2017年3月1日 更新

京都市内に唯一残る道標!江戸時代の交通を支えた遺構「大宅一里塚」【京都山科】

江戸時代、奈良街道(京街道)、東海道57次の道標として交通を支えた遺構。京都市内では現在ここにしか残っておらず貴重。京都市指定・登録文化財でもあり。

京都市内に唯一残る江戸時代の道標

 (73453)

以前書いた鉄道の廃線遺構の記事から、他のもこんなんありますよ、と有り難い事にいろいろネタ提供してくださる方がいまして(笑)で、素直にのっかることにしました。

山科区大宅。奈良街道と名神高速道路がちょうどクロスするあたり。
 (73454)

すぐ近くには岩屋神社があり、その御旅所も。
 (73455)

目の前には名神高速道路。

かつては東海道57次だった!

 (73456)

そんな場所にこれが。
市内に残る唯一の一里塚。慶長9年(1604)に徳川家康の諸街道整備とともに、街道の両側に一里(3.75km)毎に目印として築かれた塚。塚上にエノキを植えて目印に。もと街道の両側にあった塚のうち,西側のものがこれ。東側は取り除かれてしまってます。
 (73457)

江戸から東海道53次と同じ道をたどり、大津あたりから分岐し大阪(高麗橋)へと続いた東海道57次がかつてありました。豊臣秀吉の時代に。その一部がこの奈良街道(京街道)。

というか、東海道57次があったとは知りませんでした。
 (73458)

直径4~5m,高さ1.8mの塚。塚の上にはかつて樹高約11mのエノキが植えられてたようですが、現在は切り落とされたのかこのような状態に。
 (73460)

昭和44年ごろの写真には、まだ現存していたみたいですね。
 (73459)

写真と同じ場所がこちら。全く様変わりした光景。現在ではもちろん信号や標識があり、その脇にはこの一里塚。時を経て、江戸時代と現在の道路標識が共存する場所。ちょっと不思議な感覚を覚えましたね。

大宅一里塚 へのツイート

詳細情報

14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

入場料無料!京都丹後の豪商の暮らしぶりがうかがえる定番観光スポット☆「稲葉本家」【京丹後市久美浜】

入場料無料!京都丹後の豪商の暮らしぶりがうかがえる定番観光スポット☆「稲葉本家」【京丹後市久美浜】

京丹後市・久美浜の観光スポット。入場料無料なんで、気軽に行ってきました。江戸時代、沿岸交易によって巨富を得た豪商の暮らしぶりがうかがえる久美浜の定番観光スポット。
京都廃線跡めぐり!旧東海道線の遺構!!急勾配の引き上げ線トンネル跡「大塚信号所」【京都山科】

京都廃線跡めぐり!旧東海道線の遺構!!急勾配の引き上げ線トンネル跡「大塚信号所」【京都山科】

以前、京都から始まった日本高速道路の歴史紹介の時に併せて掲載していた「旧東海道線山科駅跡」。その先、大津へと続く旧東海道線の遺構が垣間見れる場所。
映画『本能寺ホテル』の出演者も訪れた老舗和菓子店!名物光秀饅頭は必食!!「餅寅」【東山三条】

映画『本能寺ホテル』の出演者も訪れた老舗和菓子店!名物光秀饅頭は必食!!「餅寅」【東山三条】

映画『本能寺ホテル』が絶賛公開中。そのゆかりの地がいろいろある京都ですが、こちらもその一つと言えるかもしれません。明智光秀にちなんだお饅頭もある和菓子店。そして、すぐ近くには光秀も首塚もあり。
【京都名水めぐり】千利休も愛した名水!極上の染色に欠かせない洛中の井戸水「柳の水」【三条西洞院】

【京都名水めぐり】千利休も愛した名水!極上の染色に欠かせない洛中の井戸水「柳の水」【三条西洞院】

平安時代から続く名水。あの千利休も茶の湯に利用し、今も枯れずに湧き出る名水は昔から続く周辺の黒染め染色産業を支えるのに欠かせない存在。
廃墟・廃線マニア必見!わずか9年で廃止になった幻の赤い蒸気機関車☆「大仏鉄道」【京都木津川】

廃墟・廃線マニア必見!わずか9年で廃止になった幻の赤い蒸気機関車☆「大仏鉄道」【京都木津川】

廃墟・廃線マニア必見です。かつて、京都と奈良・大仏を結ぶわずか1.2kmの鉄道があったことを物語る遺構があると聞き、当時の面影を求めて探検気分で行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers