2019年3月4日 更新

京都|人気海鮮居酒屋の新店は炭火と干物!「魚と焼 参五八」【開店】

京都の人気海鮮居酒屋の「雑魚や」グループ、新店の「魚と焼 参五八」が四条堺町にオープン!早速行ってきました。

雑魚やの新店は「炭火と干物」

 (146032)

京都の人気海鮮居酒屋グループの「雑魚や」。居酒屋、バル、寿司など多彩な展開をしており、本店は烏丸六角。系列店は木屋町や祇園、烏丸御池などにあります。
海鮮がメインなのはこれまでと変わりありませんが、少し趣向の違う、魚の炭焼きのお店をオープンされたので、さっそく行ってきました。店名は「魚と焼 参五八」で、場所は四条堺町を少し下がったところです。
 (146034)

入ってすぐの場所には、自家製の干物セラーがあります。
ここで自慢の魚たちを、寝かせて美味しくします。
色んな魚が吊ってあり、見ているだけで楽しくなりますね。
 (146036)

ではでは、さっそく頂いていきます!
参五八の名物になりそうな前菜の盛り合わせ「玉手箱」、内容は日替わり。まさに玉手箱のようにあけるのが楽しみな前菜盛り合わせです。
内容は雑魚やグループ自慢の海鮮ネタがメインです。
 (146037)

ホタテやうざくも美味しかったのですが、やっぱりこのトロは最高でした。
もう日本酒がめっちゃ欲しくなるやつです。
 (146039)

こちらが目玉メニューの「浜焼盛 参五八盛り」
基本は2人前で2580円ですが、今回は鰻なども足してもらったスペシャルバージョンなので、参考までに。
ホタテ、ホッケ、イカ、穴子、鰻、焼きフグ、みりん干、干物といったよだれものラインナップ。
 (146040)

それでは焼いていきます!
もちろん炭火です。まずは貝類から。
卓上に海鮮用のお醤油があるので、少したらして焼いてください。
 (146041)

旨味がつまって、食感も最高だったホッキ貝。
お店の方もイチオシされていました。
 (146042)

こちらはエイヒレ。よく居酒屋さんにあるエイヒレとは全然違います!
もっちりとジューシー。美味しいです。
 (146055)

穴子も焼きます。2日寝かして、余分な水分がとんで旨味が凝縮。
ふわふわというか、モチモチした食感の旨味たっぷりの穴子でした。美味。
 (146043)

みりん干し。上品な甘みが、辛口の日本酒にピッタリ。
 (146051)

旨味がたっぷりのさけとば。
 (146044)

こちらも寝かしたうなぎ。
 (146045)

皮目からじっくりと焼いていきます。
この様子をみているだけ、1杯飲めます(笑)
 (146046)

うなぎは白焼きにして、わさびを添えて。
炭の香りをまとったはうなぎは、たまらない美味しさ。
こちらもぜひ頼んでみてください!
 (146047)

特製のタレに漬け込まれた焼きふぐ。
じっくりとじっくりと焼いていきます。
 (146048)

焼ふぐに合わせるのは、土鍋ごはんがオススメなので、事前に注文しておいてくださいね。
この焼きふぐと炊きたての白ごはんが最高の組み合わせなんです。
ごはん、おかわりしちゃいますよ、きっと。

お米は丹後産のコシヒカリ、安定の美味しさです。
 (146054)

定番のメニューのほかに、その日のオススメもメニューもあります。
この日のラインナップはこんな感じ!
 (146049)

うにがあれば、ぜひ試してほしいのがコレ!!
焼きおにぎりと、うに!!
名付けて、焼きうにぎり(笑)

ごはんを炭火で焼いて、焼きおにぎりに。うにも軽く焼くと甘味が増します!
 (146050)

おにぎりにいい感じにコゲがついたら、海苔を少し炙ります。
おにぎりの上に、さきほどのうにをたっぷりのせて、ほうばるともう悶絶するの美味しさ。

贅沢すぎる焼きおにぎり「焼きうにぎり」、うにがありましたらぜひ試してください!
 (146038)

食事だけではなく、もちろんお酒にこだわりあり。
日本酒は4蔵から。奈良の今西酒造、姫路の奥播磨、京都の城陽酒造、栃木の鳳凰美田がラインナップ。
また少し変わった酒ハイボールもオススメです。
 (146033)

座席数は、20席ちょっと。
カウンター6席とテーブル席が3卓、席数はそんなにないので
事前に予約されることが無難です!
 (146035)

こちらがテーブル席。みんなでワイワイしながらの炭火焼きは楽しいこと間違いなし!
雑魚やグループの新業態、ぜひ確認してにいってください、美味しいお魚が食べられます。

クチコミでの評判

基本情報

店名:魚と焼 参五八
住所:京都市下京区堺町通四条下綾材木町199 SAKIZOビル 1F
電話番号:075-361-3358
営業:夜営業のみ
定休日:日曜日

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし