2016年3月16日 更新

”はちまんさん”の玄関口、見どころもたくさん!「石清水八幡宮の山麓」(八幡市)

いよいよ終盤です、石清水八幡宮特集。今回は玄関口である山麓周辺の紹介です。

はちまんさんの愛称でお馴染みの「石清水八幡宮」。国宝にも指定され多くの観光客の方がいらしてます。
 (23287)

石畳や風情のある街並みが楽しい京阪八幡市駅周辺。今回は石清水八幡宮のふとも周辺の案内させてもらいまーす('ω')ノ
 (23295)

鳥居の前には以前にも紹介しましたら老舗甘味処「走井餅」。ぜひ小腹を満たしてもらうか、お土産にオススメですよ!

参道入口の 一ノ鳥居

 (23282)

「八幡宮」の額が掛かる表参道入口の鳥居。まさに玄関口。駐車場はこちらの奥にあります。
 (23283)

鳥居をくぐり、右側に放生池があります。四角い囲みに植えられているのはアサザです。

アサザは夏から秋にかけて黄色の花を咲かせる多年草で、純絶滅危惧品種にもなっている貴重な植物だそうですよ。

年に1度、重儀が斎行される頓宮

 (23284)

頓宮北門(とんぐうきたもん)です。

頓宮とは、あまりなじみがないかもしれませんが、宮とは、行宮(あんぐう)と同じく、本来は天子が一時的に宿泊または滞在される所を言いそうですよ('ω')ノ
 (23304)

きれいな朱色をした頓宮南門。

鳥羽伏見の戦いで残念ながら焼失しましたが、昭和13年に山上本宮の南総門が新築されたのに伴い、旧南総門がこちらに移築されました。
 (23285)

頓宮南門から、頓宮をパシャリ!とってもいい絵ですね。

天気がよかったら、もっといい写真になったのになぁ( ;∀;)
 (23289)

頓宮南門の先には駐車場があります。

なにやら斜めになった松の木が・・。こちらは、あの頼朝公ゆかりの松とされています。

歴史とロマンを感じさせますね。※表現が古い(笑)
源頼朝公奉納の伝承を持つ「六本松」のことが記されており、唯一の生き残りであった松が昭和22年、落雷により焼失されてしまいました。現在の「頼朝松」は昭和30年に奉納された2代目です。
 (23288)

駐車場の入口です。石畳は風情があっていいですね。

一般車両は500円とお手頃価格です。駅も近くアクセスもいいので、一度観光にいらしてくださいね!(^^)!

石清水八幡宮へのTweet

石清水八幡宮 概要

名称:石清水八幡宮
住所:八幡市八幡高坊30
電話番号:075-981-3001
公式HP: http://www.iwashimizu.or.jp/

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミート姫 ミート姫