2016年12月19日 更新

京都三条通沿いにある大正創業の町のお肉屋さん!熱々の名物コロッケがウマウマ☆「肉の荒井亭」【東山三条】

三条通の何気ない風景の中に溶け込んで、つい見過ごしてしまいそうな町のお肉屋さん。でも、じつは老舗で創業はなんと大正時代。そして、名物のコロッケが人気。

東山三条と蹴上の間

 (65920)

三条通。この日はちょうど岡崎界隈を散策。途中小腹が空いて、そういえばこの近くに美味しいと評判のコロッケを売ってるお肉屋さんがあったな、と。
 (65921)

ちょっと見過ごしてしまいそうな、昔スタイルの店構えのお肉屋さん。
 (65922)

冷蔵ケースには牛肉が。和牛でいい霜降り具合で意外と安めでした。
 (65923)

他、ベーコンやら加工肉も。この時期、鴨だんごも。鍋にすぐ使えそうでいいですね。
 (65924)

で、フライコーナー。けっこう年季の入ったお品書き。
コロッケ75円は最近の相場としては安い。ミンチカツも和牛で150円。昭和価格やん。
 (65925)

で、コロッケ1個だけなんですけど~という注文にも、愛想よく。
すると、驚き。注文聞いてからパン粉付けてました。
 (65926)

で、ここの中にフライヤーが。わりとじっくり目に揚げていて、待ってる間お店の方といろいろ世間話。
大正時代からこの規模で変わらず営業してるんだとか。驚き!周りには大きなビルやマンションが建ってしまい、こんな昔ながらのスタイルが今となっては逆に珍しい雰囲気ですが。でも、ずっと続けるってスゴイですよね。頭が下がります。
 (65927)

で、道々食べるということで、こんな袋に入れてもらって。ホントに見るからに手づくりな感じの、形もちょっと不ぞろいな感じで(笑)逆にそれが素朴でいいというか。
 (65929)

実食。けっこうしっかりめな味。甘味少なく醤油感が立ってて、ソースとか何もつけずにこのままでいいくらい。肉率も高め。
 (65928)

衣がとくに美味しいんですよね。揚げる直前にパン粉つけるからか。パンの風味がして、サクサク。で、揚げ油のラードの甘味。熱々でハフハフしながら。ホントに素朴で手づくりな雰囲気がいいコロッケ。ミンチカツもまた試してみたいですね。

肉の荒井亭 へのツイート

詳細情報

住所
京都府京都市東山区三条通白川橋東入4-中之町185
電話番号
075-771-3797
営業時間
9:00~20:00
定休日
水曜
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【保存版】京都オススメのお肉屋さんのコロッケ!熱々ホクホクの揚げたてをガブリ☆【厳選7店】

【保存版】京都オススメのお肉屋さんのコロッケ!熱々ホクホクの揚げたてをガブリ☆【厳選7店】

総務省の全国52の市区で食品品目ごとの家計調査(消費額ベース)で、コロッケは全国ランキング2位の京都市。昔ながらの対面販売のお肉屋さん、しかもフライのテイクアウト販売してるところが多いことが要因ですかね。今回はそんなお肉屋さんの美味しい揚げたてコロッケをまとめました。
全国家計調査ランキング2位!コロッケ好き京都人も納得の近江牛コロッケ☆「肉のスーパーやまむらや」【京都山科】

全国家計調査ランキング2位!コロッケ好き京都人も納得の近江牛コロッケ☆「肉のスーパーやまむらや」【京都山科】

総務省の全国52の市区で食品品目ごとの家計調査(消費額ベース)で、コロッケは全国ランキング2位の京都市だったらしいです。新聞にも出てましたよ。コロッケ好きの街・京都と言えますかね。
創業100年の老舗で驚きの高コスパ!ディープな昭和レトロ感がたまらない!!食堂「みふき亭」【京都蹴上駅スグ】

創業100年の老舗で驚きの高コスパ!ディープな昭和レトロ感がたまらない!!食堂「みふき亭」【京都蹴上駅スグ】

歩き散策中、ランチタイムを逃してたらこちらへ。昔からあるお店とは認識しつつ初訪問。関西の食堂によくある「うどんそば丼物一式」看板の昭和レトロ感。そして、驚きの高コスパ!
にしんそば発祥の地、創業1861年の老舗!四条大橋が一望できる「松葉 本店」

にしんそば発祥の地、創業1861年の老舗!四条大橋が一望できる「松葉 本店」

1861年、創業の京都を代表する老舗のそば店「総本家にしんそば松葉 本店」をご紹介します。川端四条の位置し、そこから眺める景色も魅力的です。
おたべのミニサイズ!バレンタイン限定こたべカワユス♡京都土産の新定番「京ばあむ」【京都祗園】

おたべのミニサイズ!バレンタイン限定こたべカワユス♡京都土産の新定番「京ばあむ」【京都祗園】

最近では京都土産の一番人気商品らしいです。京ばあむ。京ばあむはおたべメーカー「株式会社美十(びじゅう)」が展開する抹茶バームクーヘン。そして、バレンタイン限定商品もいろいろ出揃ってました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers