2016年8月31日 更新

変わらない美味しさ!老舗の風格漂う、八幡市の洋食店「レストラン男山(おとこやま)」

国道1号線沿い、八幡市の老舗洋食店「レストラン男山」なり。

創業約50年老舗洋食店

 (51253)

「八幡市・枚方市在住者が良いことがあった日に家族総出で食べに行くレストランがある!」と聞いていて、そこに行ってみようということに。お店の名前は、レストラン男山。

R1沿いにあるので、京都-大阪間を車で走っている人間なら一度は目にしたことがあるお店だ。

もう開店50年近い老舗なのだが、プロドライバーがカレーやうどんを食べる「ドライブイン」だと思い込んでいたのだが、どうも話を聞くとちゃんとした洋食やステーキが食べられるらしい。12:30、既に40台停められる駐車場はほぼ満車。隅っこに駐車して店内に。
 (51254)

入り口前に掲示されていたメニューを見ると、オマールパスタランチが¥2400、パスタランチが¥1700、ハンバーグランチが¥1800と確かに結構良いお値段。
2Fがステーキハウスになっていて夜は¥8000ぐらいから、という結構な高級店なのだ。ほぼ満席という人気ぶり。
 (51255)

創業45周年記念で2年ほど前から出されていたランチメニューが「新定番」と改名されて出しておられるので、それをチョイス。¥2800なり。

店内は地方都市の古びたホテルのメインダイニング的な雰囲気。しかし、満席で活気あり!なのだ。

まずは、茄子・カボチャ・ゴーヤなど焼き夏野菜が乗ったキーマカレー、それにフォカッチャを合わせた物。いやー、なかなか良いスタートですな。。
 (51256)

更に、冷たいスープが過去類似のものを食べたことがないもの。メロン・キュウリ・スイカの冷製スープ。想像できます? 
 (51257)

パンは最近自家製になったようで、ふんわりむっちり系。なかなか美味しい。

ゴージャスな3種がワンプレートで

 (51258)

メインの皿は、これでもか!と洋食3種を盛り込んだ、一昔的ゴージャスなものなのだ。
現在の小中学生が「御馳走だ~」と喜んでくれるのかは不明だが、年配者がかなり喜びそうな感じ。
 (51259)

まずはミニフィレステーキ。マデラ酒?を使った甘口ソースとともに。一口でぱっくり量だが、なんといってもステーキですから。
 (51260)

更に20cm級のでっかい車エビのフライは、たっぷりなタルタルソースとともに。
 (51261)

とどめは、フォアグラ入りの煮込みハンバーグと言う、三役揃い踏み!的ゴージャス感。量的もしっかりで、お腹一杯になりました。
 (51262)

甘いものもしっかり。3種からチョイス可能。これ、メープルシロップのとろとろプリンなり。
鉄板ですな、美味しいです。
 (51263)

レモンとパイナップルの米粉シフォンケーキ。これもちゃんと外していないのですな。
 (51269)

更にほほー、となんだか感心してしまったきちんとドリップされた美味しい珈琲で〆。
もう開店50周年に迫ろうかというお店ですが、まったくのノーマークでした。お安くはないですが、洋食の延長線上で美味しいものを追及されている感じですな。

また食べに来ます~。

レストラン男山 クチコミ情報

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の紅茶専門店パイオニア!創業1930年の老舗ティーハウスは京都人の憩いの場☆「リプトン 三条本店」

京都の紅茶専門店パイオニア!創業1930年の老舗ティーハウスは京都人の憩いの場☆「リプトン 三条本店」

ここを知らない京都人はいないくらい、もう当たり前のように昔から存在するお店。紅茶専門店でありながら、ケーキやパフェ等のスイーツ類から、レストランかと思う洋食メニューも充実。使い勝手よく、昔も今も絶大な人気のお店。
いつ食べてもやっぱり美味しい老舗の名物ハンバーグ!京の百年洋食「キャピタル東洋亭本店」【京都北山】

いつ食べてもやっぱり美味しい老舗の名物ハンバーグ!京の百年洋食「キャピタル東洋亭本店」【京都北山】

創業1897年の100年以上続く京都老舗洋食店。老若男女みんな大好きな名物ハンバーグが大人気のお店。休日には閑静な北山にある本店でも行列を作るほど。
のらくろ流「トルコライス」はとても優しいレディース仕様♡【下鴨洋食店】

のらくろ流「トルコライス」はとても優しいレディース仕様♡【下鴨洋食店】

お店によって結構キャラクターの違うメニュー「トルコライス」 下鴨の老舗洋食店「のらくろ」の場合は?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。