2015年12月1日 更新

味覇の中身は京都本社の創味食品だった件【ニュース】

だれでもプロの味が再現できる魔法の調味料として重宝されていた「味覇」。みなさん、ご存じのこのパッケージですね。神戸の廣記商行という会社が販売していたのですが、トラブルにより味が変わるとのニュースです。

weipa_tube

 

ここまで聞くと京都と関係ないニュースですが、

実は 「味覇」の製造元は、なんと伏見区横大路に本社のある、さしすせそうみの創味食品だったのです!!

ここで、安田美沙子さん出演中のCMで「さしすせそうみの~♪」を振り返ってみましょう(笑)

近所に、先日記事にした横大路交差点近く、「焼肉きんぐ」や「焼肉さかい」、「流れ鮨 三代目おとわ」、「スーパーオートバックス」 があるあたりです。地図はこちらです。

 

少し脱線しましたが、ことの発端は「味覇」チューブタイプ発売のようです。

昨年上旬に廣記商行が発売したチューブタイプの「味覇」。創味食品は、「永年のパートナーが当社に無断で類似品を他社メーカーに依頼し発売することは当社にとって看過できることではありませんでした」とのこと。 その後、信頼関係の回復はできず、7月末に契約は破談になった。ただし、メーカーの供給責任として、創味食品は3月末まで「味覇」の生産を引き受けていたのことです。

そして、4月1日より、 「味覇」を「創味シャンタン」として販売を開始しました。

業務用と家庭用とすみわけとしていたのですが、はれて家庭用として販売できるようです。

※商品ページ http://www.somi.jp/products/syantan.php

product_syantan_photo

 

さっそく、山崎努さんと安田美沙子の意味深(笑)がCMがスタートしていました。「真実は、白い缶の中にある」とのことです。

それがこちらです。

 

そして、お値段もこれまでの「味覇」より若干お安いようです。

「味覇」好きの方も、ひと安心。これからは「創味シャンタン」をお買い求めください(笑)

これから「味覇」ではなく、「シャンタン」と言われように創味食品さんに頑張って頂きたいですね。

京都の会社なので応援しています!!

ではでは。

※引用元

株式会社廣記商行 http://koukishoko.co.jp/

株式会社創味食品 http://www.somi.co.jp/

 

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【コンビニグルメ】新発売!京都本社・創味食品の本格中華スープ使用カップ麺「創味シャンタン 海鮮塩味 刀削風麺」

【コンビニグルメ】新発売!京都本社・創味食品の本格中華スープ使用カップ麺「創味シャンタン 海鮮塩味 刀削風麺」

おおきに~豆はなどす☆今回は5月27日から販売されているコンビニカップ麺。使用される調味料として、京都に本社構える創味食品のプロも愛用する本格中華スープ「創味シャンタン」を前面に押し出したもの。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン