2016年9月2日 更新

【三条新京極】京都の酒蔵も登場!のんべえ必見!!見終わった後は酒屋に直行☆映画「カンパイ!世界が恋する日本酒 」【ムービックス京都】

日本酒ファン待望の映画「カンパイ!世界が恋する日本酒」が先週からムービックス京都で絶賛上映中。そして、京都の酒蔵も登場すると聞きつけて、これはkyotopi案件だな。ということで、行ってきました(笑)

8月27日からムービックス京都で絶賛上映中

 (52883)

この日は映画の日。前日レディースデイで「シン・ゴジラ」観て、連日で(笑)ま、そんな情報盛り込むな、という話ですが。
 (52884)

地元民にはおなじみの新京極商店街内にあるムービックス京都。
 (52885)

予め、ネットで予約して。まあ、わりと空いてました。
 (52886)

近々、築地をテーマにしたドキュメンタリー映画やるみたいですね。今、話題ですからね。これもまた気になるところ。

映画にも登場!イギリス人杜氏さんのいる木下酒造

 (52888)

ネタバレになってしまうのであまり詳しくは書きませんが、京丹後市・久美浜にある木下酒造さんにスポットが当てられていました。

現在こちらの杜氏を務めるフィリップ・ハーパー氏はイギリス人。別な理由で日本にやってきて、ひょんなことで日本酒に魅せられて始めた厳しい杜氏修行の末、廃業寸前だった木下酒造へ。そこから始まる新しい風が、今の日本酒ブームけん引につながっていく。

他にも南部美人の蔵元や、海外での日本酒ブームの広がりを映画では紹介。
 (52887)

当然映画を見終わった後は、映画にも登場していた木下酒造のお酒を飲んでみたくなるわけですが(笑)

なんか、あとで調べると販売店として高島屋が挙がっていたので、また後日物色するとして。

こちらは、知り合いの日本酒名人の方から拝借した画像(笑)木下酒造自慢の銘酒「玉川」。蔵元さんに行かれた時に、いろいろ試飲させてもらったそうです。うらやましいかぎり。映画観ると、蔵元さんへ行ってみたくなりますよ。地元民としては、地元のお酒を応援したいですよね!

ヨ~イヤサ~♪

カンパイ!世界が恋する日本酒  への口コミ

ムービックス京都 基本情報

住所:京都府京都市 中京区新京極通三条下る桜之町400
電話番号:075-254-3215
関連サイト:ムービック京都→http://www.smt-cinema.com/site/kyoto/
      木下酒造→http://www.sake-tamagawa.com/index.html

    
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【伝統芸能】江戸浄瑠璃の一派!粋でいなせな新内節!!新内弥栄派「藤といやさかの会」

【伝統芸能】江戸浄瑠璃の一派!粋でいなせな新内節!!新内弥栄派「藤といやさかの会」

いろんな伝統芸能のある京都。その中でも発祥は江戸の『新内』。知り合いの新内弥栄派家元・新内枝幸太夫の演舞鑑賞してきました。
【京都壬生】京都市内でお手軽日帰り温泉!テレビ付きリラクナーでくつろぎ度満点☆壬生温泉「はなの湯」

【京都壬生】京都市内でお手軽日帰り温泉!テレビ付きリラクナーでくつろぎ度満点☆壬生温泉「はなの湯」

湯冷めの心配のいらない、日帰り温泉にもってこいの季節になりました(笑)以前あった「やまとの湯」が一新。滋賀県守山の天然温泉を手軽に日帰りで楽しめるスーパー銭湯。そして、アメニティーも充実してました。
京都丹後の名酒蔵!映画にも登場したイギリス人杜氏さんでおなじみ!!旬の蔵内限定日本酒は驚きの味☆「木下酒造」【京丹後市】

京都丹後の名酒蔵!映画にも登場したイギリス人杜氏さんでおなじみ!!旬の蔵内限定日本酒は驚きの味☆「木下酒造」【京丹後市】

たまたま丹後方面で車を走られていて「玉川」という看板を見て、そうか酒蔵この辺りだったか!と直行。以前紹介した映画「カンパイ!世界が恋する日本酒 」にも紹介されたイギリス人杜氏さんがいる名酒蔵。
【京都伏見】日本酒の聖地・伏見は今年も大盛況!飲み倒れパラダイスの酒蔵開きに行ってきた!!

【京都伏見】日本酒の聖地・伏見は今年も大盛況!飲み倒れパラダイスの酒蔵開きに行ってきた!!

年々来場者増加傾向じゃないですかね。今年の酒蔵開き、大いに盛り上がりました!どこの酒蔵も満員御礼。その様子をまとめました。
【京都伏見】日本酒ファン必見!今春も新酒を飲みまくる!!3月18日開催☆酒蔵開きイベントまとめ

【京都伏見】日本酒ファン必見!今春も新酒を飲みまくる!!3月18日開催☆酒蔵開きイベントまとめ

平成29年3月18日(土)酒処伏見にて毎年恒例の春の酒蔵開きが開催されます。こちらは毎年大人気のイベント。地元民はもちろんのこと遠方からもこの日を楽しみに多くの方が参加されます。昨年の様子を交えながら、各蔵元のイベント概要をまとめてご紹介します!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな