2017年1月7日 更新

濃厚系好きもニッコリな鶏豚骨ラーメン!直太朗丼も大満足!「キラメキチキンハート」

葛野大路四条、山ノ内にある京都ローカル拉麺チェーン、キラメキグループ「キラメキチキンハート」なり。

 (67902)

我が家では特にお気に入りのラーメン店、山ノ内にある「キラメキチキンハート」なり。
天下一品を始祖とする、丼に箸が立つような劇濃厚系なラーメンが好きな我が家。天一を除く京都の古典的名店で好きなお店はほぼ無し!なのですが、最近寄る年波には勝てず(泣)、そんなに濃くないのもイイねえ、と好きになったお店。

キラメキを冠するラーメン店は京都市内で現在5店舗ほど展開されていて、こちらは店のお向かいが大規模スーパーなので、買い物ついでに行くのに便利なのが特に好きな理由。台湾まぜそば「直太朗」が人気メニューですが、我々は普通のラーメンを推薦したいですな。
 (67903)

お昼時は行列ができるお店ですが、今日は偶然にもすんなりカウンター席確保。券売機でチケットを買おうとするとついつい限定メニューに目が行くのだ。
 (67904)

実は結構味噌ラーメンも好きな私。寒い季節に鼻をづるづる言わせながらアツアツをふうふう頂くのに適切なメニュー。今回チョイスは鶏豚骨味噌ラーメン¥850にチャーシュートッピングで+¥200なり。〆ごはんが付いてくるのが計算ミス!(つい、直太朗丼¥250も頼んでしまった~!)
 (67905)

存在感しっかり!な北海道を思わせる太麺が好ましい一杯。味噌味濃厚だが重くはなくまろやかしっかり系、という感じ。隠し味の唐辛子・山椒が時々顔を覗かせるスープがいい。

それに存在感抜群なチャーシューも印象的。10mm厚ほどの柔らかい角煮のようなチャーシューだが味付けは濃くしていないのが3枚も!揚げ餅まで入っているサービス抜群な一品。最後に残ったスープにご飯を投入して余さずいただけるのも嬉しいのだ。
 (67906)

台湾まぜそばの麺をライスに置き換えた「直太朗丼」は¥250なり。ピリ辛ミンチと卵、切り海苔にネギ、それにごま油系甘タレをかけたご飯をまぜまぜしていただく趣向。これも半分は味噌ラーメンダシに投入して大満足なりでした。
 (67907)

にぼとんラーメン並で¥750なり。ほどよい煮干しの旨みにバランス良く豚骨が効いている。スープに箸が立つようなでろでろ濃厚系のような押しは無いのですが、いい感じの濃さで濃厚系大好きな嫁もにっこり。
 (67908)

麺は中太ストレート多加水麺。これもなかなかお気に入りな一杯ですな。いやー、大満足なりでした。我々が入った途端次々にお客さんがやってきて、帰るころには6人ほどの行列がお店前に出来ました。ま、回転は非常に良いので、10分ぐらいで順番はまわってきそうですが。 ご馳走様でした、また来ます~。

キラメキ チキンハート クチコミ情報

キラメキ チキンハート 店舗情報

名称:キラメキ チキンハート
住所:京都市右京区山ノ内苗町28
営業時間:11:00~14:30 18:00~22:30
定休日:不定休
TEL:075-754-6388
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

濃厚なのに後味スッキリ!麺はプリプリのツルツルで「京都祗園  泉  麵家 千本丸太町店」

濃厚なのに後味スッキリ!麺はプリプリのツルツルで「京都祗園 泉 麵家 千本丸太町店」

二条近くの「京都祗園 泉 麵家 千本丸太町店」さんで、美味しい濃厚鶏豚骨ラーメンを頂いてきました!
伏見駅近く「ラーメンたぬき屋」一周年を迎えてますます人気店に!【まぜそば】

伏見駅近く「ラーメンたぬき屋」一周年を迎えてますます人気店に!【まぜそば】

ラーメン激戦区となりつつある伏見駅周辺の人気店「ラーメン たぬき屋」さんです。すっかりお馴染みのお店になってきました。
常盤 ホロホロチャーシューが絶品!「ラーメンてんぐ」【ラーメン】

常盤 ホロホロチャーシューが絶品!「ラーメンてんぐ」【ラーメン】

常盤にあるチャーシューがめちゃうまいと評判の「ラーメン 天狗」にお邪魔してきました。今回は、嵐山にお勤めのお姉さまと一緒に行ってきましたよ。
「ラーメン頑固麺」旨味タップリ濃厚鶏豚骨ラーメンが絶品!伏見エリア不動の人気店!

「ラーメン頑固麺」旨味タップリ濃厚鶏豚骨ラーメンが絶品!伏見エリア不動の人気店!

ラーメン激戦区伏見エリア、深草にある「頑固麺」の紹介です。オープンからすぐに人気店の仲間入り。今では、常に行列ができる不動の人気店です。
伏見稲荷の新名物?!グツグツ濃厚つけ麺にゲンコツサイズの唐揚げ!「ラー麺 陽はまた登る」

伏見稲荷の新名物?!グツグツ濃厚つけ麺にゲンコツサイズの唐揚げ!「ラー麺 陽はまた登る」

濃厚つけ麺にゲンコツサイズの唐揚げが名物、伏見稲荷の人気ラーメン店「ラー麺 陽はまた登る」。雑誌のグランプリを取るほどの実力派のお店です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。