2016年4月5日 更新

大宮鞍馬口西*「うめぞの」新店舗オープン!新感覚な羊羹がおいしい「うめぞの茶房」【開店】

何かと話題の鞍馬口通りに、かき氷や甘味で有名なうめぞのの茶房がニューオープン!今までのうめぞのとは一風変わったメニュー展開で話題になっていますが、その変わったメニューとは一体…?

うめぞのの新店舗堂々オープン!

 (26331)

さらさ西陣や八雲食堂など、個性的で魅力的なお店が軒を連ねる鞍馬口通りに、かき氷や甘味で有名な「うめぞの」の新しいお店が開店。
和菓子フリークさんには「日菓があったとこ」といえばお分かりになるでしょうか。
以前ご紹介したさらさ西陣 http://kyotopi.jp/articles/1T3cl
の2軒東隣りに、3/24オープンされました。
 (26363)

町家を活かした静かで落ち着いた店内

土間に土壁風に壁に、ほんのり明るい電球とショーケースという、至ってシンプルな店内。
ショーケースには10種ほどのお菓子とカウンター。
こちらでスタッフさんに希望を告げ購入します。
 (26376)

 (26335)

 (26333)

まるでケーキ!?キュートだけど斬新な和菓子たち

 (26405)

こちらのお菓子は、今までのうめぞのとは一線を画したものになっており。
見た目はキューブ型でプチケーキのよう。フルーツが乗っていたりととてもキュートですが、実はこれらすべて羊羹だそうで、こちらは羊羹専門店なんだそうです。

こしあんやよもぎ、桜など、定番から季節ものなどさまざまなあんを、寒天やわらび粉に流し込み、その上にフルーツなどでデコレーションされているんだとか。
しかもアーモンドやほうじ茶など、おおよそ羊羹とは結びつかないデコが斬新でおもしろいです。
 (26343)

左からよもぎ・こしあん・レモンをテイクアウトしました。
よもぎは白あんときなことオレンジ
こしあんは白あんとアーモンドとイチゴ
レモンは生クリームとほうじ茶 がそれぞれトッピングされています。
見た目も取り合わせもまるでケーキのよう!
他にブルーベリーやココア、紅茶なんてメニューも。
桜を使ったこの季節らしいものもあり、季節に合わせたのも登場するそうです。
 (26340)

帰宅しさっそくいただきました。
画像のはよもぎですが、まず驚くのがなめらかな舌触りと柔らかさにほのかな甘味。
そしてオレンジの酸味がいいアクセントになっていて、さっぱりとおいしくいただけました。
ホンマにこれ和菓子?この食感にこの組み合わせ、羊羹である事を忘れてしまいそうでした。
羊羹なのでお茶と共に…と思っていましたが、コーヒーや紅茶とでも相性よさそうな気がします。

2階ではイートインもOK

 (26337)

 (26338)

そしてこちらでは2階でイートインで楽しむ事ができます。
テイクアウトの際も、1階のカウンターで注文し会計を済ませます。

2階のスペースは町家らしい薄暗い雰囲気を残しつつも、大きく取られた窓や天窓から光が注ぎ、明るく気持ち良い空間。
席数は多くありませんが、落ち着いた雰囲気でほっこりしたひとときが過ごせそう。
器やカトラリーもこだわりのものを用意されているので、そのあたりもぜひチェックを(スタッフさんの制服も超素敵です♡)

現状ドリンクは、フレッシュフルーツと日本茶を合わせた季節のお茶などだそうですが、ゆくゆくはコーヒーなども用意されるとの事。
また賞味期限が今日中なので旅行土産や発送には向きませんが、今後は日持ちのするものも登場予定だそうです。
 (26403)

自分用・自宅用にはもとよりお持たせとしても喜ばれそうですし、この趣ある空間でイートインもめっちゃ素敵。
和菓子ファン、うめぞのファンの方はもちろんそうでない方も、かわいくおいしい羊羹を一度味わってみてはいかがでしょうか。

こちらも人気沸騰で行列店になりそうな予感。ゆったり利用できる今のうちにどうぞ!

「うめぞの」への声

うめぞの茶房 店舗情報

住所:京都市北区紫野東藤ノ森町11-1
電話:075-432-5088
営業時間:11:30〜19:00(L.O. 18:30)
定休日:不定休
アクセス:京都市バス 堀川鞍馬口バス停より 徒歩約7分/大徳寺前バス停より 徒歩約5分
H.P:http://umezono-kyoto.com/cafe/
Facebook:https://www.facebook.com/umezonocafegallery/
Instagram:https://www.instagram.com/umezono_kyoto/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

デブ子デラックス デブ子デラックス