2016年9月30日 更新

【京都祇園】フォトジェニックな新物リンゴまるごとカクテルは絶対飲むべき!絶品フードもそろうバー☆「アフィナージュ 」

面白いカクテルがあるとウワサに聞き、初訪。今が旬の新物リンゴを使ったカクテルは圧巻。そして、1軒目使いにもいい絶品フードもそろうバー。

花見小路にある雑居ビルの1階

 (56660)

 (56659)

三条京阪から徒歩で花見小路へ。ちょうど華やかな祇園界隈に差し掛かった祇園白川ほとりにある雑居ビル1階。
 (56661)

お店に入ってすぐ。壁にはシャンパンやスパークリングワインのコルクを押さえているキャップ「ミュズレ(王冠)」。こうやって並べるといろんな種類があってステキですね。
 (56662)

季節の花、なんだったかつぼみですね。聞くの忘れました(汗)

カウンター8席ほどのこじんまりとしたバー

 (56665)

最初早い時間に電話したら満席状態で、後になるほど空いてくると聞いてちょうど空きがあったんで滑り込みセーフ。で、ほぼ満席に。
 (56664)

この日オススメのお酒もこんなふうに提示してあって、わかりやすい。
 (56667)

そして、フードが充実。カウンターには自家製のキッシュが2種類並んでいて、他にも生ハムやらパスタも。だから早い時間からフード食べながらお酒を楽しむ人で満席だったり。

この日は他の店でいろいろ食べて、残念ながらフードは注文しませんんでしたが。
 (56663)

ご主人は青森出身の方。とてもソフトで和み系。なんとも癒される雰囲気。店名の「アフィナージュ」は「熟成」を意味し、ワインやチーズが熟成を経て豊かな味わいになるように、来店したお客さんとのご縁もアフィナージュしたい、との願いも込めて。
 (56666)

アミューズは黒糖とメイプルシロップのラスク、バゲットにマスカルポーネとキャビア。ん、うまい。
 (56832)

オススメのシャンパーニュということで、こちらを選んで頂きました。ちょっと恐ろしく飲みやすくて美味しかった。

青森産つがるを使ったリンゴまるごとカクテル

 (56668)

リンゴスキーなんで、リンゴメニューはこの時期スルーできない性。で、最初から電話でリンゴカクテルあるか確認したわけで(笑)

で、こちら。ステキな画です。
 (56669)

早生の青森産リンゴ品種・つがるを使ってます。黒石に友人がいて、毎年リンゴ送ってもらってるんですよ~と青森LOVEをご主人にアピール。ま、なんの目的かわかりませんが(笑)

で、カクテル。果肉をくり抜いてミキサーにかけて、お酒を混ぜていますが、リンゴの味を壊さず優しい仕上がりのカクテル。スプーンですくっていただきます。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

祇園の隠れ家的中華バルなワインサロン!「ぶどう酒パブ ピノ太郎」

祇園の隠れ家的中華バルなワインサロン!「ぶどう酒パブ ピノ太郎」

座の南側、川端通り沿いにあったワインサロン「ピノ太郎」が、祇園に移転リニューアルなり。今回はワインが呑める中華バル的なメニュー編成に。
明治15年創業の京都最強のおでんの老舗名店!上質の素材に丁寧な仕事!!「蛸長」【祗園四条】

明治15年創業の京都最強のおでんの老舗名店!上質の素材に丁寧な仕事!!「蛸長」【祗園四条】

京都南座にも程近い場所。寒い冬場はとくに行きたくなるお店。京都で美味しいおでん、といえばココ。カウンターのみの小さなお店。
京都三条通沿いにある大正創業の町のお肉屋さん!熱々の名物コロッケがウマウマ☆「肉の荒井亭」【東山三条】

京都三条通沿いにある大正創業の町のお肉屋さん!熱々の名物コロッケがウマウマ☆「肉の荒井亭」【東山三条】

三条通の何気ない風景の中に溶け込んで、つい見過ごしてしまいそうな町のお肉屋さん。でも、じつは老舗で創業はなんと大正時代。そして、名物のコロッケが人気。
【最新】リアルな京都紅葉情報!銀杏の黄世界はMAX直前!!琳派ゆかりのスポット「頂妙寺」【三条京阪】

【最新】リアルな京都紅葉情報!銀杏の黄世界はMAX直前!!琳派ゆかりのスポット「頂妙寺」【三条京阪】

もう京都紅葉情報がネット上ではあれこれ出回っていますが、一番リアルな紅葉情報はここにあり。10月27日時点の京都有名紅葉スポット最新情報をお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな