2016年9月10日 更新

怪しい?!ぼったくり?!とネット上で話題!京都嵐山の「ドリームカフェ(ドリームアット) by 不老庵」

ネット上で怪しい?!ぼったくり?!と話題の嵐山・嵯峨野地区にある「ドリームカフェ」。たた一次ソースが乏しいようなので実際に潜入取材してきました。

※8/8更新
ドリームカフェさんより問い合わせ、苦情があり一部表現を変更し、写真を削除しました。
記載内容については取材当時のものです。

ネット上で、ぼったくりで怪しいと話題の京都嵐山 常寂光寺近くにある「ドリームカフェ」。ネットニュースは誇張し煽ることも多々ありますので、潜入取材をしてきました。一部始終をレポートします。

客引き行為について

 (27383)

「ドリームカフェ」の周辺には、このような客引きへの注意喚起の看板が複数確認できました。英語、中国、ハングルでも表記されています。

これは「ドリームカフェ」周辺だけで、他の嵐山・嵯峨野エリアでは確認できなかったように思います。

京都市では「京都市客引き行為等の禁止等に関する条例」が制定されており、客引き行為は四条・三条界隈では禁止されています。
なので、仮にこのエリアで客引き行為があったとしても違法ではありません。
 (27384)

このように店員の方が店先で掃除をしており、通りかかると「こんにちは」と話しかけてきます。そこで立ち止まると、その店員がカフェの紹介、セールスをはじめました。

セールストークについて

 (27385)

入口横に掲出された印刷物などを使いセールスをはじめます。以下、そのセールストークの一部要約になります。

「こちらはフランスで著名なガイドブックで、日本人で過去に紹介されたのは村上春樹と、オーナーの早川良一(?)のみ」

「ルイ・ヴィトンのシティガイドブックでも紹介された」

「オーナーが世界のVIPをおもてなしをするための場所。そこをカフェとして限定的にオープンしている」

「オーナーが17年前から気にしていた場所で、6年前にようやくご縁できて開業。ボロボロだったところを全部リノベーションして、中はVIPが憧れる空間に変えました」

「竹林の奥には200年前の建物がありリノベーションした超一流の空間」

「お寺さんやVIPも触ることのできない調度品などが普通に置いてあり、中は有限の美を再現した空間」

「見れば見るほど、趣があって美しい世界を作り上げるアーティスト(オーナー)」

「アンティークの食器で、お茶とお菓子を召し上がって頂きながら、おもてなしをさせて頂く」

「究極の世界で、世界の建築界の方にインスピレーションを与える空間、ただ真似したくても、道具が違うので真似できない」

「飛行機のファーストクラスのイメージでラグジュアリーな空間」

「人によっては、ここが本当のミュージアムだと言う」

ちなみに12月に通り掛かったとき、気になり話を聞きました。その時とトーク内容はほぼ同じなのでテンプレのセールストークになっている気がします。

前払いで1人3000円

 (27386)

入口を抜け20メートルほど奥に進んでいくとリノベーションされた家屋があります。
 (27388)

 (27387)

こちらが極上の空間が味わえるとされる建物。リノベーションしたと言っても、築200年の家屋とは思えず、想像以上に真新しい印象を受けました。

入店前、ここで1人3000円を支払います。正直「入店前の支払」は、夜のお店でもあまりありませんよね。私は入口の時点で料金について聞いたので納得して支払を済ましましたが、お客さんにはよっては入店の直前に料金を伝えるようです。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あっさり京風の皿うどんが名物!「中国料理 ほぁんほぁん 嵯峨嵐山店」@嵯峨野の巻っす

あっさり京風の皿うどんが名物!「中国料理 ほぁんほぁん 嵯峨嵐山店」@嵯峨野の巻っす

嵯峨野の丸太町通沿いにある「中国料理 ほぁんほぁん 嵯峨嵐山店」で、皿うどんとちゃんぽんランチっす。
立ち尽くすほどの美しさ!嵐山・嵯峨野エリア「竹林の小径」【まとめ】

立ち尽くすほどの美しさ!嵐山・嵯峨野エリア「竹林の小径」【まとめ】

京都には多くの観光スポットがありますが、その中でも定番の嵐山。嵐山の代名詞である竹林の四季折々の様子をお伝えします。
四季折々の絶景で世界中を魅了してやまない「名勝・嵐山の象徴 渡月橋(とげつきょう)」

四季折々の絶景で世界中を魅了してやまない「名勝・嵐山の象徴 渡月橋(とげつきょう)」

日本を代表する観光地、嵐山。今回はその象徴でもある渡月橋にフォーカスしてご紹介します。
夜はうどんすきが美味しい!渡月橋すぐの老舗うどん店「自家製麺 新渡月」

夜はうどんすきが美味しい!渡月橋すぐの老舗うどん店「自家製麺 新渡月」

店じまいの早い嵐山ですが、夜にも美味しいごはんが食べたい方にご紹介したいのが、渡月橋から徒歩すぐの3代に渡る老舗うどん店「自家製麺 新渡月」です。
【新名所】友禅の華やかで優しい光が「嵐山駅」を包みます!「キモノ・フォレスト」

【新名所】友禅の華やかで優しい光が「嵐山駅」を包みます!「キモノ・フォレスト」

嵐山の新名所、嵐山駅構内にある「キモノ・フォレスト」はご存知ですか?フォトジェニックな場所で、最近はSNSでも人気のスポットになっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし