2021年3月11日 更新

【京都桂】肉汁じんわりが美味「餃子の虜や」のこだわり餃子

西京区桂にある「餃子の虜や」は、以前祇園にあった「祇園虜や」が始めた餃子専門店だ。元鉄板焼屋の極小スペースで、テイクアウト専門店として営業している。

メニューは潔く餃子のみ

 (202426)

阪急桂駅から徒歩10分ほど。「餃子の虜や」は、桂川街道沿いに店を構えている。オープンは2018年6月。それまでは祇園で中華料理店として営業していたが、餃子に特化した店にすべく移転開業した。
 (202428)

販売しているのは、ノーマルな餃子と大葉餃子の2種で、テイクアウトのみ。生や冷凍、焼きたてを購入することができる。

餃子2種を実食

焼餃子・280円/大葉焼き餃子・330円(一人前)

焼餃子・280円/大葉焼き餃子・330円(一人前)

餃子の具には、京丹波高原豚のミンチや国産野菜を使用。噛むたび肉汁がしみ出し、小籠包を思わせる。肉の旨味と、野菜のシャキシャキ感や甘みが口全体に広がりおいしい。タレをつけず食べられるほど、しっかりした味付けになっている。

豊かな味わいだがニンニクは不使用。ニンニクが入っていなくても味に深みが感じられるのは、飴色になるまで炒める玉ねぎが入っているから。ニンニクなしでもおいしく食べられるようにと、研究が重ねられた結果だ。
左・焼き餃子/右・大葉焼き餃子

左・焼き餃子/右・大葉焼き餃子

大葉がたっぷり練りこまれている大葉餃子は、大葉の爽やかさのおかげで後味さっぱり。かといってさっぱりしすぎず、肉や野菜の旨味が伝わってくる。

おわりに

 (202453)

上記2種類以外に、限定でホルモン餃子が販売されることがある。4、5種類のホルモンが具材になった特別メニューだ。早いときは昼過ぎに完売する人気メニューで、買えるのは月末の土日など特定日のみ(3月は27、28日)。販売スケジュールはInstagram (https://www.instagram.com/torikoyagyoza/ )で告知されるので確認を。また、取り置きができるので、確実に手に入れたい場合は前日までの連絡がベターだ。

店舗情報

店舗名:餃子の虜や
住所:京都市西京区桂久方町54-2
電話:070-3349-8459
営業時間:お昼頃~14:00頃/17:30頃~20:00頃
定休日:水曜日(木曜不定休)
公式サイト:http://torikoya.bridge-sand.com/
16 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

雨垂れ石を穿つ 雨垂れ石を穿つ

オススメの記事