2016年8月20日 更新

【京都宇治平等院スグ】宇治茶老舗店ならではな香り高いほうじ茶宇治きん氷必食!宇治川風景も癒やされる☆甘味処「中村藤吉 」

宇治といえば、当然宇治茶が名産品。創業明治3年創業の宇治茶ひとすじの老舗店がプロデュースする甘味処で、宇治観光の休憩に立ち寄ってみました。

宇治茶の老舗店立ち並ぶ中で

 (50600)

じつは宇治まで足を運んで、宇治茶系のスイーツ店行く機会があまりなく(笑)有名な老舗、2~3軒ほどは知っていてもその違いを比較するほど知識なく。

ただ、京都イチ有名なパン屋・たま木亭のほうじ茶パンで使用している真っ黒なほうじ茶は、この中村藤吉のものだと知って、注目してました。すごく香り高いんで。
 (50601)

宇治観光の休憩に立ち寄ってみることに。ちょうど宇治川に面した見晴らしのいい立地。
こちらも人気店で、時間帯によっては行列。でも、本店の混み具合を考えると、こちらのほうが空いてますかね。
そして、喫茶やスイーツ以外に、抹茶を練り込んだうどん、そばなどの軽食もあり、昼時もなかなかの人気。まあ、宇治に来て茶系フード食べないってありえないくらいな話ですからね(笑)

ここはあえてのほうじ茶!香り高い宇治きん氷

夏季限定宇治きん氷は3種。抹茶、ほうじ茶、黒蜜抹茶。
最初からほうじ茶狙いだったんで、それに。
 (50603)

ふんわり盛られたきめ細かい氷にあんこ、白玉、ソフトクリーム。そして、添えられた真っ黒のほうじ茶みつ。見るからに濃厚。
 (50602)

そして、みつをかけると一気に泥んこレスリング風(笑)いや、冗談ですが。
微かな氷ににじむ色の濃淡で、もともとは緑茶だったんだよな~と認識。でも黒というか、焦げ茶色に変身。
そして、食べてみると若干のお茶らしい渋みも残しつつ、芳醇な味わい。途中、あんこやソフトクリームで甘みを増量しつつ、冷え冷えになりながら完食。
蜜が別添えになってると、もともとの味がわかりやすくていいですね。ちょっと抹茶もためしてみたいかも。この夏の宇治観光の休憩にはぜひここを組み入れてみてください!

ヨ~イヤサ~♪

中村藤吉 平等院店 への口コミ

中村藤吉 平等院店 基本情報

住所:京都府宇治市宇治蓮華5-1
電話番号:0774-22-9500
営業時間:[平日]10:30~17:00 (L.O.16:30) [土・日・祝]10:30~17:30 (L.O.16:30)
定休日:火曜・水曜
関連サイト:http://www.tokichi.jp/tea/index.html
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都錦市場】テイクアウト用でおなじみ京都人御用達の老舗うどん店!年越しそばも破格「冨美家(ふみや)」

【京都錦市場】テイクアウト用でおなじみ京都人御用達の老舗うどん店!年越しそばも破格「冨美家(ふみや)」

もう地元民にとってはおなじみ中のおなじみ。家庭用テイクアウトのうどんセットは百貨店やスーパーでもド定番。年末には人気の年越しそば用のにしんそばも。今回はリーズナブルなお値段なお店で食べてきました。
【保存版】シーズン終了間近!絶品の京都オススメ個性派かき氷!!【厳選5店】【まとめ】

【保存版】シーズン終了間近!絶品の京都オススメ個性派かき氷!!【厳選5店】【まとめ】

もう間もなくシーズンの終了が迫っています。といっても、日中はまだまだ気温30℃オーバーの京都。そこで、店それぞれの個性が光る絶品のかき氷厳選5店集めてみました!
【保存版】この夏に制覇しておきたい!京都有名老舗店のオススメ絶品かき氷!!【厳選4店】【まとめ】

【保存版】この夏に制覇しておきたい!京都有名老舗店のオススメ絶品かき氷!!【厳選4店】【まとめ】

和菓子店から茶舗まで老舗ぞろいの京都。そして、夏にはどこもその特色を活かした絶品のかき氷が目白押し。そんな中、特にオススメしたいものを選んでみました!
【桂離宮前】京都老舗和菓子店の全力かき氷!月替りのフレッシュフルーツかき氷は全制覇したくなる!!「御菓子司 中村軒」

【桂離宮前】京都老舗和菓子店の全力かき氷!月替りのフレッシュフルーツかき氷は全制覇したくなる!!「御菓子司 中村軒」

大本命のかき氷ならココ。しかも、定番のものから月替りのかき氷までバリエーションも豊富。創業明治16年の老舗和菓子店の総力結集の季節限定かき氷。
【涼菓】とろける食感の絶品京わらび餅!移転後は喫茶スペースでもいただける!!「茶洛(さらく)」【大宮今出川】

【涼菓】とろける食感の絶品京わらび餅!移転後は喫茶スペースでもいただける!!「茶洛(さらく)」【大宮今出川】

京都わらび餅の名店として、いつも名を連ねるお店。もともとの店舗から移転して喫茶スペースもできて、その場で楽しめるように。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな