2017年3月14日 更新

祇園 路地奥にある鰻の名店!150年以上続く老舗「かね正(かねしょう)」【予約必須】

祇園四条、大和大路通り北側にある鰻料理の名店「かね正(かねしょう)」をご紹介します。鰻の旨味を存分に味わうことのできる創業150年を超える老舗です。

祇園 路地奥にある鰻料理の名店

 (75144)

祇園四条から徒歩1分、大和大路の北側に郵便局がありますが、そのすぐ隣にこのような看板があるのはご存知ですか? 今回は創業150年、うなぎ料理の名店「かね正」をご紹介します。
看板も控えめなので気をつけないと通りすぎてしまいます。
 (75145)

この路地の奥にお店の玄関があります。このひっそりとした感じでさらに期待感が高まります。
 (75146)

こちらが「かね正」の玄関。上品と雰囲気のある佇まいです。
店内はテーブル席が2卓、カウンター6席のとても限られた空間になっており、常に予約でいっぱいの人気店。最近は海外からのお客さんも多く予約必須です。
 (75147)

かね正のメニューはこちら。
どんぶりやうな重の他に、おまかせのコースもあります。
一品はだし巻きとうなぎ巻きが人気だそうです。
 (75148)

目利きした国産のうなぎを使い、関東風の身の厚みが一定になる背開きにしたうなぎを、関西風に蒸さずに直焼きします。
ご主人がじっくりと丁寧に時間をかけて焼いていきます。
 (75149)

ご飯に特製のタレをかけてよく混ぜていきます。ご飯だけでも十分に美味しいそうです(笑)
 (75150)

タレがまざったご飯をどんぶりによそい、丁寧に焼かれたうなぎをのせます。その上に錦糸卵をたっぷりとのせ「きんし丼」の完成です。
ここまでおおよそ30分ほど、時間に余裕をもってお越しくださいね。

ふわふわすぎる、きんし丼

 (75151)

きんし丼(1,700円)のどんぶりには蓋がされ、香物とお吸い物がついてきます。
 (75152)

蓋をあけると、ふわっと鰻の香りが広がります。ご飯の上には錦糸卵がたっぷりとのっていて、見るからに錦糸卵がフワフワしていますよね。
 (75153)

錦糸卵の下にはたっぷりのうなぎが隠れています。皮目はパリッと身はふっくらと。鰻の旨味をたっぷりと味わうことができます。
 (75154)

うなぎの香ばしさと風味をたっぷりの錦糸卵がご包み込み、とてもまろやかでマイルドな口当たりです。すべてのバランスが完璧が、食べる勢いがとまりません。とてもマイルドな口当たりで、女性にもオススメの一杯です。

うなぎの旨味を存分に堪能できる老舗の名店です。一度ご予約の上、ご賞味いただきたい「きんし丼」です。

鰻料理 かね正 クチコミ情報

鰻料理 かね正 店舗情報

店名:鰻料理 かね正(かねしょう)
住所:京都市東山区谷本大路通四条上ル常盤町(祗園郵便局北側路地入る)
電話番号:075-532-5830
営業時間:11:30~14:00 / 17:30~22:00
定休日:木曜・日曜

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし