2019年7月5日 更新

【京都モーニングめぐり】知る人ぞ知る昭和レトロな激渋純喫茶!地元民の和み空間「喫茶リリー」

おおきに~豆はなどす☆今回は山科区、新幹線高架下にある古い純喫茶。常連さんに愛される地元密着型のお店。創業50年余のレトロな雰囲気の店内が純喫茶好きにはたまらない。

隠れたレトロ喫茶の宝庫・山科

 (157334)

山科区、五条通り新幹線高架下に沿った通り沿い。
いつも車で通るたびに、ちょっと怪しげな雰囲気を醸す、こちらの喫茶店が前から気になっていました。

店名「リリー」って、完全に昭和風味というか。創業50年余の古い純喫茶。
 (157342)

店内はレトロな純喫茶好きにはたまらない、ここだけ時代に取り残されたような空間。
しかも、それをウリにするために古い趣きを大切にしている、というより自然とそうなった、というような。

ちょっと驚きの穴場感。
 (157335)

店内はカウンター席とテーブル席。テレビもあります。
 (157340)

さらに隣には、今では機能していない様子のバーカウンターがあり、もしかしたら以前は夜スナック営業されてたのでは?と思える設えも。あと、マガジンラックもありました。

店内は常連客でにぎわい、来店したときお店の女将さんが不在で「お客さん~」と声掛けしてもらいました(笑)地元密着型。
 (157336)

店内にはそこここに渋さが漂っています。メニュー表もその一つ。
 (157337)

トイレも『化粧室』と書かれ、このすりガラスも今となってはかなり貴重なものだと思います。
昭和感全開。
 (157338)

 (157339)

 (157341)

手書きのメニューがいい味出してます。

で、この日朝食抜きで入店しましたが、ちょうどモーニング終了時刻ながら注文できないかとたずねると、気安く「かまへんかまへん~」と女将さん快諾。ドリンク類はコーヒーチョイスで。
 (157343)

ほどなくして、モーニング登場450円。安い!

バターをたっぷり塗ったトースト。こちらは地元山科の丸善パンの食パン使用。千切りキャベツには胡麻ドレッシング、目玉焼き。そしてコーヒー。
 (157344)

ピンボケですが(汗)遜色ない美味しさです。こんがりトースト。
 (157345)

目玉焼きはとても家庭的な感じのやつ。そして箸休め的に千切りキャベツ。

きっと市内の中心にあったら、そのレトロ感や雰囲気で雑誌にも取り上げられそうなノスタルジックさ。意外と山科には穴場の古い喫茶店が多いのかも、と。ラーメン店と同じく。ちょっとそんな発見でした。

ヨ~イヤサ~♪

喫茶リリー への口コミ

詳細情報

住所:京都市山科区西野左義長町6
電話番号:075-593-8176
営業時間:7:00~15:30
定休日:木曜、日曜、祝日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな