2017年5月10日 更新

【京阪七条】流行に流されない、真面目な本格的タイ料理のお店「キンカーオ」

「パクチーのみを過度に強調するような料理は提供いたしません」と言い切ったことで話題になったタイ料理のお店。実は京都にあるんです。お店を訪問してみえてきたのは、本物のタイ・ラオス料理を知ってほしい、というお店の気持ちでした。

あえてパクチーの増量に対応しないタイ料理店「キンカーオ」

先月、こんなツイートが話題になったのをご存知でしょうか。

「パクチーのみを過度に強調するような料理は提供いたしません」 京都のタイ料理店の貼紙に共感集まる - Togetterまとめ

「パクチーのみを過度に強調するような料理は提供いたしません」 京都のタイ料理店の貼紙に共感集まる - Togetterまとめ
京都 七条のタイ・ラオス料理店「キンカーオ」が店頭に貼り出した声明が話題に。過熱するパクチーブーム、いやパクチーバブルはどこへ行くのか。
世間はパクチーブームの只中。それにあやかろうと京都市内にもパクチー料理を提供するお店が続々とできています。

その中で、あえて「パクチーの増量には対応しない」という貼り紙を出したお店が、京都のタイ・ラオス料理店「キンカーオ」。
 (79963)

本物のタイ・ラオス料理を知ってほしい、というお店の気持ちが感じられるこの貼り紙が、話題を呼んでいるのです。

キンカーオってどんな店?

そんな流行に流されない真面目なタイ料理店、キンカーオ。
一体どんなお店なのでしょうか?少しのぞいてみましょう。
 (79959)

お店は鴨川に面していて、大きな窓から鴨川のゆったりとした流れと東山の山々がみえます。
窓際の席はお座敷なので、くつろぎながら長閑な風景を楽しむことができるんですよ。
お店は鴨川に面していて、大きな窓から鴨川のゆったりとした流れと東山の山々がみえます。
窓際の席はお座敷なので、くつろぎながら長閑な風景を楽しむことができるんですよ。
 (79961)

ちなみに夜はこんな感じ。七条大橋を眺めながら、ディナーを楽しめます。

気になるタイ料理は?

 (79966)

ランチのグリーンカレーセット(990円)。ミニデザートも付いてます。
 (79968)

手前:クウェイティオセット (930円)。お米の麺のタイラーメンのセットです。
奥:本日のランチセット(950円)。週替りの炒め物おかずをメインとしたランチセットです。
 (79970)

ちなみにこれは卓上にある調味料の説明書き。
「ナムソム」「プリックポン」「ナムプラー」「ナムターン」の四種類の調味料が、キンカーオの卓上には置いてあるんです。この調味料で自分好みの味を作るのがタイ流!なんだそう。

と、本格的なタイ・ラオス料理がずらり。店内の装飾はエスニック風でBGMもタイの音楽。京都のタイといっても過言ではありません。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

七条川端 鴨川を望みながら本格タイ・ラオス料理を「キンカーオ」

七条川端 鴨川を望みながら本格タイ・ラオス料理を「キンカーオ」

鴨川と東山の山々が見渡せるお座敷で、ゆったりと本格タイ料理ランチをいただいてきました。
京都タイ料理店の草分け!夏は鴨川納涼床もある!見晴らしのいいランチ☆「佛沙羅館(ブッサラカン)」【四条木屋町】

京都タイ料理店の草分け!夏は鴨川納涼床もある!見晴らしのいいランチ☆「佛沙羅館(ブッサラカン)」【四条木屋町】

京都のタイ料理店の中でも草分け的存在。私もかれこれウン十年前に行って以来かも(笑)鴨川沿いに立地して、夏は納涼床でタイ料理が食べられるお店。超ひさびさにランチ食べに行ってきました。
鴨川納涼床で心地良い風を感じながらタイランチ♡気分はチャオプラヤ~♪「仏紗羅館(ブッサラカン)」

鴨川納涼床で心地良い風を感じながらタイランチ♡気分はチャオプラヤ~♪「仏紗羅館(ブッサラカン)」

鴨川納涼床は、和食だけではなく、フレンチやイタリアン、エスニック料理も楽しめます。 タイセレクトにも認定されている木屋町の仏紗羅館へ♡
【京都駅前】昼営業ありの立ち呑み店!料理もお酒も驚きの安さとバリエーション☆「へそ」

【京都駅前】昼営業ありの立ち呑み店!料理もお酒も驚きの安さとバリエーション☆「へそ」

立ち飲み店も激戦区の京都駅前エリア。その中でも、昼間から営業していてランチタイムには定食メニューもあり。もちろん並行して立ち呑みもできて、驚きの安さとメニューバリエーション。
缶詰バーが「昼から夜カフェ」へ装い新たに!京都リサーチパーク内の貴重なカフェ「pelican cafe(ペリカン カフェ)」【2/6 リニューアル】

缶詰バーが「昼から夜カフェ」へ装い新たに!京都リサーチパーク内の貴重なカフェ「pelican cafe(ペリカン カフェ)」【2/6 リニューアル】

オープン時ご紹介した缶詰バー「Pelican」が缶詰バーを卒業。この程「昼から夜カフェ」へとリニューアル。京都リサーチパーク内では数少ないカフェの誕生ですよ〜

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

カメ子 カメ子