2016年2月19日 更新

市内各所で「ニュイ・ブランシュKYOTO」パリの白夜祭が京都に!【イベント】

まだちょっと先なんですが、おもしろそうなイベントを見つけたので、ご紹介します♪ 「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」は、パリ市が毎秋行う一夜限りの現代アートの祭典です。パリの姉妹都市・京都で、今年も日仏の現代アートを無料で楽しめる「ニュイ・ブランシュ KYOTO」が、10月3日(土)に市内各所で開催されます(^O^) 直訳すれば「眠れない夜」を意味するオールナイトのアートイベントです!

会場は、京都国際マンガミュージアム(中・烏丸御池上ル)、京都芸術センター(中・室町蛸薬師下ル)、アンスティチュ・フランセ関西(左・東大路東一条上ル)、市立芸大ギャラリー@ACUA(中・御池堀川東入ル)他、約30か所に及びます。

こちらは、2013年・京都国際マンガミュージアムでの様子です。

138111368664997399228
MM-Machideco3

芝生にたくさんの人が座って、普段とは違った姿の建物見つめています(*^_^*)

夜に楽しむ現代芸術

多彩なプログラムが目白押し!音楽の演奏やダンス、建物壁面への映像投影(プロジェクションマッピング)で、開催5周年を祝います(^O^)

昨年の「現代アート×伝統工芸」をDNAとして、今年のニュイ・ブランシュがテーマとするのは「ファッション」。日本とフランスで活躍するアーティストが、「日仏イノベーション年」の幕開けを華やかに飾ります♪

詳しいプログラムはこちら

こちらは昨年の様子ですが、アーティストの躍動感あるパフォーマンスを間近に見ることもできます(^O^)

e78d06ce2bdcec0a18df5bc174c8e82c259010d6_28_1_12_2

入場は無料です♪秋の夜長は、参加施設や参加アーティストを公式サイトでチェックして、近代アートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ニュイ・ブランシュKYOTOへの口コミ

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

東本願寺御影堂門ライトアップ〜京都 食とアートのマーケット in 東本願寺

東本願寺御影堂門ライトアップ〜京都 食とアートのマーケット in 東本願寺

8月26日(土)に開催される「京都 食とアートのマーケット in 東本願寺」前日の一晩限定で御影堂門(ごえいどうもん)と噴水がライトアップされました。
【京都ランチめぐり】紅葉を借景に庭園テラスの絶景ランチ!身体にやさしいデリ☆「京野菜レストラン梅小路公園」

【京都ランチめぐり】紅葉を借景に庭園テラスの絶景ランチ!身体にやさしいデリ☆「京野菜レストラン梅小路公園」

梅小路公園内にある京野菜を中心としたデリが楽しめるレストラン。広大な庭園を望むテラス席もあり、この時期深まる紅葉を楽しみながら、身体にやさしいランチが楽しめます。
11/23スタート!京都駅前を鮮やかに彩るライトアップイベント「ときめきプロジェクト」

11/23スタート!京都駅前を鮮やかに彩るライトアップイベント「ときめきプロジェクト」

京都駅前エリアで輝く冬のイルミネーション「ときめきプロジェクト」がはじまります!期間は11月23日(金・祝)から2019年3月23日(土)まで。初日にはスタートイベントとして光と協奏するピアノコンサートもあります♪
【2018京都紅葉最新】まさに見頃の枯山水回遊庭園!東山山頂の大舞台から市内一望☆「将軍塚青龍殿」

【2018京都紅葉最新】まさに見頃の枯山水回遊庭園!東山山頂の大舞台から市内一望☆「将軍塚青龍殿」

東山山頂に位置する天台宗青蓮院門跡の飛び地境内にある桜と紅葉の名所。夜にはライトアップも実施され、大舞台からの夜景とともに観賞できるスポット。
京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

京都の細見美術館にて「春画展妖怪画」とのタッグで旋風ふたたび?

2016年に京都で開催するや8万人もの観客を動員し、会場となった細見美術館の動員記録を塗り替えた春画展。その細見美術館での春画展が2018年に超パワーアップ! 春画と妖怪画という一見相反するテーマをタッグ展示することで、通常の美術展では見えてこない大衆文化のすみずみまで知ることができる展示となっています。 ※なお今展示では展示内容を考慮し、18歳未満の方は入館不可となっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー