-1025
拝観料:境内無料
拝観時間:9:00~18:00(4月~9月)、9:00~17:00(10月~3月)
駐車場:有り(有料)
公式HP: http://www.nagaokatenmangu.or.jp/
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水上橋が気持ちいい!春キリシマツツジ、秋には紅葉が楽しめます!「長岡天満宮」

水上橋が気持ちいい!春キリシマツツジ、秋には紅葉が楽しめます!「長岡天満宮」

長岡京市の「長岡天満宮」です。学問の神 菅原道真公が祀られています。
地元の愛され洋食店!「街の洋食屋 AKIRA(アキラ)」@長岡京の巻っす

地元の愛され洋食店!「街の洋食屋 AKIRA(アキラ)」@長岡京の巻っす

JR長岡京駅と阪急長岡天神駅の中間あたり、街の洋食屋 AKIRA(アキラ)さんで洋食ランチっす。
年々人気上昇中の紅葉スポット!境内も広くゆっくり楽しめます!長岡京市の「光明寺」

年々人気上昇中の紅葉スポット!境内も広くゆっくり楽しめます!長岡京市の「光明寺」

長岡京の「光明寺」で紅葉を満喫なり。境内も広く、比較的ゆっくりと楽します。
もっちもち自家製うどんの坦々つけ麺がウマい!夜はうどんダイニングに変身!「花雷(はならい)」(長岡京市)

もっちもち自家製うどんの坦々つけ麺がウマい!夜はうどんダイニングに変身!「花雷(はならい)」(長岡京市)

JR長岡京から徒歩圏内、自家製うどんが美味しいと噂の「うどんダイニング花雷」に行ってきました。
長岡天満宮の帰りにオススメ!昭和感たっぷりでタイムスリップできる「純喫茶 フルール」

長岡天満宮の帰りにオススメ!昭和感たっぷりでタイムスリップできる「純喫茶 フルール」

長岡天神の駅前商店街周辺をうろうろ、そこで見つけたのがなんとも懐かしい「純喫茶 フルール」

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし