2018年3月7日 更新

【新店】人気の日本料理店が満を持してオープン!逸品料理と日本酒で昼呑みもできる☆蕎麦割烹「龍」【六角富小路】

街中にある、町家リノベーションの人気の日本料理店「京甲屋」が満を持して蕎麦割烹店を2月にオープン。こだわりの逸品と日本酒が昼から楽しめるお店。〆のお蕎麦はバリエーションあり。

 (117479)

〆のお蕎麦は手打ちで、温かいのやら冷たいのやら。天ぷら、鴨、きつね、とろろなど。
 (117485)

まずはこんな小鉢が並んだ前菜セット「十味(とみ)箱」。
なんか、これだけでいくらでも日本酒が呑めそうな(笑)
蕗と白身魚の八幡巻、ねぎマグロ、白魚と若布の土佐酢ジュレ、小芋旨煮、ホタテの冷菜、聖護院大根だったか磯部揚げあんかけ、もずく酢、ニラの烏賊塩辛和え、ひな祭り時期ということでちらし寿司。それらがちょこちょこと楽しめます。
 (117486)

 (117487)

となると、日本酒にスイッチ。伏見の酒・白木久純米。
 (117488)

焼き物、鴨ロース炙り焼。こちらは鴨の美味しさに定評あり。
 (117489)

いい燻煙臭も風味にプラスされて、鴨本来のジューシー感や美味しさが口に広がる。
 (117490)

宮城のお酒・日高見。こちらではご主人のセレクトで特に純米酒中心に。
 (117491)

まながつおの西京焼き。噛みしめるほどに、西京味噌とまながつおの旨味のマリアージュ。
 (117492)

そして、〆に天ぷらでざる蕎麦。上品なポーション。つけ出汁もキリリと節感。
 (117493)

蕎麦湯の器もちょっとモダンな雰囲気。今回のお料理、最初の前菜プラス単品、お酒で一人5000円程度。

最近昼呑みできるお店も増えましたが、割烹店で本格的なアテが食べられてというお店はまだまだ少なく、こちらはパイオニア的とも言えるかも。もはや昼と夜の境目もなくなりつつある兆しなんですかね。

ヨ~イヤサ~♪

蕎麦割烹 龍 への口コミ

詳細情報

住所:京都市中京区富小路通六角上る朝倉町534 ホテル京都シャラガム1F
電話番号:075-252-5030
営業時間:14:00~16:00
     17:00~24:00(23:00ラストオーダー)
定休日:火曜日
関連サイト:http://kyokabutoya.com/index.html
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】12月オープン!京都先斗町のお忍びろーじの名店!!名割烹出身の凄腕に注目集中☆「酒処てらやま」

【新店】12月オープン!京都先斗町のお忍びろーじの名店!!名割烹出身の凄腕に注目集中☆「酒処てらやま」

12月オープンした注目の割烹店。先斗町のろーじ(路地)の中でも、ちょっとわかりづらい隠れ家的お忍び感ある場所に立地。有名料亭、割烹出身のご主人のお店ということで、すでに業界から注目を集めています。
京都蕎麦マニアの人気店!夜はアテも充実☆〆はもちろん絶品蕎麦!!手打ち蕎麦「いまふく」

京都蕎麦マニアの人気店!夜はアテも充実☆〆はもちろん絶品蕎麦!!手打ち蕎麦「いまふく」

全国から集めた数種類の産地の蕎麦をそれぞれ違った挽き加減の自家製蕎麦粉を使った手打ち蕎麦が食べられる、蕎麦マニアの間で評判のお店。夜のアテメニューもかなり充実。
【京都発酵食品めぐり】10月オープン新店!全国の醸造味噌32種類を扱う味噌専門店「蔵代味噌」

【京都発酵食品めぐり】10月オープン新店!全国の醸造味噌32種類を扱う味噌専門店「蔵代味噌」

地下鉄烏丸御池駅にもほど近い場所に、今月オープンした醸造味噌の専門店。全国津々浦々の選りすぐり味噌が全部で32種類。レアな味噌やブレンド味噌も。
【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

【京都和食めぐり】創業当初から変わらぬ穴場の高コスパ懐石!破格3900円秋の味覚必食「京料理かじ」

おおきに~豆はなどす☆京都府庁前にある京料理の名店。創業当初から高コスパの懐石を提供し、そのスタイルは今も変わらず健在。久々に夜うかがいました。
【京都ランチめぐり】京都哲学の道沿いにオープン!こだわり打ちたて蕎麦がガッツリいただける☆「そばがき 蕎麦 十五」

【京都ランチめぐり】京都哲学の道沿いにオープン!こだわり打ちたて蕎麦がガッツリいただける☆「そばがき 蕎麦 十五」

おおきに~豆はなどす☆哲学の道沿いに2月オープン。挽きたて打ちたて湯がきたての蕎麦がガッツリいただけるお店。ちょうど紫陽花シーズンかと哲学の道散策がてら行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな