2016年7月26日 更新

クオリティの高い、大人の高級洋食店!二条城前の名店「グリル フレンチ」

二条城前の高級洋食店「グリル フレンチ」なり。

フレンチではなく高級な洋食店

 (46832)

場所は小川通御池上ル。二条城の東側、堀川御池から2筋東側を上がっていくとマンションが立ち並ぶ住宅街にこういうお店が見えてくる。
お店の名前はグリルフレンチ、フレンチ料理店ではなく、高級な洋食店に分類されるお店でしょうな。
4
入口は1階だが、2階が店内。カウンター12席、5人掛けテーブル席が1というお店。

ディナーは基本アラカルトだが、ランチは¥2100、¥3200のコース仕立て2種のみ。本日は牡蠣フライとハンバーグ、もしくはカキフライと和牛ステーキ、という形。¥3200は前菜もついてくる構成。
 (46833)

オーナーシェフの藤井さんは60歳はOverしていそうだが自ら注文を聞かれたり、メインのステーキを仕上げたり八面六臂の大活躍。ハンバーグを仕上げる息子さん(写真背中の方)、それに更にお若い3名という編成なのだ。

前菜から美味しい!

 (46834)

あー!ワイン!と出てきてから速攻で思った前菜。右手からマヨ系なカニサラダ、真ん中は揚げたてアツアツなクモコのフライ、左手はロースハムとサーモンが挟まった野菜のテリーヌ的な。 
どれも素材の味わいを全面に出した、洋食とするとかなり控えめな味付け。クモコのクリーミーさにノックダウンなり。
 (46835)

ライスかパンが選べるのでパン。何年振りかで頂いたバターロール。いやー昭和感満載ですな。バターがしっかり効いていて美味しい。どこ製ですかね。
 (46836)

温かいさつまいものポタージュ。これも生クリームは控えめで、芋の甘味で勝負!的な。おいしいです。
 (46837)

しっかり冷え冷えなホワイトアスパラが入った野菜サラダが出てくる。これも超!抑えたフレンチドレッシング。メイン料理の付け合わせなので、そちらのソースと合わせるのも楽しい、という仕掛けだと見た。

メインは楽しみな2種類!

 (46838)

今回グリルフレンチに来たくなった主な理由。冬場のランチはカキフライが4個付けで出てくるのが嬉しい。¥3200ランチは2種類のメインがついてくる趣向。
ゆで卵角切りたっぷり+ピクルス角切りミックスの素朴なタルタルソース、それにトマトケチャップの上にカキフライが乗って出てくる。細かめのパン粉、火入れは意外にしっかりなのだが牡蠣フル活性状態。いやー、これはおいしいです。
 (46839)

メインは100gは無さそうな可愛らしい牛ステーキ。ごらんのように火入れは完璧、大量の玉ねぎスライス炒めが付け合わせで、それに和風甘口ステーキソース的なソースがたっぷり。いやー、流石としか言葉が思いつかないが、これまた非常に上質。パンもご飯も劇消化!でしょう。
 (46840)

いい感じでおなか一杯になったのだが、甘いものも充実。自家製のカスタードプリン。これも、これぞプリン!的旨みで迫ってくるのだ。これは大正解ですな~。
 (46841)

エスプレッソマシン製だと思われるコーヒーを頂いて充実ランチ完了。帰りがてらシェフから声をかけてもらったのですが、なかなかトークも楽しく、良いランチになりました。これは夜は当然旨いだろうなぁという感想。
またまた定期的に覗いてみたい、且つ夜にも来たいお店が1件追加された土曜日、大推薦しますが、夜は結構良いお値段なんですよねぇ、また気合を入れて来ま~す!

グリルフレンチへの口コミ

グリルフレンチ店舗情報

店名:グリルフレンチ
住所:京都市中京区小川通御池上ル下古城町377
電話番号:075-213-5350
営業時間:12:00~13:30 / 17:00~22:00
定休日:木曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。