2016年12月29日 更新

明治15年創業の京都最強のおでんの老舗名店!上質の素材に丁寧な仕事!!「蛸長」【祗園四条】

京都南座にも程近い場所。寒い冬場はとくに行きたくなるお店。京都で美味しいおでん、といえばココ。カウンターのみの小さなお店。

予約はできません!行列も覚悟してください!!

 (67270)

この日は金閣寺も雪化粧。となると、おでん!ということで、もうココ一択だな、と。
冬場は5時半から営業。予約は不可。7時前に来てみると3組くらい行列が。
 (67271)

とにかく、おでんしか頭になくてノープランだったんで並ぶことに。20分くらいで入店できましたかね。タイミングよかったです。隣りに居合わせた方は1時間ほど待ったとか。カウンター12席は激戦。
 (67272)

5年ほど前に改装されて、新しくなってから初めて。カウンターは前のをそのまま使われてるんでしょうね。年季が入ってます。そして、立派な銅製のおでん鍋。創業は明治15年の老舗。
 (67273)

メニュー表。値段はありません(笑)
そうですねぇ・・・一般的な居酒屋おでんの倍くらいの値段とお考えください。
 (67276)

まずはビール。
 (67275)

いろいろおでん種が湯気を立てて待機。個性的な具材は奥の調理場で別炊きにされて待機。一緒にするといろんな味がちゃんぽんになってしまう配慮から。
 (67274)

満席なんで、ひとりひとり順次オーダーを聞いてくれます。

ひとつひとつ丁寧に仕込まれたおでん種

 (67277)

いろいろ注文していきます。
まずは、ワカメ。おでん種のワカメってちょっと珍しいような気もしますが、出汁の味が十分染みてて、しかも溶ける寸前くらいの柔らかさキープ。絶品。
 (67278)

堀川ごぼうと京大根。京野菜ですね。京大根は聖護院大根ですかね。丸いから。

大根は口にいれると抵抗なくトロトロの食感。十二分にお出汁で煮含められています。
 (67280)

堀川ごぼう。予めごぼうには下味が。そして周りに昆布を巻いて、昆布の旨味もプラスアルファ。適度な歯ごたえもあり。
 (67281)

で、熱燗にスイッチ。こうやって、ついでくれます。
 (67282)

ぶ厚めの錫のチロリでおでん鍋横でお燗されて。
 (67283)

裏種。その時々でちがうようですが、この日はクジラのさえずり。舌です。とてもコッテリしてて、滋養ある味わい。関西ではクジラのコロも定番ですよね。これスゴく美味しかった!
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都祗園のランドマーク洋食店!驚愕の神コスパ!!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

京都祗園のランドマーク洋食店!驚愕の神コスパ!!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

ちょうど今年で創業100年。京都で一番華やかな界隈で、歴史の生き証人のように街の移り変わりを見続けながら営業。そして、昔も今も変わらぬ人気。
吉田類の京都関所的お店!古きよき大衆酒場!!おでんが美味しい季節到来☆居酒屋「よしみ」【三条木屋町】

吉田類の京都関所的お店!古きよき大衆酒場!!おでんが美味しい季節到来☆居酒屋「よしみ」【三条木屋町】

京都を代表する大衆酒場。こちらも古く、創業70年以上続く老舗。ちょうど夜冷え込む季節になったんで、温かいおでんを求めて行ってきました。
【新店】5月オープン!こんな日本酒飲んだことない!!世界的人気店NOBU出身の凄腕シェフの立ち飲み店「柳小路TAKA」【四条河原町】

【新店】5月オープン!こんな日本酒飲んだことない!!世界的人気店NOBU出身の凄腕シェフの立ち飲み店「柳小路TAKA」【四条河原町】

今年5月オープンの立ち飲み店。といっても、日本酒に関しては一銘柄を精米歩合で飲み比べするというマニアウケするミクロ構成。ちょっとレアなお店。
創業100年の老舗で驚きの高コスパ!ディープな昭和レトロ感がたまらない!!食堂「みふき亭」【京都蹴上駅スグ】

創業100年の老舗で驚きの高コスパ!ディープな昭和レトロ感がたまらない!!食堂「みふき亭」【京都蹴上駅スグ】

歩き散策中、ランチタイムを逃してたらこちらへ。昔からあるお店とは認識しつつ初訪問。関西の食堂によくある「うどんそば丼物一式」看板の昭和レトロ感。そして、驚きの高コスパ!
建仁寺境内で京の和食の真髄に舌鼓!「京都・和食の祭典2017」に行ってきました!!

建仁寺境内で京の和食の真髄に舌鼓!「京都・和食の祭典2017」に行ってきました!!

3月5日開催イベント「京都・和食の祭典2017」。春の到来も感じられる穏やかな陽気に恵まれ、会場の建仁寺は大勢の参加者で賑わいました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな