2016年2月19日 更新

八幡 ギリシャ風の拝殿が珍しい!日本に唯一の「飛行神社」に行ってきた【珍スポット】

ライト兄弟より16年も早く有人飛行機を設計していた日本人のことをご存じですか?

日本全国でも珍しい、航空安全の神社「飛行神社」へ参ってきました。京阪・八幡駅からも徒歩約5分ほどで行けるので、散策にもぴったりです(^^)住宅街の中にいきなり現れるこちらの神社は、飛行原理を発見した二宮忠八が、飛行機事故殉難者の御霊をお祭りするために、自宅地内に創設した神社なんです。
IMG_6253

写真右奥に見えている銀色の鳥居、こちらは航空機に使われているのと同じジュラルミン製でできているんだそうです!神々しく輝いていました(^O^)

飛行機にまつわるものがたくさん

IMG_6244

神社正面のガラス張りの建物には、戦闘機の巨大なジェットエンジンが祀られています。かなりでっかいです。飛行機ファンでなくとも迫力に圧倒されますよ!

IMG_6254

階段を上がり入って行ってみると、パルテノン神殿のような拝殿がお目見えします。洋風な出で立ちに少しびっくり。三つの社殿が並んでいて、正面には空の神様を祭神として鎮座、右の社殿には航空殉難者の霊を合祀、左の社殿には薬業に関係の深い薬祖神を祀っています。

IMG_6246

こちらは、海底から引き揚げられたという零戦のプロペラ。

IMG_6245

赤く錆びていたり、プロペラはひん曲がっています。戦争の恐ろしさを目の当たりにして胸が苦しくなりました。エンジン本体はアルミニウム合金でプロペラはジュラルミン製です。

絵馬には飛行機の絵が描かれていています。お願いはやはり航空関係が多いようですね。

IMG_6249

おみくじも一風変わっていています。「神飛行機おみくじ」まずこちらの紙を飛行機の形に折ります。

IMG_6251

そして、円の中を通るように投げてください!どんなに近づいても大丈夫です。大切なのは、ちゃんと円の中を通ることです!

IMG_6248

販売所では、お守りや世界の航空会社のキーホールなどが。飛行機モチーフってなんか可愛いくて好きです。

IMG_6247
IMG_6250

おもしろいのが「ゴルフ守り」。飛ぶことが共通しているので、こういうお守りもありなんですね(^^)お父さんにプレゼントしたら喜ばれそう♪

20150626123446golf

境内には、いたるところに昆虫やプロペラなどをモチーフにしたステンドグラスがあって、色々なガラスが使われていて綺麗でした(*^_^*)

IMG_6252
IMG_6255

創建者・二宮忠八ってどんなひと?

以下、八幡観光協会のWEBより抜粋。

飛行神社は、大正4年(1915)、航空界のパイオニア、二宮忠八が八幡市八幡土井の自宅邸内に創建したのが起こりである。 忠八は、慶應2年(1866年)6月、愛媛県八幡浜に誕生。独学で作った凧は、独創的かつ奇抜で「忠八凧」と呼ばれた。明治20年(1887)12月、丸亀歩兵連隊に入隊。四国山岳地帯で演習中、烏が残飯を求め滑空する姿に興味を示し、空を飛ぶ機械の発明に大きなヒントとなった。以後、研究を重ねて明治24年(1891)4月29日、日本人初のゴム動力による「カラス型飛行器」の飛行に成功。次に人の乗れる玉虫型飛行器を考案に着手。明治26年(1893)に設計を完了し、軍で研究開発してもらおうと願い出たが却下され、独力完成を決意。資金を貯え、自力で飛行機開発の条件が整った明治33年(1900)、京都府八幡町に土地を求め、開発に努力していたところ、明治36年(1903年)12月17日、ライト兄弟が飛行機を完成させ、飛行に成功したとの報を聞くことになった。忠八は無念の涙を流し、「飛行機を作ったとしても真似という評価しか受けない」と製作を断念したという。

境内には、創健者である二宮忠八の多大な功績をたたえた「二宮忠八資料館」があります。自筆の資料や写真などが展示されていますよ。館内は撮影NGだったので、写真がなくてごめんなさいm(__)m 中には、「飛行文庫」と名付けられた小部屋があって、ものすごい数の飛行機模型と資料が展示されています。

b0163792_1394882

飛行機ってロマンを感じますよね。ここのスペース、ものすごくテンションあがりました!笑 さらにこの倍は展示されています。

入場料は大人300円 中高生200円ですが、資料館としてはとても勉強になり楽しめる内容だったので、価値あるものだと思います(^O^)

駐車場も無料で数台置くことができます。少し分かりにくいですが、神社横のスロープを奥に進むと建物の地下が駐車場になっていますのでご利用くださいね。

IMG_6243
IMG_6242

小さな神社ですが、見どころはたくさん!一風変わった神社、見に行ってみませんか?

飛行神社への口コミ

飛行神社 基本情報

名称
飛行神社
住所
八幡市八幡土井44番地
電話番号
075-982-2329
時間
8:00(開門)~17:00(閉門)
関連URL
http://www.enrichen.co.jp/hiko/
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

最後は神頼み?!京都の一風変わった神社仏閣まとめ 【珍スポット】

最後は神頼み?!京都の一風変わった神社仏閣まとめ 【珍スポット】

商売繁盛や恋愛成就のご利益で有名な神社仏閣は多くありますが、今回は一風変わった京都の神社仏閣をご紹介します。
八幡 壁に落書きをしてお願いごとが叶う?「らくがき寺(単伝庵)」【珍スポット】

八幡 壁に落書きをしてお願いごとが叶う?「らくがき寺(単伝庵)」【珍スポット】

ご存知の通り京都には神社・仏閣が多くありますが、その中でも八幡にある「らくがき寺」と呼ばれる一風変わった珍スポットを紹介します。
京都郊外のおすすめモーニング★ほっこり微睡む朝時間*かりんとう【男山】

京都郊外のおすすめモーニング★ほっこり微睡む朝時間*かりんとう【男山】

男山病院の前のカレーが売りの喫茶店。穏やかなマダムが作り出す安らぎの空気感とマイルドなコーヒーでほっこり朝時間。
【京都大学イベント】日本最古の学生自治寮・吉田寮を徹底解剖!ドラマ放映も決定!!気軽に誰でも参加可◎「きてみな吉田寮」

【京都大学イベント】日本最古の学生自治寮・吉田寮を徹底解剖!ドラマ放映も決定!!気軽に誰でも参加可◎「きてみな吉田寮」

最近何かと話題の京都大学。つい最近ではタテカン騒動もあり、今京都大学が熱い!と注目。そんな中、京大名物スポットとして名高い『吉田寮』も今話題の的。学外者にも開かれたイベントが吉田寮で開催、と聞いて参加してきました。
【京都発酵食品部】日本唯一!発酵を司る微生物を供養する珍スポット!!京都洛北曼殊院門跡境内「菌塚」

【京都発酵食品部】日本唯一!発酵を司る微生物を供養する珍スポット!!京都洛北曼殊院門跡境内「菌塚」

京都にはいろいろな供養塔、塚がありますが、こちらはちょっと珍しいスポット。洛北にある古刹・曼殊院門跡。その境内にある微生物を供養するために建立された菌塚。発酵作用を司るのもまた菌。ということで、行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アリー アリー