2016年8月9日 更新

黒デミグラスの肉汁たっぷりハンバーグ旨い!丹波橋の「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」

丹波橋のレトロ洋食店 LOCAVO(ロカヴォ)なり。

丹波橋のレトロ洋食店

 (49145)

やってきたのは丹波橋、お店の名前は京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)。
 (49146)

なんともレトロ且つよい感じ。こういう雰囲気は年月を経て熟成されるものなので、改装しないで洋食店を始めたのは正解かもですな。全24席らしいが、かなりゆったりとした作り。
 (49147)

メニューの雰囲気も果てしなく昭和ですな。。ランチメニューは、上記と、鹿児島黒毛和牛カイノミステーキセット(150gで¥2200)などかなり豊富、かつそこそこリッチな部類。

黒デミグラスハンバーグプレート¥800と黒デミグラスハンバーグ+和牛サイコロステーキセット¥1800をお願いする。
 (49148)

セットのサラダがどどんと登場。なかなかなしっかり量。ポテサラ、パッケリほどではないでっかいショートパスタのマヨ系サラダが嬉しい。

黒デミグラスが自慢のハンバーグ

 (49149)

売りの黒デミグラスソースがかかったハンバーグプレートが登場。ハンバーグは120gぐらいかなぁ、面積はないが、厚みは3cmほどあるころんとした整形なのだ。黒デミグラスソースは和の雰囲気も感じる甘まろやか系。
 (49150)

あつあつの鉄板に乗ってくるのも昭和ですな。。ソースもいかにも醤油系ステーキソース!という懐かしい感じの一皿。
 (49151)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

黒デミグラスソースのジューシーハンバーグ!「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」

黒デミグラスソースのジューシーハンバーグ!「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」

丹波橋通りを西に坂道をひたすら下ったところにある「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」でハンバーグランチなり。
【京都北白川】学生時代を彷彿させる懐かしの洋食喫茶店!肉汁湧き出すハンバーグが名物メニュー☆「ジュネス」

【京都北白川】学生時代を彷彿させる懐かしの洋食喫茶店!肉汁湧き出すハンバーグが名物メニュー☆「ジュネス」

白川通り沿い。古くから存在し、この界隈で学生時代を過ごした人にとっては懐かしい洋食&喫茶店。中でもハンバーグが美味しいと評判のお店。ずっと知りつつ、今回初めて入ってみました(笑)
【京都銭湯めぐり】こどもの日は菖蒲湯と思いきや!?伏見の名水使用の心地よいツルツル感☆「鞍馬湯」【伏見】

【京都銭湯めぐり】こどもの日は菖蒲湯と思いきや!?伏見の名水使用の心地よいツルツル感☆「鞍馬湯」【伏見】

5月5日こどもの日に菖蒲湯に入ろうと思い、銭湯へ!と行ってみましたが、今年から事情がちがうみたいです。それも踏まえて、伏見にある、肌がツルツルになると評判の銭湯へ。
ハンバーグ以外にも鉄板メニュー多数あり!「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」

ハンバーグ以外にも鉄板メニュー多数あり!「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」

丹波橋通りを西へ新堀川通りへでる手前にある「京都 れとろ洋食 LOCAVO(ロカヴォ)」で初ディナーなり。黒いデミソースのハンバーグが有名ですが、他にも鉄板なメニューありました。
京都先斗町の路地奥にある驚愕のレトロ洋食バー!メニュー表記必見!!大正創業の老舗の味☆「一養軒」

京都先斗町の路地奥にある驚愕のレトロ洋食バー!メニュー表記必見!!大正創業の老舗の味☆「一養軒」

もう大発見です。嬉しさのあまり、小躍りしたくなるほど(笑)たまたま通りかかり、見るからにレトロで強烈なオーラを放つ店。創業大正の洋食バー。そして、そこは完全に時が止まったかのような他にはない老舗の雰囲気が。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。