2021年3月19日 更新

【京都嵐山】京都食材が存分に味わえる「Cafe Dining Sera」3月1日オープン

3月1日、清凉寺近くに「Cafe Dining Sera(以下、Sera)」がオープンした。京都産の食材を使った定食を中心に、スイーツとドリンクもあって、カフェ利用もできる店だ。

清凉寺近くにオープンしたカフェダイニング

 (203105)

Seraは清凉寺から歩いて数分のところにある。長年、大手飲食チェーン店で腕を磨いたご主人と奥さんとで切り盛りしている。京都産の食材を使った定番メニューを、がっつり食べてもらおうとオープンさせた。
 (203106)

以前は別のダイニングカフェで、当時のインテリアを残しつつ新たに手が加えられている。ところどころに竹が配され、和を思わせるつくりだ。座席はテーブル席とボックス席があり、人数に合わせて選択が可能になっている。
 (203136)

メニューはメインと副菜、みそ汁がつく定食とカレー、スイーツとドリンクが用意される。定食は固定メニューと、内容が変わる「きまぐれごはん」がある。

Seraのこだわりは、なるべく京都産の食材を使うこと。「京都ポーク」「京赤地鶏」などが採用されている。また、お米は新潟産と京丹後産コシヒカリのブレンド米、みそ汁は白みそ、野菜は可能な限り地元産を使うようにしている。

京都ポークのあんかけ出汁巻き丼とカヌレを実食

京都ポークのあんかけ出汁巻き丼(1,150円)

京都ポークのあんかけ出汁巻き丼(1,150円)

訪問時のきまぐれごはんは「京都ポークのあんかけ出汁巻き丼」と「京赤地鶏のおろしポン酢からあげ」。私は出し巻き丼、同行者はからあげを注文した。
出し巻き丼は、大きな出し巻きとそぼろたっぷりのあんが”オンザライス”。ふわふわの出し巻きと、ポークの旨味を感じる甘めなあんとのバランスが絶妙なうえ、九条ネギと生姜で味の変化も楽しめた。丼以外にサラダと小鉢、みそ汁がついてボリュームも申し分ない。
京赤地鶏のおろしポン酢からあげ(1,150円)

京赤地鶏のおろしポン酢からあげ(1,150円)

からあげはサクサクで、おろしポン酢がかけられあっさり食べられたそうだ。色鮮やかなサラダがたっぷりなのもそそられる。
「京都ポークの豚角煮」(1,150円)

「京都ポークの豚角煮」(1,150円)

別日には、固定メニューの「京都ポークの豚角煮」を食べた。大きめブロックの角煮だがほろほろに煮込まれていて食べやすい。豚肉もだが、野菜にも味が染み込んでいて、ご飯が進むあじだった。なお、ごはんのお代わりが可能なので、お腹いっぱい食べたい人はお願いしてみよう。
店仕込みのカヌレ(350円)

店仕込みのカヌレ(350円)

ごはんものがメインだと、スイーツに力が入っていない店が見受けられるがSeraは違う。今は2種類と数は少ないが、プリンは注文後に炙られ提供されるし、大ぶりサイズのカヌレは外カリッと中もっちりで、バニラビーンズの味がしっかりわかる王道のもの。どちらも質が高く、スイーツだけでも満足ができる。カフェとしてスイーツとドリンク、ごはん後のおやつにもおすすめだ。

おわりに

ラストオーダーは16:30で、食事も終日注文OK。ランチを食べ損ねたときの強い味方になりそうだ。

3月中はメニューの試行期間で、4月以降変更の可能性があるとのこと。記事で紹介した品がなくなるかもしれないがご了承いただきたい。

店舗情報

店舗名:Cafe Dining Sera
住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町29-4
電話:075-600-9100
営業時間:11〜17時
定休日:木曜日
Instagram:https://www.instagram.com/cafedining_sera/?hl=ja
22 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

雨垂れ石を穿つ 雨垂れ石を穿つ

オススメの記事

今注目の記事