2016年10月19日 更新

肉を極めればここに行き着く塩ホソランチは破格750円!京都山科の老舗店「焼肉のんき」

京都山科では老舗の焼肉店。昭和46年創業。CPいいランチが評判になり、知名度も上がり大人気ランチに。中でもホルモン好きにはたまらない、塩ホソランチや肉吸いはこちらの名物。

地元民に愛される焼肉店

 (59078)

ご近所の方御用達のお店。最近はここのランチのよさがSNSで拡散され、わりと地元以外からも来られたり、知名度も上がりました。
 (59079)

もともとのオーナーがやめられて、このすぐ近くに新たに焼肉店を構えられ、べつ経営に。で、その流れでスタートしたランチ。もともとはやってなかったんですが。
 (59080)

知名度が低かったこともあって、今では750円の塩ホソランチも3年前は価格破壊の500円。それでもわりと店は閑散としてましたが(笑)まあ、それだけ値上がりしても今では人気ということです。

カウンターもあり、お一人様でもオッケー

 (59081)

店内はテーブル席とカウンター席。小上がりの小さな座敷も。お一人様でもジュージューとひとり焼肉できます。

ご飯おかわりも自由!ホソもたっぷりな塩ホソランチ750円

 (59077)

ホソ6切くらいでしたかね。で、ご飯はおかわりできるのでわりとボリュームあるんですが、この時はオプションで肉吸い350円をつけてトータル1100円。
 (59076)

けっこう大きめのホソ。ホソって京都独特の呼び名ですかね。部位で言うと小腸、マルチョウ。コラーゲンたっぷりで脂もそこそこついててジューシーで食べごたえある部位。適度に脂を焼き落として大根おろしでさっぱりと。これ、ごはん泥棒(笑)

こちらには、他にも当然ロースやカルビなどのランチもありますが、この破格のランチは、ちょっと抜きん出るほどのCPよし。
 (59075)

これもすっかり名物、肉吸い。この肉吸いにご飯、玉子、キムチが付くランチもあるんですが。
この肉吸い、山形牛、近江牛の旨味と和風出汁が濃厚な味わいで、こちらもご飯がすすむすすむ。で、おかわりの嵐(笑)で、もうはち切れんばかりの満腹に。

何より、ホルモン部分ながら、肉の旨味を十分堪能したな、と満足できるランチ。しかも安い!満腹必至!!

500円だった時代は驚異ですが、750円ランチ、肉吸いつけて1100円というのもかなりCPよしですよ。

ヨ~イヤサ~♪

焼肉のんき への口コミ

焼肉のんき 基本情報

住所:京都府京都市山科区音羽野田町27−4
電話番号:050-5890-2315 (予約専用番号) 075-592-0867 (お問い合わせ専用番号)
営業時間:ランチ平日 11:30~16:30(LO/16:00)
     ランチ土日 11:30~14:30(LO/14:00)
     ディナー 17:00~23:00(LO/22:30)
定休日:第2火曜日、水曜日
関連サイト:http://yakiniku-nonki.com/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ランチでがっつり炭火焼肉がたべたいときはココ!南インター近くの「焼肉 たか家」

ランチでがっつり炭火焼肉がたべたいときはココ!南インター近くの「焼肉 たか家」

ランチでがっつりお肉が食べたいときってありますよね?できれば炭火のおいしいやつ。そんなときにオススメなのが伏見区にある「焼肉 たか家」さんです。
山科東野*ランチも絶叫調!スモーク商品が人気の「燻製マーケット」7/10〜10月末まで休業【ランチ】

山科東野*ランチも絶叫調!スモーク商品が人気の「燻製マーケット」7/10〜10月末まで休業【ランチ】

以前お伝えした山科の「燻製マーケット」。ランチや昼呑み、月イチの夜営業なども始まり人気絶好調ですが、この度店主さんの出産にともない、7/10〜10月末(予定)まで産休で休業される事が決まりました。
桂川街道*鳥忠本店の姉妹店「鮮度市場ん(せんどいちばん)」新鮮な精肉にホルモン、お弁当やフライものも充実、土日はランチも!

桂川街道*鳥忠本店の姉妹店「鮮度市場ん(せんどいちばん)」新鮮な精肉にホルモン、お弁当やフライものも充実、土日はランチも!

桂川街道八条下がるにある「鮮度市場(せんどいちばん)」。精肉店で新鮮なお肉がお手頃価格で販売。ホルモンが充実していて、お弁当やフライものの加工品も。土日限定でランチもいただけますよ
誰もが知る京都の老舗焼肉店!昭和すぎて入りづらい名店「 三吉」

誰もが知る京都の老舗焼肉店!昭和すぎて入りづらい名店「 三吉」

京都にお住まいの方なら誰もが知っているであろうOPA裏にある「焼肉 三吉」。ただ昭和すぎて、その扉をあけるには少し勇気がいります。そんな三吉をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな